週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > キム・ギドク
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


The NET 網に囚われた男 
2017年01月27日 (金) | EDIT |
 新宿シネマカリテにて鑑賞
The NET 網に囚われた男The NET 網に囚われた男/그물
2016年/韓国/112分
監督: キム・ギドク
出演: リュ・スンボム/イ・ウォングン/キム・ヨンミン/チェ・グィファ/イ・ウヌ
公式サイト
公開: 2017年01月07日

北朝鮮の漁師ナム・チョルは、妻と子と3人で貧しいながらも幸せに暮らしていた。しかしある日、チョルがいつもの通り漁に出ると、スクリューに網が絡まってエンジンが故障し、潮に流されて韓国との国境を越えてしまう。ただちに捕らえられたチョルは、韓国の警察から、スパイ容疑で厳しい取り調べを受ける。チョルは、自分はたまたまボートの故障で韓国に来てしまったただの漁師だ、北朝鮮に戻して欲しいと必死に訴えるが―――――


ギドク最新作。やはりこれは観に行かないといかんのです。水曜日に観に行ったせいもあるけど、満席でした。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:キム・ギドク リュ・スンボム イ・ウォングン キム・ヨンミン チェ・グィファ イ・ウヌ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
殺されたミンジュ 
2016年02月09日 (火) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞
殺されたミンジュ殺されたミンジュ/일대일
2014年/韓国/122分
監督: キム・ギドク
出演: マ・ドンソク/キム・ヨンミン/イ・イギョン/チョ・ドンイン/テ・オ
公式サイト
公開: 2016年01月16日

05月09日、ソウル市内で女子高校生ミンジュが何者かに殺される。それから1年後、恋人を送った帰り道で、オ・ヒョンは軍服を着た謎の集団に拉致され、去年の05月09日に何をしていたか、紙に書き出せと言われる。オ・ヒョンはミンジュ殺害に関わっていたうちの1人だったのだ。しらを切ったものの、拷問を受けたオ・ヒョンは耐えられずに自らの行為を紙に書き残す。そして口外したら殺すと言い含められ、オ・ヒョンは解放される。それから後、ミンジュ殺害に関わっていたメンバーが次々に謎の集団に拉致され、同じように拷問の末、05月09日の行動を紙に書き残すように強制される。オ・ヒョンは、自分たちを拉致した謎の集団の正体を探り始めるが、メンバーを拉致する時に軍服だったり、警官だったり、あるいはマフィアのようだったり、その時によって様子が違う。いったい彼らは何者なのか? 


ギドクの新作、観とかんといかんでしょう。ってことで、漸く行ってきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:キム・ギドク マ・ドンソク キム・ヨンミン イ・イギョン チョ・ドンイン テ・オ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
メビウス 
2014年12月12日 (金) | EDIT |
 新宿シネマカリテにて鑑賞
メビウスメビウス/뫼비우스
2013年/韓国/83分
監督: キム・ギドク
出演: チョ・ジェヒョン/ソ・ヨンジュ/イ・ウヌ
公式サイト
公開: 2014年12月06日

父、母、高校生の息子から成る3人家族。3人揃って食事を取ることもないほど、家族としての形はなくバラバラになっていた。ある日、夫の浮気に耐えかねた妻は、寝ている夫の性器を切り取ろうとする。しかしそれに気付いた夫の反撃に遭うと、妻の狂気は息子へと向かい、息子の性器を切り取り、家を出て行ってしまう。父親は自分を責め、性器を失い悲嘆にくれる息子を支えるが…


ギドク最新作です。早めに行こう!と思い、観てきました~
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:キム・ギドク チョ・ジェヒョン ソ・ヨンジュ イ・ウヌ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
アリラン 
2014年02月06日 (木) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
アリランアリラン/아리랑
2011年/韓国/91分
監督: キム・ギドク
出演: キム・ギドク
公式サイト

2008年に「悲夢」を撮った後、突然表舞台から姿を消したキム・ギドク。3年に及ぶ隠遁生活を自らカメラに収めたセルフ・ドキュメンタリー。


劇場公開時にどうしようかなと思ってはいたのですが、ドキュメンタリーということで、劇場での鑑賞は見送った作品です。今さらながら、3年も山籠もりしていたのかとびっくり
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:キム・ギドク 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
レッド・ファミリー 
2013年10月27日 (日) | EDIT |
 第26回東京国際映画祭にて鑑賞
レッド・ファミリーレッド・ファミリー/붉은 가족
2013年/韓国/99分
監督: イ・ジュヒョン
出演: キム・ユミ/ソン・ビョンホ/チョン・ウ/パク・ソヨン
公式サイト
公開: 2014年10月04日

