fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > アンヌ・コンシニ
クリスマス・ストーリー 
2010年12月08日 (水) | EDIT |
 恵比寿ガーデンシネマにて鑑賞
クリスマス・ストーリークリスマス・ストーリー/UN CONTE DE NOEL
2008年/フランス/150分
監督: アルノー・デプレシャン
出演: カトリーヌ・ドヌーヴ/ジャン=ポール・ルシヨン/アンヌ・コンシニ/マチュー・アマルリック/メルヴィル・プポー
公式サイト
公開: 2010年11月20日


フランス、ルーベで染物工場を営むアベルとジュノンのヴイヤール夫妻には長男ジョセフと長女エリザベートの2人の子供がいたが、ジョセフが急性白血病と診断され、命を救うには骨髄移植しかないと告げられる。両親もエリザベートも骨髄の型が適合せず、ジュノンは次子を妊娠するも羊水検査の結果胎児の型も適合せず、やがてジョセフは6歳で命を落とす。産まれた時から“いらない子”とされた次男アンリは長じてからも問題を次々と引き起こし、ある事件をきっかけについにエリザベートから縁を切られ、エリザベートの前に顔を出すことを許されなくなった。そして5年が過ぎ、ジュノンはジョセフと同じ白血病に罹っていると診断される。アベルはジュノンを助けるため、エリザベート、アンリと三男エヴァン、そしてエリザベートの息子ポールとエヴァンの息子バチルとバチストにも骨髄適合検査を受けるよう依頼し、クリスマスに家族を集めることになるが―――――


仕事で目黒まで出かけたので、帰り際に恵比寿で観てきました。チケット買っておいて良かった。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アルノー・デプレシャン カトリーヌ・ドヌーヴ ジャン=ポール・ルシヨン アンヌ・コンシニ マチュー・アマルリック メルヴィル・プポー キアラ・マストロヤンニ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
潜水服は蝶の夢を見る 
2008年02月14日 (木) | EDIT |
 新宿バルト9にて鑑賞
潜水服は蝶の夢を見る潜水服は蝶の夢を見る/LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON
2007年/フランス、アメリカ/112分
監督: ジュリアン・シュナーベル
出演: マチュー・アマルリック/エマニュエル・セニエ/マリ=ジョゼ・クローズ/アンヌ・コンシニ/パトリック・シェネ
公式サイト
公開: 2008年02月09日

ELLE誌の編集長、ジャン=ドミニク・ボビーは、ある日突然脳梗塞で倒れ、目が覚めたら病院にいた。医者の呼びかけに対して声を出しているつもりが出せず、身体は動かせず、唯一動かせるのは左目だけ。自身に何が起こったのか理解できずにいたが、ジャン=ドミニクは意識はしっかりしているが、身体の自由は奪われるという“閉じ込め症候群(ロックト・インシンドローム)”と診断される。絶望感に襲われるジャン=ドミニクに、言語療法士のアンリエット・デュランは、アルファベットボードを読み上げ、該当するところで瞬きをするという方法を教える。コミュニケーションが取れるようになり、希望を見出したジャン=ドミニクは、左目の瞬きだけで自伝を書くことを決意する…


新宿ガーデンシネマに引き続き、新宿バルト9初体験~。
ロビーに椅子が少ないのが気になったなあ。上の階にカフェがあるのに気付かなくて、売店で食べ物を買ってしまったんだけど、上映前に座って食べられるところがないんだよね。ロビーでは立って食べるようになっているし…。ここに来る時は、外で食べてくるか素直にカフェに行くのが正解ですな。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ジュリアン・シュナーベル マチュー・アマルリック エマニュエル・セニエ マリ=ジョゼ・クローズ アンヌ・コンシニ パトリック・シェネ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。