fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > オリヴィエ・マルシャル
そして友よ、静かに死ね 
2012年09月23日 (日) | EDIT |
 銀座テアトルシネマにて鑑賞
そして友よ、静かに死ねそして友よ、静かに死ね/LES LYONNAIS
2011年/フランス/102分
監督: オリヴィエ・マルシャル
出演: ジェラール・ランヴァン/チェッキー・カリョ/ダニエル・デュヴァル/ディミトリ・ストロージュ/オリヴィエ・シャントロー
公開: 2012年09月15日
公式サイト

かつては凶悪な犯罪者として名を馳せたモモンことエドモン・ヴィダル。今はきっぱりと足を洗い、既に還暦を迎えたモモンは、家族やかつての仲間クリストたちと落ち着いた暮らしをしていたが、ある日マックス・ブロナー刑事が訪ねてきて、過去モモンと共に強盗事件を起こしていたモモンの親友セルジュ・ステルが、13年の逃亡の末逮捕されたと聞かされる。セルジュは麻薬取引で仲間のゼルビブを裏切ってゼルビブに追われており、刑務所に入ればゼルビブの手下に命を狙われると言う。モモンは自業自得だと突き放すものの、かつての親友の窮状を救うべく、セルジュを脱獄させ匿うことにする。しかし、セルジュは麻薬取引で仲間のゼルビブを裏切って追われる身であり、モモンは足を洗ったはずの世界に再び足を踏み入れてしまう―――――


あるいは裏切りという名の犬」のオリヴィエ・マルシャル監督作ということで、非常に気になっていました。公開2日めに観たんですけど、1週間経っちゃった (^_^;)
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:オリヴィエ・マルシャル ジェラール・ランヴァン チェッキー・カリョ ダニエル・デュヴァル ディミトリ・ストロージュ オリヴィエ・シャントロー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
すべて彼女のために 
2010年03月19日 (金) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞
すべて彼女のためにすべて彼女のために/POUR ELLE
2008年/フランス/96分
監督: フレッド・カヴァイエ
出演: ヴァンサン・ランドン/ダイアン・クルーガー/ランスロ・ロッシュ/オリヴィエ・マルシャル
公式サイト
公開: 2010年02月27日


パリ在住の国語教師ジュリアン・オクレールは、雑誌編集者の妻リザと幼い息子オスカルと3人で幸せに暮らしていたが、ある日、リザが殺人容疑で逮捕されたことでその幸せは突然崩れ去る。会社のビルの駐車場で、リザの上司が遺体で発見され、その日、職場でリザと言い争っていたこと、凶器と思しき消火器からリザの指紋が見つかったこと、第一発見者がリザの車が現場から去るのを目撃していたこと、リザのコートに血痕があり、それを洗い流そうとしていたことなどの状況証拠からリザは逮捕、拘留されたのだった。リザは駐車場で犯人と思しき女とぶつかったことを訴え、リザの無罪を信じるジュリアンは探偵を雇い証拠集めをするものの経過は思わしくなく、3年後、リザは殺人罪で20年の禁錮刑を言い渡される。絶望に襲われたリザは持病の治療を拒否、ついに自殺を図る。命は取り留めたものの、次第に弱っていくリザを救うため、ジュリアンはある決意を固めていた―――――


終わっちゃうー ていうんで、慌てて行ってきました。最近こういうの多いな…
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:フレッド・カヴァイエ ヴァンサン・ランドン ダイアン・クルーガー ランスロ・ロッシュ オリヴィエ・マルシャル 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
裏切りの闇で眠れ 
2008年03月08日 (土) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
裏切りの闇で眠れ裏切りの闇で眠れ/TRUANDS
2006年/フランス/107分
監督: フレデリック・シェンデルフェール
出演: ブノワ・マジメル/フィリップ・コーベール/ベアトリス・ダル/オリヴィエ・マルシャル/メーディ・ネブー
公式サイト
公開: 2008年02月23日

