fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > アンドリュー・アダムソン
2012年12月08日 (土) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞
シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語/CIRQUE DU SOLEIL: WORLDS AWAY
2012年/アメリカ/92分
監督: アンドリュー・アダムソン
出演: シルク・ドゥ・ソレイユ/エリカ・リンツ/イゴール・ザリポフ
公式サイト
公開: 2012年11月09日


ある駅に降り立った若い女性ミアは、そこにサーカス団のテントを見つけ、足を踏み入れる。そぞろ歩きでサーカスの演目を楽しむミア。エアリアリストという空中ブランコ乗りのチラシを渡された彼女は、そのテントを訪れ、彼の演技に魅せられる。しかし、エアリアリストは手を滑らせてブランコから落下、そして床に広がる砂の海に飲み込まれてしまう。ミアは思わず彼を追いかけて砂の海に沈み、不思議なシルク・ドゥ・ソレイユの世界に誘われていく―――――


ジェームズ・キャメロン製作総指揮ということで、映像は綺麗なんだろうなーという期待と、予告が思いのほか良かったので、3Dしか上映がないのに となりながら(笑)、行ってきました。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アンドリュー・アダムソン シルク・ドゥ・ソレイユ エリカ・リンツ イゴール・ザリポフ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2009年10月09日 (金) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛/THE CHRONICLES OF NARNIA: PRINCE CASPIAN
2008年/アメリカ/150分
監督: アンドリュー・アダムソン
出演: ジョージー・ヘンリー/スキャンダー・ケインズ/ウィリアム・モーズリー/アナ・ポップルウェル/ベン・バーンズ
公式サイト

ペベンシー兄弟がようやくイギリスでの生活になれた頃、ストランド駅から再びナルニア王国へ導かれる。偶然助けたナルニア人から、テルマール人から攻め込まれてナルニア人はほぼ絶滅し、以前ルーシーたちが訪れた時から1,300年過ぎていることを知らされる。その頃、テルマールでは王位争いが起こっており、亡き王の弟であるミラース卿に息子が生まれたため、正当な王位継承者であるカスピアン王子は命を狙われ、ナルニア人が密かに住む森へ逃げ込む。カスピアンは、自分が王となればナルニアと友好的な関係を結べるため、王位奪回の協力を求めていた。ルーシーたちは、カスピアンが持っていたスーザンの角笛に導かれてナルニアへやってきたのだった。ルーシーたちはカスピアンを助けてナルニアを取り戻すことを誓い、テルマール人に戦いを挑むが―――――


1作目は劇場で観たんですが、いくらイケメンが出ていようとも、ハゲてなければ劇場で観る気になれぬ。
…てのは冗談ですが、ま、劇場で観るだけの魅力を感じなかったので、WOWOWで鑑賞。決してヒーローがハゲてないからではありません。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:アンドリュー・アダムソン ジョージー・ヘンリー スキャンダー・ケインズ ウィリアム・モーズリー アナ・ポップルウェル ベン・バーンズ 「ナルニア国物語」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2006年03月18日 (土) | EDIT |
 池袋シネマサンシャインにて鑑賞
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女/THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE
2005年/アメリカ/140分
監督: アンドリュー・アダムソン
出演: ウィリアム・モーズリー/アナ・ポップルウェル/スキャンダー・ケインズ/ジョージー・ヘンリー/ティルダ・スウィントン
公式サイト
公開: 2006年03月04日


第二次大戦下のイギリス。戦火が激しくなる中、ペベンシー家の4兄弟、しっかりものの長男ピーター、現実的な長女スーザン、好奇心が強くちょっと生意気な次男エドマンド、おしゃまな末っ子ルーシーは子供たちだけで疎開することに。疎開先のカーク教授の家でかくれんぼをしていたルーシーが空き部屋の衣装箪笥に忍び込むと、その向こうに雪の森が広がっていた。そこで半人半獣(フォーン)のタムナスと出会い、ルーシーはそこが“ナルニア”と呼ばれる国で、“白い魔女”がナルニアを支配するようになってから、もう100年も春が来ていないことを知る。興奮して3人に話すルーシーだが、兄弟たちはもちろん信じない。しかしある日、家の窓ガラスを割ってしまい、逃げるために4人は衣装箪笥の中へ入る。するとそこは、ルーシーの言うとおりナルニアに通じていた。危ういところを助けてくれたビーバー夫妻の話によると、ナルニアには「ふたりのアダムの息子とふたりのイヴの娘がケア・パラベル城の4つの王座を満たす時、白い魔女の支配は終わりナルニアに春がくる」という予言があるという。自分たちに課せられた運命の重さに戸惑うピーターとスーザン。そんな時、白い魔女の甘言に騙されたエドマンドがビーバーの家を抜け出し、白い魔女の元へと向かっていた。3人はエドマンドを助け出すために、この世界を作ったという伝説の王“アスラン”に会いに行く―――――


上映前の予告を観ていたら、いきなり本編が途中から始まって、しかも音声が出ていない。しばらくその状態が続いて、言いに行こうかなーと思っていたら、別のお客さんが館員に言いに行ってくれて、きちんと上映された訳ですが、しかし映画館から何の説明(というか謝罪)もないのが気に障った。申し訳ございませんでしたぐらい言えよ。 o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アンドリュー・アダムソン ウィリアム・モーズリー アナ・ポップルウェル スキャンダー・ケインズ ジョージー・ヘンリー ティルダ・スウィントン 「ナルニア国物語」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
シュレック2 
2005年11月27日 (日) | EDIT |
シュレック2シュレック2/SHREK 2
2004年/アメリカ/93分
監督: アンドリュー・アダムソン/ケリー・アズベリー/コンラッド・ヴァーノン
声の出演: マイク・マイヤーズ/エディ・マーフィ/キャメロン・ディアス/アントニオ・バンデラス
公式サイト

ついに結ばれたシュレックとフィオナ姫。2人は結婚し、幸せな新婚生活を送っていたが、ある日、フィオナ姫の両親である“遠い遠い国”の王と王妃から、2人の結婚披露の舞踏会に招待される。嫌な思いをするのはこりごりだとシュレックは拒否するが、フィオナ姫に説得され、渋々“遠い遠い国”へ向かうことに。長い旅路の果て、ついに“遠い遠い国”に着いたシュレックたち。しかし国民の前に降り立った2人を見て、国民は引きまくり。特に王・ハロルドはシュレックを受け入れられず、夕食の席で大げんかをしてしまう。妖精のゴッドマザーは、自分の息子・チャーミング王子が姫の呪いを解き、結婚する密約を王と結んでいたため、何とかしろと王に詰め寄る。王はシュレックを暗殺するべく、“バー・毒リンゴ”のママの元を訪れ、暗殺者を紹介してもらうが…


「シュレック」の続編です。
アニメはほとんどと言っていい程観ません。「シュレック」も劇場ではなくWOWOWで観て、思ったよりも良かったので、2も観てみようかと。でもこれも、観たのはWOWOWですが。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:アンドリュー・アダムソン ケリー・アズベリー コンラッド・ヴァーノン マイク・マイヤーズ エディ・マーフィ キャメロン・ディアス アントニオ・バンデラス 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。