fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ウィル・フェレル
俺たちダンクシューター 
2008年08月26日 (火) | EDIT |
 シネマGAGA!!にて鑑賞
俺たちダンクシューター俺たちダンクシューター/SEMI-PRO
2008年/アメリカ/90分
監督: ケント・オルターマン
出演: ウィル・フェレル/ウディ・ハレルソン/アンドレ・ベンジャミン
公式サイト
公開: 2008年08月09日


1970年代のアメリカ、ミシガン州のフリント。一発屋の歌手ジャッキー・ムーンは、ヒット曲“ラブ・ミー・セクシー”で稼いだ金を元手に、地元のプロバスケチーム“フリント・トロピックス”を買い取る。オーナー兼監督兼選手となり宣伝に明け暮れるが、いつも会場は閑古鳥。トロピックスが所属するABAリーグは、勝負よりもエンターテイメントを重視しており、特にトロピックスはエンターテイメント面に力を入れすぎて、“点取り屋”クラレンス・ウィザーズ以外の選手は実力が伴わず、リーグ最下位を突っ走っていた。ある日、ABAはNBAに吸収され、そのうち4チームのみがNBA昇格を許されるが、それ以外のチームは解散となることが決まる。トロピックスは当然解散の対象となるが、ジャッキーは「実力で決めるべきだ」とオーナーたちを説得し、リーグの上位4位がNBAへ昇格することになる。トロピックスを救うため、ジャッキーは元NBAプレイヤーで優勝経験のあるエド・モニックスを招聘し、猛特訓を始めるが…


今ちょっと仕事が大変な状態でして、なかなか平日に映画を観ることが出来ません。で、やっと休みの日に頑張って2本立てしてきました。これは1本目。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ケント・オルターマン ウィル・フェレル ウディ・ハレルソン アンドレ・ベンジャミン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2007年12月27日 (木) | EDIT |
 シネマGAGA!にて鑑賞
俺たちフィギュアスケーター俺たちフィギュアスケーター/BLADES OF GLORY
2007年/アメリカ/93分
監督: ウィル・スペック/ジョシュ・ゴードン
出演: ウィル・フェレル/ジョン・ヘダー/ウィル・アーネット/エイミー・ポーラー/クレイグ・T・ネルソン
公開: 2007年12月22日
公式サイト

野性的な魅力のスケーター、チャズ・マイケル・マイケルズと美形の天才スケーター、ジミー・マッケルロイ。全く正反対の2人は、お互いにライバルとして火花を散らしていたが、ある世界大会で2人同時に金メダルを獲得する。ところが2人は表彰台の上でケンカを始めてしまったため、スケート協会から、金メダルの剥奪とフィギュア界からの永久追放を命じられる。
それから3年半後、スケート店で働くジミーは、ストーカーのヘクターから「ジミーが出られないのはシングルだけ。ペアなら大会に出られる」というルールの抜け道を教えられる。ジミーはフィギュア界に戻るため、ペアとなる相手の女性を探そうと出かけた先で、子供向けの着ぐるみアイスショーに出ていたチャズと再会する。2人はまたもや乱闘を繰り広げてニュース沙汰となるが、その映像を見ていたジミーの元コーチがひらめいたのは、前代未聞、禁断の男同士のペアだった!!


いや~めちゃめちゃ混んでましたよ…レディースデーだったせいもあるんだと思うけど、ここでしか上映していないからねえ。これから行く人は、時間に余裕を持って行ってください。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン ウィル・フェレル ジョン・ヘダー ウィル・アーネット エイミー・ポーラー クレイグ・T・ネルソン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
主人公は僕だった 
2007年05月23日 (水) | EDIT |
 池袋HUMAXシネマズ4にて鑑賞
主人公は僕だった主人公は僕だった/STRANGER THAN FICTION
2006年/アメリカ/112分
監督: マーク・フォースター
出演: ウィル・フェレル/エマ・トンプソン/ダスティン・ホフマン/クイーン・ラティファ/マギー・ギレンホール
公式サイト
公開: 2007年05月19日

国税庁の会計検査員ハロルド・クリックは、頭の中に数字のことしか浮かばない男。人とも関わらず、親しいと言えるのは同僚のデイブだけ、毎日同じ回数歯を磨き、同じ歩数でバス停に向かい、同じ生活を繰り返していた。ある水曜日、ハロルドがいつもの通り歯を磨いていると、突然ハロルドの行動をなぞるような女性の声が聞こえてくる。ハロルドは、この声が自分にしか聞こえないことがわかり、カウンセリングを受けたが「統合失調症疑いがある」と言われる始末。藁をも掴む思いで、文学を専門とするジュールズ・ヒルバート教授に相談を持ちかける。ハロルドはこの声から逃れようと、ヒルバート教授のアドバイスに従い、いつもとは違う生活をしようと試みる。そして税金の督促に行ったパン屋で、経営者のアナ・パスカルに好意を抱いたハロルドは、彼女に近付こうと奮闘するが…


職場の人が「あんまり面白くなかった」と言っていたのだけど、彼女とわたしは面白いと思う物が正反対なので、前から気になっていたこともあって、観てきました。
タイトルがダサいなしかし。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:マーク・フォースター ウィル・フェレル エマ・トンプソン ダスティン・ホフマン クイーン・ラティファ マギー・ギレンホール 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。