FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > イドリス・エルバ
プロメテウス 
2012年10月13日 (土) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
プロメテウスプロメテウス/PROMETHEUS
2012年/アメリカ/124分
監督: リドリー・スコット
出演: ノオミ・ラパス/マイケル・ファスベンダー/シャーリーズ・セロン/イドリス・エルバ/ガイ・ピアース
公開: 2012年08月24日
公式サイト

2089年、エリザベス・ショウ博士とチャーリー・ホロウェイ博士は、年代も場所も全くかけ離れている世界各地の古代遺跡から、共通するあるサインを発見する。それを“地球外生命体からの招待状”と分析した2人は、それを探るべく、巨大企業ウェイランド社が出資した宇宙探索船プロメテウスに乗り込み、宇宙へと旅立つ。
そして2093年、ヤネックをはじめとするプロメテウスの乗組員たちはコールドスリープから目覚め、エリザベスとチャーリーから、地球外生命体の存在を聞かされる。乗組員たちは半信半疑のまま、ウェイランド社から派遣されたメレディス・ヴィッカーズ監督官、精巧なアンドロイドのデヴィッドとともに、未知の惑星へと向かう―――――


いつ観たんだコレ…。09月中だべ。既に公開も終了しているし (^_^;) 間空きすぎました。既に少し記憶も薄れています。。。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:リドリー・スコット ノオミ・ラパス マイケル・ファスベンダー シャーリーズ・セロン イドリス・エルバ ガイ・ピアース パトリック・ウィルソン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ロックンローラ 
2009年03月14日 (土) | EDIT |
 恵比寿ガーデンシネマにて鑑賞
ロックンローラロックンローラ/ROCKNROLLA
2008年/イギリス/114分
監督: ガイ・リッチー
出演: ジェラルド・バトラー/トム・ウィルキンソン/タンディ・ニュートン/マーク・ストロング/イドリス・エルバ
公式サイト
公開: 2009年02月21日


不動産バブルに沸くロンドン。裏社会を牛耳るレニー・コールは、建築許可を出す議員と裏でつながり、カモに土地を買うための金を貸し、建築許可を出させず、土地を手に入れて借金まで背負わせるという詐欺を働き、大金を手にしていた。その手に見事に引っかかり、レニーに多額の借金をすることになったワンツーとマンブルズたち。そこへ、ロンドンへの進出を企むロシアン・マフィア、ユーリ・オモヴィッチの会計士を務めるステラ から、700万ユーロ強奪の話が舞い込む。ワンツーたちは700万ユーロを強奪することに成功するが、その金はユーリがレニーへ支払うことになっていた金だった。また、レニーがユーリから預かっていた“幸運を招く画”が何者かに盗まれ、レニーの右腕を自負するアーチーは犯人探しを始めるが―――――


これ全くチェックしてなくって、上映しているのも全然知らなかったの。水曜日に何か観るかな~と思ってネットサーフィンしていて見つけたのでした。「リボルバー」が個人的に最悪だったので、ものすっごく観るの怖かったんですがね。。。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ガイ・リッチー ジェラルド・バトラー トム・ウィルキンソン タンディ・ニュートン マーク・ストロング イドリス・エルバ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ルワンダ 流血の4月 
2007年05月12日 (土) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ルワンダ 流血の4月/SOMETIMES IN APRIL
2005年/フランス、アメリカ、ルワンダ/142分
監督: ラウール・ペック
出演: イドリス・エルバ/オリス・アーヒューロ/デブラ・ウィンガー
公式サイト(英語)

ルワンダにまた04月がやってくる―――――
キガリで教師をしている元軍人オーガスタン・ムガンザは、1994年に起こった虐殺で家族を亡くしていた。ある日、タンザニアの監獄にいる弟オノレから手紙が届く。「会いたい」という弟に、オーガスタンは応えられずにいた。それは、オーガスタンの家族の死とオノレが係わっていたからだ。しかし同棲中の恋人マルティーヌに諭されて、オーガスタンはタンザニアに向かう。
1994年、フツ族の軍人であったオーガスタンは、ツチ族の妻ジャンヌと2人の息子たちと暮らしていた。不穏な空気が漂っていたルワンダに、大統領の乗った飛行機が撃墜されるという決定的な事件が起こる。オーガスタンは家族を逃がそうと、フツ族強硬派の先鋒としてラジオ番組でツチ族虐殺を煽っていたジャーナリストの弟オノレに家族を託す。自身は友人のザビエルとフランス人学校へ逃げ込み、国連軍と共に逃げようとするが、国連軍に見捨てられ、ザビエルは殺されてしまう。オーガスタンはミル・コリン・ホテルに逃げられたものの、妻ジャンヌと2人の息子たち、そしてカトリック系の聖マリー校にいる娘のアンヌ・マリーの安否が知れなくなっていた…


なんだかアフリカづいているな。
これはTVムービーでDVD化もしていない作品なのですが、WOWOWで「ホテル・ルワンダ」と同時期に放映していました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ラウール・ペック イドリス・エルバ オリス・アーヒューロ デブラ・ウィンガー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。