fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > イ・チョンア
オオカミの誘惑 
2006年04月16日 (日) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
オオカミの誘惑オオカミの誘惑/늑대의 유혹
2004年/韓国/115分
監督: キム・テギュン
出演: チョ・ハンソン/カン・ドンウォン/イ・チョンア

高校生のチョン・ハンギョンは、両親の離婚後父親と暮らしていたが、父親が亡くなったため再婚した母親の家族と暮らすことになる。密かに想いを寄せていたデハンに失恋し、落ち込んでいるハンギョンを見た妹のダルムは、友だちのパン・へウォンを紹介しようとする。あんまり乗り気ではないハンギョンの前に、チョン・テソンと名乗る男が現れ、ハンギョンに「姉さん、僕のことを覚えていないの?」と呼びかける。ヘウォンとテソンは敵対する高校におり、よく喧嘩をする相手だった。ヘウォンはハンギョンを気に入ったため、彼女に親しげな様子を見せるテソンとの関係が気になって仕方がない。一方、ハンギョンはテソンのことを全く思い出せず、ヘウォンからは思いもかけず言い寄られ、戸惑うばかり。しかしヘウォンと一緒に過ごすうちに、ハンギョンはヘウォンに惹かれていく。ある日、連絡が取れないテソンの家を訪ねたハンギョンは、亡くなった父親と幼いハンギョンとテソンが3人並んでいる写真を見る。ハンギョンが母親に問いつめると、テソンは父親の愛人の子供だとわかる。テソンは本当にハンギョンの弟だった…


彼女を信じないでください」でカン・ドンウォンを、「連理の枝」でチョ・ハンソンを観たもので、この2人が共演している作品を観てみました。ビジュアル的には、2人ともこっちの作品の方が断然良い です。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:キム・テギュン チョ・ハンソン カン・ドンウォン イ・チョンア 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。