fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 「キック・アス」シリーズ
キック・アス 
2010年12月29日 (水) | EDIT |
 シネセゾン渋谷にて鑑賞
キック・アスキック・アス/KICK-ASS
2010年/イギリス、アメリカ/117分
監督: マシュー・ヴォーン
出演: アーロン・ジョンソン/クリストファー・ミンツ=プラッセ/マーク・ストロング/クロエ・グレース・モレッツ/ニコラス・ケイジ
公式サイト
公開: 2010年12月18日


さえない男子高校生デイブ・リズースキーは、ある日突然ヒーロー願望が湧き上がり、通販で購入した衣装を着て“キック・アス”と名乗り、街でチンピラをいさめようとする。特に喧嘩が強い訳ではないデイヴは当然返り討ちにあい、大怪我をして入院するはめに。ヒーロー活動をしていることを隠すため、救急隊員に衣装のことを内緒にして貰ったことが誤解を生み、デイブにゲイの噂が立つが、それが幸いして、これまでまったく相手にされていなかった学校一の美少女ケイティ・ドースと親しくなることに成功する。気をよくしたデイブは怪我が治るとまたも街に繰り出し、チンピラと乱闘になるが、その様子を観た市民が映像をYOU TUBEにアップロードをしたことからキック・アスは大人気となる。一方、元警官デーモン・マクレイディは、マフィアのフランク・ダミコにハメられて投獄され、それを嘆いた妻が自殺したという過去を持っていた。出所したデーモンは、遺された11歳の娘ミンディに殺人術を教え込み、フランクに復讐する機会をうかがっていた。
ケイティから、ボランティアを行っている麻薬中毒者ラズールについて相談を持ちかけられたデイブは、キック・アスに変装しラズールの元へ向かうが、やはりラズールに返り討ちにされてしまう。そこへ現れデイブの危機を救ったのが、“ヒット・ガール”に扮したミンディと“ビッグ・ダディ”に扮したデーモンだった。現場から現金と麻薬が持ち去られ、ラズールはフランクの手先だったため、キック・アスはフランクに命を狙われることになる―――――


先週観ていたのに、旅行に行ったりしていて、なかなか記事に出来ず。
水曜日だったせいか毎回満席だったけど、来週辺りから上映館が増える模様。ちょっとは分散されるかな?
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:マシュー・ヴォーン アーロン・テイラー=ジョンソン クリストファー・ミンツ=プラッセ マーク・ストロング クロエ・グレース・モレッツ ニコラス・ケイジ 「キック・アス」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。