週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > エマ・ストーン
ラ・ラ・ランド 
2017年04月10日 (月) | EDIT |
 TOHOシネマズ 新宿にて鑑賞
ラ・ラ・ランドラ・ラ・ランド/LA LA LAND
2016年/アメリカ/128分
監督: デイミアン・チャゼル
出演: ライアン・ゴズリング/エマ・ストーン/ジョン・レジェンド/ローズマリー・デウィット/ソノヤ・ミズノ
公式サイト
公開: 2017年02月24日

いつか自分の店を持つことを目標としているジャス・ピアニストのセバスチャン。カフェのウェイトレスをしながら、女優を目指してオーディションを受け続けるミア。ロサンゼルスのハイウェイで最悪な出会いをした2人は、偶然の出会いを重ねるうち、いつしか恋に落ちる。お互いに励まし合い、夢に向かって邁進していた2人だったが、厳しい現実をなかなか打開できずにいた―――――


ミュージカルはあまり得意じゃないんですが、これは予告でかなり心を惹かれたので、観ようと決めていました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:デイミアン・チャゼル ライアン・ゴズリング エマ・ストーン ジョン・レジェンド ローズマリー・デウィット ソノヤ・ミズノ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2012年04月21日 (土) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
ヘルプ~心がつなぐストーリー~ヘルプ~心がつなぐストーリー~/THE HELP
2011年/アメリカ/146分
監督: テイト・テイラー
出演: エマ・ストーン/ヴィオラ・デイヴィス/オクタヴィア・スペンサー/ブライス・ダラス・ハワード/ジェシカ・チャステイン
公開: 2012年03月31日
公式サイト

人種差別がまだ色濃く残る1960年代のミシシッピ州ジャクソン。スキーターことユージニア・フェランは、ミシシッピ大学を卒業し地元へ戻ってくる。作家志望のスキーターは、地元の新聞社ジャクソン・ジャーナルに採用されることになるが、スキーターの友人ヒリー・ホルブロックをはじめとする上流階級の適齢期の娘たちは軒並み結婚し子供を産んでいたため、母親のシャーロットは娘の就職を快く思っていなかった。ヒリーは黒人メイド用に家の外にトイレを作るべきだと力説しており、ヒリーの取り巻きであるエリザベス・リーフォルトたちもそれに賛同していたが、スキーターはそんな彼女たちに違和感を抱いていた。ジャクソン・ジャーナルで家庭欄の記事を任されることになったスキーターは、リーフォルト家のメイド、エイビリーン・クラークに協力を頼む。スキーターは、黒人メイドたちの扱いについて取り上げるべきだと考え、小説を書きたいから取材をさせて欲しいとエイビリーンに頼むが、自分が話したことがばれたら解雇されてしまうため、エイビリーンは取材を拒否する。そんな中、ホルブロック家のメイドでエイビリーンの親友であるミニー・ジャクソンが、母屋のトイレを使用したことで解雇されたことをきっかけに、エイビリーンはスキーターに協力することを決意、スキーターは周りの人間に内緒で取材を続けるが―――――


最初はふ~ん、という感じだったのだけど、全米ボックスオフィスで連続首位を獲得したので、ちょっと気になっていました。オスカーにノミネートされたこともあるし、ってことで行ってきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:テイト・テイラー エマ・ストーン ヴィオラ・デイヴィス オクタヴィア・スペンサー ブライス・ダラス・ハワード ジェシカ・チャステイン 第84回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ゾンビランド 
2010年08月27日 (金) | EDIT |
 テアトルダイヤにて鑑賞
ゾンビランドゾンビランド/ZOMBIELAND
2009年/アメリカ/87分
監督: ルーベン・フライシャー
出演: ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/アビゲイル・ブレスリン/エマ・ストーン
公開: 2010年07月24日
公式サイト

ゾンビウィルスが蔓延し、“ゾンビ合衆国”になってしまったアメリカ。そんな中で、独自のルールを守り何とか生き抜いてきた1人の男“コロンバス”は、人との付き合いが苦手な引きこもり。しかし疎遠になっていた親に会うため、故郷を目指して歩き始める。そこへ車で通りかかった、ゾンビ退治を生きがいとしている男“タラハシー”。コロンバスはタラハシーの車に乗せてもらい、故郷へ向かうが、“ウィチタ”と“リトルロック”の姉妹と出会い、銃や車を騙し取られてしまう。しかしゾンビがいないという、ロサンゼルスにある“パシフィックランド”を目指している2人に、ひょんなことからコロンバスとタラハシーも同行することに。共に過ごすうち、コロンバスはウィチタに心惹かれていくが―――――


ゾンビ映画はほとんど観たことがありません。心理的にぞくぞくするようなホラーとかサスペンスが好きなので、ゾンビ映画はコメディっぽく感じてしまって敬遠しちゃうんだよね。でもmigさんのオススメでしたので、終わる寸前に行って来ました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ルーベン・フライシャー ウディ・ハレルソン ジェシー・アイゼンバーグ アビゲイル・ブレスリン エマ・ストーン ビル・マーレイ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。