fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > イアン・マクシェーン
2011年05月29日 (日) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉/PIRATES OF THE CARIBBEAN: ON STRANGER TIDES
2011年/アメリカ/141分
監督: ロブ・マーシャル
出演: ジョニー・デップ/ペネロペ・クルス/ジェフリー・ラッシュ/イアン・マクシェーン/サム・クラフリン
公式サイト
公開: 2011年05月20日

ロンドンでは、海賊ジャック・スパロウが乗組員を募っており、永遠の生命が手に入るという生命(いのち)の泉を探しに行くらしいという噂が流れていた。その噂を聞いた国王ジョージ2世は捕らわれていたジャックを連行し、スペイン艦隊よりも先に生命(いのち)の泉を探しに行くように命ずるが、ジャックはその場を逃げ出す。噂に身に覚えのなかったジャックだったが、生命(いのち)の泉のありかを示した地図を持っていたため、偽ジャックが集めた乗組員と船をそのまま貰ってしまおうと企む。偽ジャックと対峙したジャックは、その正体が以前捨てた女、アンジェリカと知る。アンジェリカは自分を弄んで捨てたジャックを恨んでおり、そして生命(いのち)の泉を探していた。ジャックはアンジェリカにしてやられてしまい、史上最恐の海賊と恐れられている黒ひげの船“アン王女の復讐号”に一乗組員として放り込まれる。黒ひげは「2週間後に義足の男に殺される」という予言に怯えており、そのために生命(いのち)の泉を探していた。一方、ブラック・パールを失い海軍将校となっていたバルボッサもまた、ジョージ2世の命を受け生命(いのち)の泉を探して出港する。
先に生命(いのち)の泉にたどり着き永遠の命を手にするのは、ジャックたち黒ひげの船か、バルボッサたち英国海軍か、スペイン艦隊か―――――


一応シリーズ全部劇場で観ているからね~。一応3Dで。メガネ 持ってるし、もう3Dはここでしか観ないかも。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ロブ・マーシャル ジョニー・デップ ペネロペ・クルス ジェフリー・ラッシュ イアン・マクシェーン サム・クラフリン アストリッド・ベルジュ=フリスベ ジュディ・デンチ 「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
タロットカード殺人事件 
2007年11月22日 (木) | EDIT |
 シャンテシネにて鑑賞
タロットカード殺人事件タロットカード殺人事件/SCOOP
2006年/イギリス、アメリカ/95分
監督: ウディ・アレン
出演: スカーレット・ヨハンソン/ヒュー・ジャックマン/ウディ・アレン/イアン・マクシェーン
公開: 2007年10月27日
公式サイト

ジャーナリスト志望の女子大生サンドラ・プランスキーは、休暇中に訪れたロンドンで、マジックショーの鑑賞中、マジシャンのスプレンディーニことシドニー・ウォーターマンから相手役に指名されて、舞台に上がる羽目に。中に入ると姿が消えるという“チャイニーズ・ボックス”に入ったサンドラは、そこでジョー・ストロンベルと名乗る男の幽霊と出会う。敏腕記者だったジョーは、三途の川を渡っている時に特ダネを仕入れたとサンドラに耳打ちする。昨今街を震え上がらせている「タロットカード殺人」の犯人が、英国貴族ライモン卿の御曹司であるピーターだと言うのだ。世紀のスクープに大喜びのサンドラは、嫌がるシドニーを口説き落として素人探偵を気取り、何とかしてピーターに近付いて殺人の証拠を掴もうとする。しかし、高貴な血筋でハンサムなピーターに、サンドラはいつの間にか恋に落ちてしまう―――――


日比谷で観るか渋谷で観るか迷って、結局日比谷をチョイス。だってBunkamuraル・シネマ、駅から遠いんだもん…
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ウディ・アレン スカーレット・ヨハンソン ヒュー・ジャックマン イアン・マクシェーン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。