fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ウィリアム・H・メイシー
ルーム 
2016年04月30日 (土) | EDIT |
 TOHOシネマズ 新宿にて鑑賞
ルームルーム/ROOM
2015年/アメリカ/118分
監督: レニー・アブラハムソン
出演: ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ/ジョーン・アレン/ショーン・ブリジャース/ウィリアム・H・メイシー
公式サイト
公開: 2016年04月08日

5歳のジャックは、部屋でママと2人で暮らしている。葉っぱはホンモノ。木はニセモノ。テレビの中の人たちはニセモノ。ママはホンモノ。そして時々やって来るアイツ、オールド・ニックもホンモノ。ある日、ママは部屋の外には世界があるとジャックに教える。これまで嘘を言っていたけれど、テレビの中の人たちもホンモノだって。ママはジャックが生まれる前から、この部屋に閉じ込められていると言う。
「ジャックが死んだふりをすれば、アイツはジャックを外に捨てに行く。そうしたら、誰かを呼んで。ママを助けて」
ジャックがママの言うとおり死んだふりをすると、オールド・ニックがやってきてジャックを部屋の外へと運び出していくが―――――


ブリー・ラーソンがオスカーを獲得したこの作品。タイミング的にとんでもない事件が発覚したので、ちょっと観るの辛いなとも思ったのですが…。ま、観たのは3週間くらい前ですけど。 (^_^;)
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:レニー・アブラハムソン ブリー・ラーソン ジェイコブ・トレンブレイ ジョーン・アレン ショーン・ブリジャース ウィリアム・H・メイシー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
君が生きた証 
2015年03月30日 (月) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞
君が生きた証君が生きた証/RUDDERLESS
2014年/アメリカ/105分
監督: ウィリアム・H・メイシー
出演: ビリー・クラダップ/アントン・イェルチン/フェリシティ・ハフマン/セレーナ・ゴメス/ローレンス・フィッシュバーン
公式サイト
公開: 2015年02月21日

サム・マニングが、プレゼンで大きな仕事を勝ち取った日、久々に大学に通う息子ジョシュを呼び出したが、ジョシュは現れなかった。その時大学構内で起こった銃乱射事件で、サムはジョシュを失ってしまう。2年後、息子を亡くした痛手から立ち直れずにいるサムは、会社も辞めて家も手放し、クルーザーで暮らし建築現場で働きながら、酒に溺れていた。ある日、そんなサムを見かねた元妻エミリーが訪れ、ジョシュの遺品をサムに手渡す。その中には、ジョシュが作詞作曲した曲が収められたCDがあった。曲を聞いたサムは、ジョシュのことを理解していなかったことに気付く。そしてサムはライブハウスに飛び入り参加し、ジョシュの歌を歌う。すると、それを聞いていた客の1人クエンティンが、歌に感動したと言い、セッションしたいと願い出る。最初は相手にしていなかったサムだったが、クエンティンの熱意に押され、セッションを承諾する。そしてクエンティンの友人たちも加わり、“ラダーレス”というバンドを組んで活動し始め、人気を集めていくが―――――


ウィリアム・H・メイシーの初監督作品です。音楽ものってあんまり得意じゃないので、最初はあんまり観る気はなかったんだけど、意外に予告の感じが良かったので、行ってきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ウィリアム・H・メイシー ビリー・クラダップ アントン・イェルチン フェリシティ・ハフマン セレーナ・ゴメス ローレンス・フィッシュバーン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
リンカーン弁護士 
2012年07月22日 (日) | EDIT |
 新宿ピカデリーにて鑑賞
リンカーン弁護士リンカーン弁護士/THE LINCOLN LAWYER
2011年/アメリカ/119分
監督: ブラッド・ファーマン
出演: マシュー・マコノヒー/マリサ・トメイ/ライアン・フィリップ/ジョシュ・ルーカス/ジョン・レグイザモ
公開: 2012年07月14日
公式サイト

ミック・ハラーは、愛車リンカーンでLA中を駆け回り、金次第で麻薬の売人や売春婦などの弁護も引き受け、多少強引な手も使いながら、司法取引によって軽度の罪で収めるやり手の弁護士。検事の元妻マギー・マクファーソンとはお互いに仕事でやり合うこともあるが、娘ヘンリーを挟んでいい関係を保っていた。ある日、ミックは保証金立替業者のヴァル・ヴァレンズエラから、女性を殴って逮捕された、不動産業を営むメアリー・ウィンザーの息子ルイス・ルーレの弁護というおいしい仕事を紹介される。ミックはいつも通りに司法取引に持ち込むことを提案するが、ルイスは、自分は無実なので司法取引には応じないと主張する。ルイスから聞いた話を元に、調査員のフランク・レヴィンと事件を調べ始めたミッチは、この事件が4年前に弁護した殺人事件と酷似していることに気付く。娼婦を殺した容疑者として逮捕された依頼人ヘスス・マルティネスは、無実を主張していたが、状況的に無罪判決は難しいと判断したミッチは、事件を認めれば司法取引で死刑ではなく終身刑に持ち込めるとマルティネスを無理矢理説得し、彼は今も服役中だった。ミッチはマルティネスの元を訪ね、当時マルティネスがバーで見かけたという男について聞き、ルイスの写真を見せたところ、マルティネスは激しく反応する。ミッチは、4年前の事件の真犯人はルイスではないかと疑い始める―――――


