fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 「このミステリーがすごい!」2004年版
2006年08月11日 (金) | EDIT |
陽気なギャングが地球を回す陽気なギャングが地球を回す
著  者: 伊坂幸太郎
出版年: 2003年
出版社: NON NOVEL/祥伝社

銀行強盗をするには、4人が適当。そしてまず、警報ボタンを押させないこと。金を手に入れたら素早く逃げる。それさえ抑えれば銀行強盗は簡単だ。
人の嘘を感じ取る能力のあるリーダー格の成瀬、口から産まれてきたような演説好きの響野、天才的な腕前のスリ久遠、1秒も狂わない体内時計を持つ雪子。ひょんな成り行きで知り合った4人は、それぞれに事情があったために銀行強盗をすることに。4人は抜群のチームワークで何度か銀行強盗を成功させていたが、ある日、いつものように銀行を襲った帰り道で、4人が乗った車は、横から飛び出してきた車と接触事故を起こす。相手の車は、最近巷を騒がせている現金輸送車ジャックだった。銀行から奪ってきた4千万円を、現金輸送車ジャックにまんまと奪われてしまった4人。しかし、久遠が犯人の1人の財布をスっていたことから、住まいを割り出して訪ねてみると、そこには死体が1つ―――――


映画(公式サイト)は未見です。いまいち、キャスティングとストーリーに興味が持てなかったし。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:伊坂幸太郎
GENRE:小説・文学
TAG:伊坂幸太郎 「陽気なギャング」シリーズ 「このミステリーがすごい!」2004年版 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
流れ星と遊んだころ 
2005年09月26日 (月) | EDIT |
流れ星と遊んだころ流れ星と遊んだころ
著 者: 連城三紀彦
出版年: 2003年
出版社: 双葉社

大スター花村陣四郎こと「花ジン」のマネージャー、北上梁一は、ある日ちょっとしたことがあり、イライラしながら酒を飲んでいた。謝れば済むことだが、今度ばかりは謝りたくない。すべてをチャラにするのが一番だと思いながら、それが出来ない自分に苛ついていた。すると梁一の目の前に若い女が現れ、自分を買わないかと言う。誘われるままに女に付いていくと、男が現れて「お前は妹をレイプしようとした。慰謝料を払え」と脅される。最悪の出会い。しかし梁一はその時に現れた男、秋場にスター性を見出す。梁一は花ジンを追い落とし、秋場をスターにしようと奔走するが…。


宝島社の2004年版「このミステリーがすごい!」第9位です。というので、ちょっと期待して読んだのですが、これは…ミステリというのかなぁ…??
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:ミステリ
GENRE:小説・文学
TAG:連城三紀彦 「このミステリーがすごい!」2004年版 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。