fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > アレハンドロ・アメナーバル
海を飛ぶ夢 
2005年09月18日 (日) | EDIT |
海を飛ぶ夢海を飛ぶ夢/MAR ADENTRO
2004年/スペイン/125分
監督: アレハンドロ・アメナーバル
出演: ハビエル・バルデム/ベレン・ルエダ/ロラ・ドゥエニャス
公開: 2005年04月16日

ラモン・サンペドロは25歳の夏、岩場から引き潮の海へダイブし、首の骨を骨折し、以来寝たきりの生活となる。26年目の冬、彼は自由を掴むために尊厳死を望んだ。しかし四肢麻痺であるラモンが尊厳死を望むということは、他人の手を借りるということ、つまり手を貸した人は自殺幇助罪に問われてしまう。ラモンは尊厳死を法的に支援する団体に助けを求め、尊厳死を認めさせる裁判を起こす。弁護士として紹介された女性、フリアもまた進行性の不治の病に冒されており、2人は死を通して強く引かれあう。工場勤務のロサは、ラモンのインタビューをテレビで見て、ラモンの意思を翻させるために彼の元を訪れる。ラモンを愛し、共に死のうとするフリア。ラモンを愛し、生きて欲しいと願うロサ。ラモンを愛し、彼の意思を尊重して見守る義姉マヌエラと父ホアキン。ラモンを愛し、死ぬことは絶対にまかりならんと怒る兄ホセ。死の意味もわからず、ただラモンを慕う甥ハビ。法律はラモンの訴えを退ける。共に旅立とうと約束したフリアもその意思を翻した。絶望するラモンにロサは言う。「手を貸して欲しい?私は理解したわ。あなたの言った“僕を本当に愛する人は、僕を死なせてくれる人”という意味を」ラモンが「旅立ち」を決め、ロサの元へ行く日がやってきた。黙って息子を失う悲しみに耐えている父。最後まで尊厳死に反対するホセ。涙を堪えて笑いかけようとするマヌエラ。ラモンは家族に別れを告げ、車に乗り込む。ハビは、ラモンの乗った車をいつまでも追いかけた…


非常に重い話でした。尊厳死って難しい問題だよね…わたしがラモンと同じ状態になったら、同じように死を望むだろうと思う。ラモンに対して「生きろ」とは言えない。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アレハンドロ・アメナーバル ハビエル・バルデム ベレン・ルエダ ロラ・ドゥエニャス 第77回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。