FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > キャサリン・キーナー
2012年07月18日 (水) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
僕の大切な人と、そのクソガキ僕の大切な人と、そのクソガキ/CYRUS
2010年/アメリカ/91分
監督: ジェイ・デュプラス/マーク・デュプラス
出演: ジョン・C・ライリー/ジョナ・ヒル/マリサ・トメイ/キャサリン・キーナー

バツイチ男のジョンは、元妻ジェイミーの再婚式で魅力的な女性モリーと出会い、意気投合した2人は一夜を共にする。しかし、モリーが自分の事情をあまり話さないのを不審に思ったジョンは、モリーの後を付け、自宅を探り当てる。家の様子を窺おうとしていたジョンを出迎えたのは、モリーの21歳の息子サイラスだった。モリーはいきなり現れたジョンに驚くが、サイラスにきちんと紹介し、サイラスは2人が既に体の関係を持っていると知ると顔色を変えるものの、受け入れる姿勢を示す。しかし、サイラスは巧妙にモリーをジョンの仲を裂こうとし、ジョンは不審に思いながらもモリーとの付き合いを続けるが、ついにサイラスの本心が明らかになり―――――


これ、DVDスルーなんですね。まぁキャストが地味だしなー (^_^;) と思いつつ、ジョン・C・ライリーとジョナ・ヒルの組み合わせなら笑えるんだろうと思って観てみました。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ジェイ・デュプラス マーク・デュプラス ジョン・C・ライリー ジョナ・ヒル マリサ・トメイ キャサリン・キーナー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2011年06月06日 (月) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF
2010年/アメリカ/121分
監督: クリス・コロンバス
出演: ローガン・ラーマン/ピアース・ブロスナン/ユマ・サーマン/アレクサンドラ・ダダリオ/ブランドン・T・ジャクソン
公式サイト

母サリーと継父ゲイブと暮らす17歳の高校生パーシー・ジャクソンは、人よりも長く潜水が出来る特技があったが、難読症のため勉強はからっきしの落ちこぼれ。ある日、パーシーは「ゼウスの稲妻を渡せ」と言う怪物に襲われる。教師のブルナーと親友グローバー・アンダーウッドのおかげで何とか怪物から逃れたパーシーは、グローバーと家に戻り、サリーを加えた3人で“ハーフ訓練所”と呼ばれる場所に向かうが、訓練所の手前で怪物に襲われサリーと離ればなれになってしまう。パーシーは訓練所で、自分はデミゴットと呼ばれる神と人間との間に出来た子供で、父親は海神ポセイドンであり、グローバーは自分を守る“守護者”サテュロスと知らされる。そして全能の王ゼウスの持つ稲妻が何者かに盗まれ、その犯人がパーシーだと疑われており、ゼウスの力を手に入れようとする者たちがパーシーを狙っているため、力の使い方を学ぶために訓練所に連れてこられたのだった。しかしサリーが冥界の王ハデスにさらわれているとわかり、母を助けるため、パーシーはグローバーや知性の女神アテナの娘アナベス・チェイスとともに、冥界へ旅立つが―――――


ギリシャ神話が好きなのですが、これはさすがに劇場で観る気はせず…ありがとうWOWOW(笑)
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOWで観た映画
GENRE:映画
TAG:クリス・コロンバス ローガン・ラーマン ピアース・ブロスナン ユマ・サーマン アレクサンドラ・ダダリオ ブランドン・T・ジャクソン キャサリン・キーナー ショーン・ビーン ロザリオ・ドーソン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2009年12月21日 (月) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
かいじゅうたちのいるところかいじゅうたちのいるところ/WHERE THE WILD THINGS ARE
2009年/アメリカ/101分
監督: スパイク・ジョーンズ
出演: マックス・レコーズ/キャサリン・キーナー
声の出演: ローレン・アンブローズ/クリス・クーパー/ジェームズ・ガンドルフィーニ
公式サイト
公開: 2010年01月15日

冒険が大好きな8歳のマックスは、ママと姉クレアの3人暮らし。少し年上のクレアは最近友だちづきあいが忙しくて、マックスの相手をしてくれず、ママも仕事が忙しく、恋人との時間を大事にしてマックスにあまり構ってくれない。ある日、ママにきつく怒られたマックスは家を飛び出す。街を抜け、乗り捨てられていたボートに乗り込んだマックスは、ある島にたどり着く。そこは、観たことのない姿をしたかいじゅうたちが住んでいた。あることがきっかけで癇癪を起こしていたかいじゅうのうちの1人、キャロルの心を和ませたマックスは、“王様”としてこの島に住むことになるが…


原作は有名な絵本らしいです。わたしはこういう絵本はほとんど読んでいないので、知らなかったのですが…
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:スパイク・ジョーンズ マックス・レコーズ キャサリン・キーナー ローレン・アンブローズ クリス・クーパー ジェームズ・ガンドルフィーニ 原作:モーリス・センダック 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
脳内ニューヨーク 
2009年12月10日 (木) | EDIT |
 シネマライズにて鑑賞
脳内ニューヨーク脳内ニューヨーク/SYNECDOCHE, NEW YORK
2008年/アメリカ/124分
監督: チャーリー・カウフマン
出演: フィリップ・シーモア・ホフマン/サマンサ・モートン/ミシェル・ウィリアムズ/キャサリン・キーナー/エミリー・ワトソン
公式サイト
公開: 2009年11月14日