ミョンシクとその息子ジェホン、ジェホンの妻スンヘ、高校生である娘のミンジ。隣家に住む一家からは、いつも仲が良くて羨ましいと言われるくらいの、どこにでもいる、ごく普通の一家。しかし実は、4人は赤の他人で、スンヘを班長とする北朝鮮からのスパイだった。4人は北朝鮮に残してきた本当の家族を思い、韓国の軍事情報を北朝鮮に送り、時折下される脱北者の暗殺などの任務を遂行していた。一方、隣に住む一家は、未亡人の祖母に息子夫婦、高校生の孫息子と似たような家族構成ながらも、毎日喧嘩が絶えない家。だが、韓国のごく一般的な家庭である隣家の人々と交流するうちに、スンヘたちの心情に少しずつ変化が現れる。そんなある日、北朝鮮にいるジェホンの妻子が脱北に失敗し捕らえられたという情報を入手したスンヘ。工作員の家族といえど、脱北は重罪。スンヘは、ジェホンに大きな手柄を立てさせて、その代わりに家族の釈放を願い出ることを考えつく。そして国からの指令なしに、脱北者として有名な北朝鮮の元軍人を始末する作戦を決行する。しかしその作戦はとんでもない方向へと動き出してしまう―――――


ギドクプロデュース作品なので、コンペティションの中でも、これだけは絶対観ようと思っていました。
上映後に舞台挨拶とQ&Aがあって、上映が終わったのが23時だというのに、観客はかなり残っていました。恐らくほとんどがギドクファンだと思われ(笑) わたしは終電があったので、途中で帰りましたが。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:東京国際映画祭
GENRE:映画
TAG:イ・ジュヒョン キム・ユミ ソン・ビョンホ チョン・ウ パク・ソヨン キム・ギドク 第26回東京国際映画祭 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
嘆きのピエタ 
2013年08月16日 (金) | EDIT |
 シネマート六本木にて鑑賞
嘆きのピエタ嘆きのピエタ/피에타
2012年/韓国/104分
監督: キム・ギドク
出演: チョ・ミンス/イ・ジョンジン
公式サイト
公開: 2013年06月15日

生まれてすぐに母親に捨てられ、30年間天涯孤独の身として生きてきたイ・ガンド。元金の10倍もの利息を取る違法なサラ金の取り立て屋をしているガンドは、借金を返せない債務者に怪我を負わせて障害者にし、その保険金で借金を返させるという極悪非道な取り立てを行っていた。そんなガンドの前にある日、彼を捨てた母親だという女チャン・ミソンが現れる。ガンドは全く信用せず、ミソンに対し粗暴な振る舞いを繰り返すが、それでもガンドの側に居続けるミソンに、ガンドは次第に心を許し始める。しかし突然ミソンは失踪し、ガンドは必死でミソンを探し回るが―――――


新宿とか渋谷でやっている間に行けなくて諦めていたら、シネマートで1週間限定公開ですと。めちゃめちゃ久しぶりに六本木へ行きましたわ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:キム・ギドク チョ・ミンス イ・ジョンジン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
プンサンケ 
2012年09月09日 (日) | EDIT |
 銀座シネパトスにて鑑賞
プンサンケプンサンケ/풍산개
2011年/韓国/121分
監督: チョン・ジェホン
出演: ユン・ゲサン/キム・ギュリ
公開: 2012年08月18日
公式サイト

韓国と北朝鮮の軍事境界線を行き来して、離散家族にビデオレターや遺品、時には人間さえも運ぶその男は、北朝鮮製の煙草“豊山犬(プンサンケ)”を吸っていることから、豊山犬(プンサンケ)と呼ばれていた。脱北し、韓国の国家情報院に保護されている北朝鮮の元高官は、機密報告書を作成する条件として、北朝鮮に残してきた愛人イノクを連れてくることを提示しており、豊山犬(プンサンケ)の噂を聞いた国家情報院のキム課長は半信半疑でイノクの脱北を依頼する。豊山犬(プンサンケ)は見事3時間でイノクを脱北させるが、国家情報院は約束の報酬を払わずに彼を逮捕する。拷問にも決して自分の正体を明かさない豊山犬(プンサンケ)に、キム課長は、北朝鮮に囚われている韓国の諜報員を救い出すことが出来れば、イノクと2人で自由にさせてやると取引を持ちかけるが―――――


