fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > エミリー・モーティマー
シャッター アイランド 
2010年03月27日 (土) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
シャッター アイランドシャッター アイランド/SHUTTER ISLAND
2009年/アメリカ/138分
監督: マーティン・スコセッシ
出演: レオナルド・ディカプリオ/マーク・ラファロ/ベン・キングズレー/ミシェル・ウィリアムズ/エミリー・モーティマー
公式サイト
公開: 2010年04月09日


1954年、ボストン。連邦捜査官テディ・ダニエルズは、精神疾患を持つ囚人を収容しているアッシュクリフ病院から、自分の3人の子供を殺した囚人レイチェル・ソランドが脱走したという知らせを受け、新しい相棒チャック・オールと共にアッシュクリフ病院のある、ボストン沖に浮かぶ孤島“シャッターアイランド”を訪れる。病院は男性のみを収容したA棟、女性のみを収容したB棟、そして特に危険な囚人を収容したC棟の3つの棟から成っており、2人はジョン・コーリー院長から、A棟にいたレイチェルは、鍵がかかり、窓には鉄格子の嵌った独房から煙のように消えてしまったという説明を受ける。部屋にはレイチェルが書いたと思われる「4の法則 67は誰?」というメモが残されていたが、意味がわかる者はおらず、テディたちは病院のスタッフや患者たちに事情聴取を行うが、有益な情報は得られずにいた。実は、テディは妻ドロレスを放火による火事で亡くしており、その事件の犯人であるアンドルー・レディスがここに収容されていると聞いてやってきたのだったが…


最初は昨年10月公開予定で超楽しみにしていたんだけど、延びに延びに延び延びて、今年4月公開に。〈超日本語吹き替え版〉という、戸田奈津子がわざわざ日本語監修する??な(笑)試写で観てきました。
あ、ネタバレあります。ご注意を。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:マーティン・スコセッシ レオナルド・ディカプリオ マーク・ラファロ ベン・キングズレー ミシェル・ウィリアムズ エミリー・モーティマー ジャッキー・アール・ヘイリー イライアス・コティーズ 原作:デニス・ルヘイン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ラースと、その彼女 
2008年12月31日 (水) | EDIT |
 シネ・リーブル池袋にて鑑賞
ラースと、その彼女ラースと、その彼女/LARS AND THE REAL GIRL
2007年/アメリカ/106分
監督: クレイグ・ギレスピー
出演: ライアン・ゴズリング/エミリー・モーティマー/ポール・シュナイダー/ケリ・ガーナー/パトリシア・クラークソン
公開: 2008年12月20日
公式サイト


ラース・リンドストロムは人とコミュニケーションを取るのが苦手で、同僚のマーゴにあからさまに好意を示されてもどうすることも出来ず、27歳になる今でもガールフレンドの1人もいない。ラースの兄ガスは放っておけと言うが、兄嫁のカリンはそんなラースが心配でたまらない。ある日、ラースがガスの家を訪ね、紹介したい女性がいると告げる。それを聞いた2人は大喜びし、早速彼女を夕食に招くが、ラースが連れてきたのは、ネットで注文したリアルドール、ビアンカだった。ビアンカをまるで生きているかのように扱うラースに、ガスとカリンは呆然とし、ダグマー・バーマン医師に相談すると「周りの人間が彼と同じくビアンカを生きているかのように扱うと、解決するかもしれない」と言われる。ガスとカリンは街の人に事情を話し、ラースの人柄を知っている人々は、戸惑いながらもビアンカを受け入れるが―――――


今年最後の劇場での映画鑑賞です。「地球が静止した日」とどっちにしようかと思ったんだけど、迷った挙句(迷うのか!)、こっちに。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:クレイグ・ギレスピー ライアン・ゴズリング エミリー・モーティマー ポール・シュナイダー ケリ・ガーナー パトリシア・クラークソン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
マッチポイント 
2006年08月25日 (金) | EDIT |
 シネスイッチ銀座にて鑑賞
マッチポイントマッチポイント/MATCH POINT
2005年/イギリス、アメリカ、ルクセンブルグ/124分
監督: ウディ・アレン
出演: ジョナサン・リス・マイヤーズ/スカーレット・ヨハンソン/エミリー・モーティマー/マシュー・グード
公式サイト
公開: 2006年08月19日

プロのテニスプレイヤーであるクリス・ウィルトンは、現役を引退し、会員制のテニスクラブでコーチとして雇われる。そのテニスクラブに来ていた資産家の息子トム・ヒューイットと親しくなり、プライベートでも付き合いを始める。やがてトムの妹クロエがクリスに好意を持っていると知らされたクリスは、クロエと付き合うことになる。ところが、ある日トムの別荘に招かれたクリスは、トムの婚約者である女優の卵ノラ・ライスに会い、激しく心動かされる。クリスはノラに接近を図るものの、クロエやトムの存在もあり、なかなか上手くことは運ばない。しかし、トムの家族とクリス、ノラとで出かけたヒューイット家の別荘で、トムの母親に傷つけられたノラとクリスは関係を持ってしまう。その後、トムと別れたノラは行方がわからなくなり、クリスはノラと連絡を取る手段をなくしてしまうが、クリスがクロエと結婚した数ヵ月後、偶然ノラと再会する―――――


いやーめちゃ混みでした。レディース・デイだったせいもあるでしょうが、立ち見が出ていました。
それで、また喋る馬鹿ップルに出会ってしまった。ホント頭はたきたくなるわ。 ( ̄△ ̄#) ウラー
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ウディ・アレン ジョナサン・リス・マイヤーズ スカーレット・ヨハンソン エミリー・モーティマー マシュー・グード 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。