劇作家ケイデン・コタードは、手がける演劇は高評価、私生活も画家である妻アデルと娘オリーヴとそれなりに幸せに暮らしていたが、アデルは覇気のないケイデンを見続けることに嫌気が差しており、夫婦の間には亀裂が入っていた。アデルは家族で行くはずだったベルリンで行われる自身の個展にオリーヴだけを連れて行ってしまう。絶望に襲われたケイデンは、自分に好意を示している劇場の受付嬢ヘイゼルと付き合い自分を慰めようとするが、上手く行かず、相変わらず覇気のない生活を送っていた。そこへ、ケイデンのこれまでの経歴が評価され、マッカーサー・フェロー賞を授与するという知らせが舞い込む。ケイデンはこの賞金を元手に使われていない倉庫を買い取り、自分の人生を再現することを思いつくが…


大好きな ピンクハート 「マルコビッチの穴」の脚本を書いたチャーリー・カウフマンが初メガホンを取ったと言うことで、かなり気になっていました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:チャーリー・カウフマン フィリップ・シーモア・ホフマン サマンサ・モートン ミシェル・ウィリアムズ キャサリン・キーナー エミリー・ワトソン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
40歳の童貞男 
2007年12月10日 (月) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
40歳の童貞男40歳の童貞男/THE 40 YEAR OLD VIRGIN
2005年/アメリカ/116分
監督: ジャド・アパトー
出演: スティーヴ・カレル/キャサリン・キーナー/ポール・ラッド/ロマニー・マルコ/セス・ローゲン

家電販売店の商品管理係として働くアンディは、ゲームとフィギュア大好きな40歳。ある日、職場の同僚であるデビッド、ジェイ、キャルとポーカーをやっている最中、話が下ネタへと流れて行き、アンディが童貞だとバレてしまう。デビッドたちは、アンディに初体験をさせようと協力することになり、出会いをセッティングしてくれるが、いまいちうまくいかない。そんな時、アンディは店にやってきた客トリシュといい感じになる。しかし、トリシュが3人の子持ちであることを知ったアンディは、自分が童貞だと言い出せなくなり、2人の間はギクシャクしはじめるが…


migさんのところでこのキモいポスター(笑)を目にしていたので、劇場公開時に観ようかと思っていたんだけど、どうもタイミングが悪くて観逃してしまいました。確か、上映期間が非常に短かった気がする。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ジャド・アパトー スティーヴ・カレル キャサリン・キーナー ポール・ラッド ロマニー・マルコ セス・ローゲン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
カポーティ 
2006年10月02日 (月) | EDIT |
 シャンテシネにて鑑賞
カポーティカポーティ/CAPOTE
2005年/アメリカ/114分
監督: ベネット・ミラー
出演: フィリップ・シーモア・ホフマン/キャサリン・キーナー/クリフトン・コリンズ・Jr/クリス・クーパー/ブルース・グリーンウッド
公式サイト
公開: 2006年09月30日

1959年、人気作家のトルーマン・カポーティは、ふと1つの新聞記事に目を止める。それはカンザス州で起こった、一家4人が惨殺された事件の記事だった。まだ犯人は捕まっておらず、カポーティはこの事件についての記事を書きたいと、エージェントを通じて地元警察に取材を申し込む。幼なじみであり助手でもあるネル・ハーパー・リーと共にカンザスへ向かい、人気作家としての立場を利用して警察官アルヴィン・デューイの夫人と親しくなったカポーティは、アルヴィンとも親しくなり、彼から事件の情報を得ることに成功する。そしてついに、ペリー・スミスとディック・ヒコックという2人組が逮捕される。カポーティは巧みにペリーに近づき、事件のことを聞き出すために友情を演じ、死刑判決の出た彼らが控訴するための弁護士を手配し、少しずつペリーの信頼を得ていく。やがて彼らの死刑が確定する。しかし執行は何度か延期され、その度に彼らが死刑になるのを望み、または生存を願い、カポーティの中で相反する気持ちがせめぎ合う―――――


いやさー、スクリーンの方向に、かなりデカイ男の人がいたのよ。髪の毛もパーマかけていて膨張していて、(太っていた頃の)ピーター・ジャクソンか? (;・∀・) と思いました。彼がまた結構な頻度で頭を動かすため、字幕が見えない。予告の段階でこりゃいかんと思って、全席指定でしたが、席を移動しました。こればっかりはちょっと注意するという訳にもいかないし…。空席があったから出来た技だけどね。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ベネット・ミラー フィリップ・シーモア・ホフマン キャサリン・キーナー クリフトン・コリンズ・Jr クリス・クーパー ブルース・グリーンウッド 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。