監督ではないんだけど、キム・ギドクが製作総指揮、脚本と聞いて、行くぞ!と決めていました。最近シネパトスで観ること多いな~
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:チョン・ジェホン ユン・ゲサン キム・ギュリ キム・ギドク 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
悲夢 
2009年03月01日 (日) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
悲夢悲夢/비몽
2008年/韓国、日本/93分
監督: キム・ギドク
出演: オダギリジョー/イ・ナヨン
公開: 2009年02月07日
公式サイト

ジンは、別れた恋人の車を追っている時に交通事故を起こすが、動転のあまり現場から逃げ出すという夢を見る。夢があまりにリアルだったため、現場に向かってみると、事故は本当に起きていた。現場に設置されていたカメラの映像から、ランという女が逮捕されるが、彼女はたった今まで寝ていたため、事故を起こしたはずは無いと主張する。何故か、ジンの夢の内容を現実でランが行動しており、その間のランは無意識で記憶が残っていない状態だった。精神科医は「2人が愛し合うようになれば夢は消える」と言う。ジンが、心を残して別れた恋人に会っている夢を見ている間、ランは憎んで別れた恋人と逢瀬を重ねており、そのことに耐えられないランは、ジンに夢を見ないように強要する。交代で眠るようにすれば、ジンが夢を見ず、ランの夢遊病も起きないとわかった2人はお互いに見張って眠るようになり、次第に親しみを増していくが…


ギドクの最新作で、外国人俳優を主役に据えた第2弾。今回の主役はオダジョーです。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:キム・ギドク オダギリジョー イ・ナヨン パク・チア 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ブレス 
2008年05月17日 (土) | EDIT |
 シネマート六本木にて鑑賞
ブレスブレス/숨
2007年/韓国/84分
監督: キム・ギドク
出演: チャン・チェン/チア/ハ・ジョンウ/カン・イニョン
公式サイト
公開: 2008年05月03日

主婦ヨンは、何となく付けていたテレビから流れたニュースで、死刑囚チャン・ジンが自殺を試みたことを知る。チャン・ジンは、自殺を図っては未遂で終わるということを繰り返していた。
ある日、夫の浮気の証拠を掴んだヨンは、衝動的にチャン・ジンが収監されているハンソン刑務所へ向かい、「昔の恋人だ」と偽ってチャン・ジンへの面会を申し出る。ヨンはチャン・ジンに、子供の頃、友人たちと潜水をしていた時に“5分だけ死んだ”という話をし、「自分に出来ることがあれば言って欲しい」と言う。それ以来、ヨンはチャン・ジンに春夏秋冬の風景の壁紙とそれぞれの季節の歌をプレゼントするために面会に行くようになり、2人は次第に心を通わせていく。ヨンの様子が変わったことに気付いたヨンの夫は、彼女が浮気していると思い、後を付ける…


キム・ギドクの最新作
しかし、何でこんなにハマっちゃったんだろうなー。謎だなー。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:キム・ギドク チャン・チェン チア ハ・ジョンウ カン・イニョン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
うつせみ 
2007年04月07日 (土) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
うつせみうつせみ/빈집
2004年/韓国、日本/88分
監督: キム・ギドク
出演: イ・スンヨン/ジェヒ

テソクは、チラシを住宅にポスティングし、それを目安にして留守の家に忍び込み、しばしその家で生活するという放浪生活を送っていた。ある日忍び込んだ豪邸で、美しい人妻ソナが残っていたことに気付かず、いつもの通りくつろいでいたが、ソナの存在に気付いて慌てて出ていく。ソナは夫から束縛され、暴力を振るわれており、彼女が気になって戻ったテソクは、ソナを家から連れ出し、2人で留守宅への侵入を繰り返すようになる。ある家に忍び込んだところ、そこの住民は病死しており、2人はその男を埋葬し、いつものようにくつろいでいた。しかし、男の息子夫婦がやってきたために2人は見付かり、殺人と不法侵入の疑いで警察に逮捕されてしまう―――――


またもキム・ギドクです。本当は「絶対の愛」の前に観ようと思っていたんだけど、時間がなかったり睡眠時間に充ててしまったりしたので、後になってしまいました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:キム・ギドク イ・スンヨン ジェヒ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。