FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > アトム・エゴヤン
手紙は憶えている 
2016年12月16日 (金) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
手紙は憶えている手紙は憶えている/REMEMBER
2015年/カナダ、ドイツ/95分
監督: アトム・エゴヤン
出演: クリストファー・プラマー/ブルーノ・ガンツ/ユルゲン・プロフノウ/ハインツ・リーフェン/ヘンリー・ツェーニー
公式サイト
公開: 2016年10月28日

老人介護施設で暮らすゼヴ・グットマンは、認知症が進み、妻のルースを1週間前に亡くしたことすら覚束ない程となっていた。ある日、同じ施設にいる友人のマックス・ローゼンバウムから、自分たちはアウシュビッツの生き残り同士であり、ここで再会したこと、ルースが亡くなったら、2人の家族を殺したナチスのルディ・コランダーという男に復讐を果たすことを誓っていたと告げられる。ルディ・コランダーは偽名を使って生き延びており、足の不自由なマックスは同行出来ないが、ルディ・コランダーの可能性がある人間の候補を調べあげ、記憶が覚束ないゼブのために手紙を残すようにしていた。ゼブは施設を抜け出し、マックスの手紙を頼りにルディ・コランダーを探すが―――――


アトム・エゴヤンの新作で、クリストファー・プラマー主演なら観るしかないでしょ!ということで、行ってきました。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アトム・エゴヤン クリストファー・プラマー ブルーノ・ガンツ ユルゲン・プロフノウ ハインツ・リーフェン ヘンリー・ツェーニー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
白い沈黙 
2015年10月25日 (日) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
白い沈黙白い沈黙/THE CAPTIVE
2014年/カナダ/112分
監督: アトム・エゴヤン
出演: ライアン・レイノルズ/スコット・スピードマン/ロザリオ・ドーソン/ミレイユ・イーノス/ケヴィン・デュランド
公式サイト
公開: 2015年10月16日

カナダ、ナイアガラフォールズ。小さな造園会社を営むマシュー・レインが9歳の娘カサンドラを連れて買い物に行き、マシューがダイナーに入ったわずか数分の間に、カサンドラは車の中から忽然と姿を消してしまう。マシューは警察に駆け込むが、ジェフリー・コーンウォール刑事には保険金目当ての狂言誘拐と疑われ、妻のティナからも目を離したことを責められる。目撃者も証拠も全く見つからないまま、カサンドラの行方は知れず、マシューはずっと娘を探し続けていたが、虚しく時が過ぎ去っていった。事件が原因で夫婦仲に亀裂が入り、別居を余儀なくされたレイン夫妻だったが、担当のコーンウォール刑事と相棒のニコール・ダンロップ刑事とは連絡を欠かさずにいた。そして失踪から8年経ったある日、ティナは勤務先のホテルの部屋で、カサンドラが大事にしていたヘアブラシと同じものを見つける。その頃、コーンウォール刑事もネット上でカサンドラと思しき少女の画像を見つけ、彼女はどこかに監禁されて生きているのではないかと推測する。その後も、ティナがベッドメイクする部屋から、カサンドラの私物と同型のものが次々と見つかり、ティナはダンロップ刑事に相談するが―――――


アトム・エゴヤンの新作です。「デビルズ・ノット」に引き続き、実際の事件をモデルにしているとのことで、気になっていたので行ってきましたー
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アトム・エゴヤン ライアン・レイノルズ スコット・スピードマン ロザリオ・ドーソン ミレイユ・イーノス ケヴィン・デュランド 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
デビルズ・ノット 
2015年07月20日 (月) | EDIT |
 新文芸坐にて鑑賞
デビルズ・ノットデビルズ・ノット/DEVIL'S KNOT
2013年/アメリカ/114分
監督: アトム・エゴヤン
出演: コリン・ファース/リース・ウィザースプーン/デイン・デハーン/ミレイユ・イーノス/ブルース・グリーンウッド
公式サイト
公開: 2014年11月14日

1993年05月05日、アーカンソー州ウェスト・メンフィスで、8歳のスティーヴィ・ブランチ、マイケル・ムーア、クリス・バイヤーズが行方不明となる。スティーヴィの母親パム・ホッブスを始めとして、近隣の住民総出で少年たちを捜索するが、翌日、ロビンフッドの森を流れる川から3人の遺体が発見される。そして複数の証言から、容疑者としてダミアン・エコールズ、ジェイソン・ボールドウィン、ジェシー・ミスケリー・Jrという3人の若者が逮捕される。ダミアンたちは黒ずくめの洋服を着てヘヴィメタルを好んで聴いており、オカルトに傾倒していたことから、周辺住民から悪魔崇拝者ではと胡散臭く思われていた。知的障害があるジェシーの自白が元で逮捕に及んだものの、その内容は疑わしく、またダミアンとジェイソンは一貫して容疑を否認していた。テレビでニュースを見た調査会社のロン・ラックスは、警察の捜査に疑問を抱き、3人の弁護士に協力を申し出る。そしてパムもまた、裁判の傍聴を続けるうちに、ダミアンたちが本当に犯人なのか疑問を持ち始める―――――


劇場で観損ねていたんですよね。そしたら、新文芸坐で「スクリーンで観ておきたい珠玉の名編」の「嘘をついているのは誰だ!?」特集で上映されるというので、超久しぶりに新文芸坐へ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アトム・エゴヤン コリン・ファース リース・ウィザースプーン デイン・デハーン ミレイユ・イーノス ブルース・グリーンウッド イライアス・コティーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
クロエ 
2011年06月19日 (日) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
クロエクロエ/CHLOE
2009年/アメリカ、カナダ、フランス/96分
監督: アトム・エゴヤン
出演: ジュリアン・ムーア/リーアム・ニーソン/アマンダ・セイフライド/マックス・シエリオット
公式サイト
公開: 2011年05月28日


カナダのトロントで産婦人科クリニックを営むキャサリン・スチュアートは、大学教授の夫デビッドと息子マイケルと3人で、何不自由のない暮らしを送っており、悩みと言えば、反抗期のマイケルが母親に反発することぐらいだった。キャサリンはデビッドの誕生日にサプライズ・パーティを計画していたが、デビッドから帰りの飛行機に乗り遅れたと連絡があり、せっかくのパーティはおじゃんに。翌朝、帰ってきたデビッドの携帯に女子生徒から「昨日の夜は楽しかった」というメールが来ているのを見て、キャサリンはデビッドが浮気したのではないかと疑い、偶然知り合った若く美しい娼婦クロエに、デビッドを誘惑し、彼がどんな様子なのかを報告してほしいと頼む。クロエはデビッドを誘惑し、その様子を詳細に伝えられるキャサリン。夫を愛している故の嫉妬なのか、そうでないのか、自分の心が見えなくなっていく―――――


予告を観て気になっていました。元々は2003年の「恍惚」がオリジナルなんだって。リメイクとは知らなかった。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アトム・エゴヤン ジュリアン・ムーア リーアム・ニーソン アマンダ・セイフライド マックス・シエリオット 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。