fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > エイドリアン・ブロディ
ヴィレッジ 
2006年02月12日 (日) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ヴィレッジヴィレッジ/THE VILLAGE
2004年/アメリカ/108分
監督: M・ナイト・シャマラン
出演: ブライス・ダラス・ハワード/ホアキン・フェニックス/エイドリアン・ブロディ/ウィリアム・ハート
公式サイト

時は19世紀。森に囲まれている閉鎖的な村があった。エドワード・ウォーカーを始めとする“年長者”と呼ばれる数人の大人たちが村を取り仕切っており、周りの森には“語ってはならぬ物”がいて、森に入ると襲われると信じられていた。ある日、ルシアス・ハントは、知恵遅れの青年、ノア・パーシーが何度も森へ入っているが無事であることを知り、無邪気な魂を持つ者ならば襲われないのではと考える。ルシアスは森を抜けて町へ行き、病人を助けるための薬を手に入れたかったのだ。ルシアスはノアの例を出し、森を抜ける許可を求めるが、“年長者”の許可は下りなかった。エドワードの盲目の娘、アイヴィーはルシアスに恋心を抱いており、またルシアスもアイヴィーに告白したため、2人は婚約することになる。しかし、アイヴィーに好意を抱いていたノアが逆恨みしてルシアスを刺し、ルシアスは重傷を負う。アイヴィーはルシアスを救うため、町まで薬を手に入れに行くことをエドワードに相談する。するとエドワードは、村のはずれにある使われていない納屋にアイヴィーを連れて行き、隠されていた村の真実を語り始める―――――


わたしは「シックス・センス」が大嫌い。あれ、全然フェアと思えない。だから、M・ナイト・シャマランの映画も、一応観てはいるけど評価はしていません。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:M・ナイト・シャマラン ブライス・ダラス・ハワード ホアキン・フェニックス エイドリアン・ブロディ ウィリアム・ハート 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
キング・コング[2005年版] 
2006年01月11日 (水) | EDIT |
 池袋シネマサンシャインにて鑑賞
キング・コングキング・コング/KING KONG
2005年/ニュージーランド、アメリカ/188分
監督: ピーター・ジャクソン
出演: ナオミ・ワッツ/ジャック・ブラック/エイドリアン・ブロディ/トーマス・クレッチマン
公式サイト
公開: 2005年12月17日


1933年、大恐慌はニューヨークの街を襲い、喜劇役者として舞台に立っていたアン・ダロウは、不景気の余波で舞台を閉められてしまった。一方、映画監督のカール・デナムは、現在撮影中の映画の舞台を、未開の島“髑髏島(スカル・アイランド)”へ変更したいとスポンサーに訴えるが、逆に制作中止を言い渡される。しかし撮影続行を決めたカールは、降板した主演女優の代わりを見付けるべく街を彷徨っていたところ、アンを見かけ、自分の映画に出演してもらうように交渉する。最初は渋っていたアンだが、憧れていた脚本家ジャック・ドリスコルが脚本を書くと聞き、出演を承諾する。かくして一行は、ジャックも巻き込んで“髑髏島(スカル・アイランド)”へと出発。ついに“髑髏島(スカル・アイランド)”へたどり着くが、しかしそこではとんでもない事態が彼らを待ち受けていた。撮影隊は原住民の怒りを買い、アンは攫われて生け贄とされてしまう。囚われたアンの前に現れたのは、巨大なゴリラ“コング”だった―――――


わたくし、オリジナルは未見です。正直言ってこの手の映画、あんまり興味をそそられないのよね。ついでに言うと、ピーター・ジャクソンの他の作品も未見です。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ピーター・ジャクソン ナオミ・ワッツ ジャック・ブラック エイドリアン・ブロディ トーマス・クレッチマン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。