パリの裏社会を牛耳っているクロード・コルティ。そのクロードが信用している唯一の男が、どこの組織にも属しない一匹狼、フランクだった。ある日、クロードが何者かの密告により逮捕され、3年間収監されることになる。クロードがいなくなった裏社会はこれまであった秩序が乱れていた。クロードは情婦ベアトリスや部下たちから情報を集め、状況把握に努めていたが、アラブ人ギャングのイシャムとラルビがその隙をついて裏社会を支配しようとしていた。イシャムとラルビはクロードの組織をつぶすことを決め、フランクと相棒のジャン=ギィに接触を図っていた。そして3年が経ち、クロードの仮釈放の日が近付いてきていた…


雨の中、バルト9まで「ガチ☆ボーイ」を観に行ったら、上映時間が変わっていて、観ようと思っていた上映回がなくなっていて (´・ω・`)ショボーン
事前にきっちりチェックしなかったのが悪いとは思うんだけどさ、週の途中で上映時間を変えないで欲しいなぁ(ちなみに前日まではその回はあった)。
で、こっちをチョイスしたのでした。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:フレデリック・シェンデルフェール ブノワ・マジメル フィリップ・コーベール ベアトリス・ダル オリヴィエ・マルシャル メーディ・ネブー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2006年12月28日 (木) | EDIT |
 銀座テアトルシネマにて鑑賞
あるいは裏切りという名の犬あるいは裏切りという名の犬/36 QUAI DES ORFEVRES
2004年/フランス/110分
監督: オリヴィエ・マルシャル
出演: ダニエル・オートゥイユ/ジェラール・ドパルデュー/アンドレ・デュソリエ/ヴァレリア・ゴリノ/ロシュディ・ゼム
公式サイト
公開: 2006年12月16日


パリ警視庁のレオ・ヴリンクスとドニ・クラン。かつて2人は親友同士だったが、同じ1人の女性カミーユを愛し、彼女がレオを選んだことから友情は決裂。レオが束ねる探索出動班(BRI)とドニが束ねる強盗鎮圧班(BRB)も対立を深めており、また近々異動する予定の警視庁長官の後釜をめぐってライバル同士となっていた。そんな中、パリでは現金輸送車が強盗団に襲われる事件が頻発していた。レオは服役中の情報屋ユゴー・シリアンが特別外泊となった夜、呼び出されて「30分だけ自分と一緒にいて欲しい」と頼まれる。しかしシリアンは自分を密告し刑務所に送り込んだ相手マルキュス・ゼルビブを撃ち殺し、レオは強盗団の情報を教えるかわりにアリバイを証言して欲しいとシリアンに脅される。自分がアリバイ作りに利用されたと激怒するレオだったが、脅しに屈し、アリバイを証言するはめになる。そしてシリアンの情報を元に強盗団を追いつめ捕らえようとするが、レオの指示を無視したドニが単独で強盗団に近付き、それと気付いた強盗団と銃撃戦が始まり、その結果レオの相棒エディが撃ち殺され、強盗団も取り逃がしてしまう。BRIの仲間たちはドニに対して反発運動を起こし、ドニは調査委員会にかけられる。そんな時、ドニの元に、ゼルビブ殺人事件の現場に居合わせた女から、現場にレオが居合わせたという情報が寄せられる。追いつめられていたドニはそのことを調査部に密告、レオは捕らえられ、投獄されてしまう―――――


前々から気になっていたこの映画。タイトルも素敵と思っていたのですが、主役2人がオヤジってのがたまらんでしょー(笑)
水曜日だったせいもあるだろうけど、激混みでした。これから観に行く方は要注意。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:オリヴィエ・マルシャル ダニエル・オートゥイユ ジェラール・ドパルデュー アンドレ・デュソリエ ヴァレリア・ゴリノ ロシュディ・ゼム 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。