fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ウィノナ・ライダー
バトルフロント 
2014年08月25日 (月) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞
バトルフロントバトルフロント/HOMEFRONT
2013年/アメリカ/100分
監督: ゲイリー・フレダー
出演: ジェイソン・ステイサム/ジェームズ・フランコ/ウィノナ・ライダー/ケイト・ボスワース/ラシェル・ルフェーブル
公式サイト
公開: 2014年08月09日

国際刑事警察機構(インターポール)麻薬取締局(DEA)の捜査官フィル・ブローカーは、ダニーTをボスとする麻薬密売組織への潜入捜査がきっかけでインターポールを退職し、9歳の娘マディと、亡き妻の出身地であるルイジアナ州レイヴィルで暮らし始める。しかし新しい学校で、マディがいじめっ子のテディ・クラムに反撃したことによって、テディの親に逆恨みされてしまう。言いがかりをつけてきたテディの父親ジミーを投げ飛ばしてしまったフィルだったが、更に悪いことに、テディの母親であるキャシーの兄は、町でも札付きのワルで、麻薬密売にまで手を広げているゲイター・ボーダインだった。キャシーはフィルとマディへの報復をゲイターに依頼し、ゲイターはフィルの家に忍び込み、フィルがDEAの元捜査官であり、ダニーTが逮捕されたきっかけを作ったことを知る。ゲイターは、恋人のシェリル・モットにダニーTの組織と接触させ、フィルの情報を渡す代わりに、ダニーTの組織から麻薬の流通経路を分けてもらおうとするが…


やっと行ってきました…。ステキハゲの映画は大抵上映館が少なくて、結構すぐ終わっちゃうので、焦りましたが、なんとかセーフ。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ゲイリー・フレダー ジェイソン・ステイサム ジェームズ・フランコ ウィノナ・ライダー ケイト・ボスワース ラシェル・ルフェーブル 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ブラック・スワン 
2011年05月17日 (火) | EDIT |
 池袋HUMAXシネマズ4にて鑑賞
ブラック・スワンブラック・スワン/BLACK SWAN
2010年/アメリカ/108分
監督: ダーレン・アロノフスキー
出演: ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カッセル/ミラ・クニス/バーバラ・ハーシー/ウィノナ・ライダー
公式サイト
公開: 2011年05月11日


母親エリカと2人で暮らすバレリーナのニナ・セイヤーズは、高い技術を持つものの感情表現が苦手なため、長年群舞の1人だった。演出家トマ・ルロワが新しい振り付けで公演する「白鳥の湖」の新しいプリマを選ぶオーディションが行われ、ニナはオーディションを受けるが、トマから「白鳥だけなら君を選ぶが、黒鳥の演技は出来ないだろう」と言われ、主役の座を逃す。しかし不可抗力で主役を逃したと思っていたニナはトマスに直談判し、見事に主役に抜擢される。ニナはトマに官能的な黒鳥の踊りを要求されるが、思うように踊れないプレッシャーとサンフランシスコからやってきたリリーに主役を奪われるのではないかという恐怖、過保護な母親からの過干渉などから、次第に精神的に追い詰められていく―――――


ナタリー・ポートマンが第83回米アカデミー賞で主演女優賞を獲りましたね。おまけにダンナと子供もゲット(つーかデキちゃった婚)ということで、ナタリーにとっては忘れられない作品になるのでしょう。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ダーレン・アロノフスキー ナタリー・ポートマン ヴァンサン・カッセル ミラ・クニス バーバラ・ハーシー ウィノナ・ライダー 第83回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ダーウィン・アワード 
2009年06月28日 (日) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ダーウィン・アワード ダーウィン・アワード/THE DARWIN AWARDS
2006年/アメリカ/95分
監督: フィン・テイラー
出演: ジョセフ・ファインズ/ウィノナ・ライダー/デヴィッド・アークエット/ジュリエット・ルイス/ジュリアナ・マーグリーズ

