fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > キム・スタウントン
チェンジング・レーン 
2012年06月21日 (木) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
チェンジング・レーンチェンジング・レーン/CHANGING LANES
2002年/アメリカ/98分
監督: ロジャー・ミッシェル
出演: ベン・アフレック/サミュエル・L・ジャクソン/キム・スタウントン/トニ・コレット/シドニー・ポラック

アメリカ、ニューヨーク。若手弁護士ギャビン・パネックは、所属する弁護士事務所が管理しているサイモン・ダンの財団の運営をめぐって、サイモンの孫娘ミーナと法廷で争っていた。ミーナは、ギャビンが祖父に無理矢理権利委託書を書かせたと主張しており、ギャビンは書類を持って裁判所へと急いでいた。一方、保険会社のオペレーターをしているドイル・ギプソンは、アルコール依存症が原因で妻子と別居していた。妻子と別れたくないドイルは、カウンセリングへ通ってアル中を克服、ローンを組んで家を購入し、親権争いの場でそれを提示して離婚を阻止しようと、同じく裁判所へ向かっていた。裁判所へ向かう途中で、ギャビンが無理な車線変更をしてドイルの車と接触、ドイルの車は分離帯にぶつかって動かなくなってしまう。示談をしようとするドイルに、急いでいるからと白紙の小切手を押し付け、その場に置き去りにして走り去るギャビン。しかし、そこにはギャビンの手から滑り落ちた権利委託書が残されていた。ドイルは書類を拾って通りすがりの車に頼み裁判所へ向かうが、裁判は既に終わっており、妻子はオレゴンへ引っ越すことになっていた。ドイルは失意のまま町を彷徨い歩いていたところ、書類をなくしたことに気付いたギャビンと出会う。ギャビンは書類を返してもらおうと話しかけるが、妻子を失ったのはギャビンのせいだと思っているドイルは相手にしない。ギャビンは何としても書類を取り返そうと、強引な手段に訴えるが―――――


何で観ようと思ったのか忘れちゃった(笑)
WOWOWで何度かリピート放送をしていたので、何となく録画。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ロジャー・ミッシェル ベン・アフレック サミュエル・L・ジャクソン キム・スタウントン トニ・コレット シドニー・ポラック 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。