タイトルのリンカーンって、アメリカ大統領だった彼のことだと思っていたら、車のことだったのね。「リンカーン 秘密の書」みたいなトンデモ映画かと思って(笑)、全然観る気なかったのですが、何となく。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ブラッド・ファーマン マシュー・マコノヒー マリサ・トメイ ライアン・フィリップ ジョシュ・ルーカス ジョン・レグイザモ ウィリアム・H・メイシー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
団塊ボーイズ 
2008年02月28日 (木) | EDIT |
 新宿バルト9にて鑑賞
団塊ボーイズ団塊ボーイズ/WILD HOGS
2007年/アメリカ/99分
監督: ウォルト・ベッカー
出演: ジョン・トラヴォルタ/ティム・アレン/マーティン・ローレンス/ウィリアム・H・メイシー
公式サイト
公開: 2008年02月09日

メタボリックな歯科医、ダグは、健康のために妻にダイエットをさせられ、脂肪だけでなくストレスもかなりたまり気味。妻と、1年間だけという約束で小説家への道へトライし続けていたボビーは、全く芽が出ず、元の職業である下水道の修理屋に戻る羽目に。プログラマーのダドリーは、運命の恋人を夢見るパソコンオタク。しかしその思いに反して全く女っ気がなく、運命の恋人とは未だ出会えずじまい。スーパーモデルの妻を持つ実業家のウディは、4人の中で一番の成功者と思われていたが、事業が上手く行かず自己破産してしまい、妻にも離婚されてしまった。
学生時代からの友人である4人は、週末になると“WILD HOGS”と名乗り、共通の趣味であるハーレーを乗り回していた。いつものように集まっていた週末、突然ウディが「このまま街中でハーレーを乗り回しているだけでいいのか? 冒険を求めて旅に出よう!」と言い出す。ウディ以外の3人はあまり乗り気でなかったものの、現状に嫌気がさしていた彼らは共に旅に出ることを決める。太平洋を目指し、“WILD HOGS”は走り出す―――――


なんだこのダサい邦題… (;´Д`)
近年まれに見るダサさだ。
原題の“WILD HOGS”、これは直訳すると「野生の豚」なんだけど(彼らの揃いのジャンパーにも、豚が刺繍してある)、ハーレーのオーナーグループの名前“H.O.G.”に引っ掛けているらしい。そのまま「ワイルド・ホッグス」じゃダメだったのか? こんな邦題じゃ、客も減っちゃうよ…
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ウォルト・ベッカー ジョン・トラヴォルタ ティム・アレン マーティン・ローレンス ウィリアム・H・メイシー レイ・リオッタ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
セルラー 
2005年12月30日 (金) | EDIT |
セルラーセルラー/CELLULAR
2004年/アメリカ/95分
監督: デヴィッド・R・エリス
出演: キム・ベイシンガー/クリス・エヴァンス/ジェイソン・ステイサム/ウィリアム・H・メイシー
公式サイト
公開: 2005年02月26日


高校で生物教師をしているジェシカ・マーティンは、ある朝、いつものように息子のリッキーを学校へ送りだして家に戻ったところ、突然現れた5人の男たちに拉致され、ある一軒家の一室に監禁されてしまう。ジェシカは、部屋に残された壊れた電話のワイヤーを接触させて、何度か通話を試みたところ、奇跡的に電話が繋がる。繋がった先は、ライアンという若い男の携帯電話だった。ジェシカは自分の状況を訴え、ライアンの携帯電話を警官に渡してくれるように頼むが、ライアンは悪戯だろうと思い取り合わない。とりあえず警察に向かったものの、ムーニー巡査部長が少しジェシカの話を聞いたところで署内でトラブルが起こったため、ライアンへこの電話を強盗殺人課へ持っていくように指示する。ライアンが強盗殺人課へ向かった時、電話の向こうからジェシカと誘拐犯人の、リッキーを誘拐するという会話が聞こえ、ライアンは、これは本当のことだと実感する。慌てて強盗殺人課へ行こうとするが、電波が弱く、電話が切れそうになる。ライアンはリッキーの誘拐を阻止するべく、リッキーの学校へ向かう…


劇場公開時に観逃しちゃっていたのですが、“シネマ カーテンコール2005”という特集で2本立てでしたので、観に行きました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:デヴィッド・R・エリス キム・ベイシンガー クリス・エヴァンス ジェイソン・ステイサム ウィリアム・H・メイシー ラリー・コーエン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。