サンフランシスコ市警のプロファイラー、マイケル・バロウズは、あまりにも愚かな死に方をした人々に贈られる“ダーウィン賞”にハマっていた。ある日、サンフランシスコで連続殺人鬼と遭遇したバロウズは、血を見ると失神してしまうという特性から、犯人を取り逃がしてしまい、警察を首になる。再就職先を探していたバロウズは、保険会社に巨額な損害を与えている原因としてダーウィン賞の受賞者がいることに気付き、自分のプロファイル能力をもってダーウィン賞を受賞する要素があるかどうか判定し、要素がある人に加入条件をつければいいと、保険会社に売り込みにいく。会社は、数件の事例を調査して上手く行けばバロウズの就職を約束すると言い、バロウズは調査員のシリ・テイラーと共に調査に向かうが…


これ、劇場で観ようかなと思っていたんだけど、時間が取れなくていけなかったのでした。。。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:フィン・テイラー ジョセフ・ファインズ ウィノナ・ライダー デヴィッド・アークエット ジュリエット・ルイス ジュリアナ・マーグリーズ メタリカ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
スキャナー・ダークリー 
2006年12月13日 (水) | EDIT |
 シネセゾン渋谷にて鑑賞
スキャナー・ダークリースキャナー・ダークリー/A SCANNER DARKLY
2006年/アメリカ/100分
監督: リチャード・リンクレイター
出演: キアヌ・リーヴス/ロバート・ダウニー・Jr/ウディ・ハレルソン/ウィノナ・ライダー/ロリー・コクレイン
公開: 2006年12月09日
公式サイト

右脳と左脳が分断されてしまうという、危険なドラッグ“物質D”が蔓延している近未来のアメリカ。麻薬捜査官のボブ・アークターは、自ら“物質D”を摂取してジャンキーのジム・バリスたちに接触し、おとり捜査を行っていた。しかし、捜査本部にジャンキーのボブに対しての密告があり、ボブは自分で自分を監視するはめに陥る。“自分を監視している自分”と“自分に監視されている自分”―――――ボブの中に2つの人格が現れ、次第にボブは壊れていく…


人生は、奇跡の詩」とどっちを観ようか迷って、結局こちらにしてみました。「人生は、奇跡の詩」は来週…観られるかなあ…
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:リチャード・リンクレイター キアヌ・リーヴス ロバート・ダウニー・Jr ウディ・ハレルソン ウィノナ・ライダー ロリー・コクレイン フィリップ・K・ディック 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
キルトに綴る愛 
2006年06月23日 (金) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
キルトに綴る愛キルトに綴る愛/HOW TO MAKE AN AMERICAN QUILT
1995年/アメリカ/117分
監督: ジョスリン・ムーアハウス
出演: ウィノナ・ライダー/アン・バンクロフト/エレン・バースティン/ケイト・ネリガン/ジーン・シモンズ

フィンは、その土地に伝えられる女性独自の文化について修士論文を書いており、祖母ハイと祖母の姉グラディが暮らす家に3ヶ月居候をすることに。フィンは恋人サムからプロポーズされていたが、両親が離婚しているため、結婚を信じられず、サムと結婚することに迷いが残っていた。グラディの家でのキルト作りには、元使用人アンナが中心となり、アンナの娘マリアンナと近所に住む、嫌味ばかり言うソフィア、アーティストで浮気性の夫を持つエム、周りから少し浮いているコンスタンスが集まって進められていた。祖母たちと暮らしているうちに、フィンはキルト作りをする仲間たちのそれぞれの事情を知ることになる―――――


途中、あれ?どこかで観たようなシーンだなぁと思っていたけど、前に多分観たことあるわこれ…。本当にすっかり忘れていた。こういうことがあるので、ブログ始めて正解だ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ジョスリン・ムーアハウス ウィノナ・ライダー アン・バンクロフト エレン・バースティン ケイト・ネリガン ジーン・シモンズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。