週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > ギャヴィン・フッド
2017年01月13日 (金) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場/EYE IN THE SKY
2015年/イギリス/102分
監督: ギャヴィン・フッド
出演: ヘレン・ミレン/アーロン・ポール/アラン・リックマン/バーカッド・アブディ/ジェレミー・ノーサム
公式サイト
公開: 2016年12月23日

イギリスのキャサリン・パウエル大佐は、テロリスト集団“アル・シャバブ”の幹部であるアイシャ・アル・ハディことスーザン・ダンフォードとその夫アブドゥラ・アル・ハディが、ナイロビにある“アル・シャバブ”の関係者の住居を訪れることを突き止め、英米合同で捕獲作戦に当たっていた。アメリカでは、ネバダ州のクリーチ空軍基地からドローンを使ってその住居を上空から撮影しており、ハワイのパールハーバー空軍基地でその画像の解析を行い、スーザンが現れたら現地の軍により即捕獲する作戦であり、その様子をイギリス国防相のフランク・ベンソン中将、ジェームズ・ウィレット外相ら国家緊急事態対策委員会(コブラ)がそれを見守っていた。スーザンらしき女性が現れたものの、確証が持てず、現地の工作員ジャマ・ファラが住居の中へカメラを忍び込ませ、女性がスーザンであることが確認できたが、中では自爆テロの準備が進められていることが判明する。パウエル大佐は、彼らが自爆テロを決行する前に排除すべきと主張するが、スーザンたちがいる住居のすぐ外で、現地の少女がパンを売っていた。爆撃を行うと確実に少女を巻き込むことになるため、コブラの中でも意見が割れてしまう。そして住居の中では自爆テロの準備が整っていくが―――――


新年1本目! 「ドローン・オブ・ウォー」みたいだなーと思って、予告ではそんなに惹かれなかったのですが、時間が合ったので。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ギャヴィン・フッド ヘレン・ミレン アーロン・ポール アラン・リックマン バーカッド・アブディ ジェレミー・ノーサム 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ウルヴァリン:X-MEN ZERO 
2009年09月22日 (火) | EDIT |
 TOHOシネマズ 日劇にて鑑賞
ウルヴァリン:X-MEN ZEROウルヴァリン:X-MEN ZERO/X-MEN ORIGINS: WOLVERINE
2009年/アメリカ/108分
監督: ギャヴィン・フッド
出演: ヒュー・ジャックマン/リーヴ・シュレイバー/リン・コリンズ/ダニー・ヒューストン/テイラー・キッチュ
公式サイト
公開: 2009年09月11日


1845年、少年ジェームズ・ハウレットは、父親が殺されたのがきっかけで秘めていた能力を覚醒させ、同じく特殊能力を持つ兄ビクターと共に逃げ、それ以来150年に渡り、2人で助け合って生きてきた。ある日、上官を殺し捕らわれた2人の前に軍人ストライカーが現れ、刑務所から出す代わりにと、彼が指揮する特殊能力者たちのグループ“X”にスカウトする。しかし、ストライカーがある隕石を求めて行ったアフリカでのミッションで、残酷な行為に耐えられなかったジェームズは“X”から離脱する。6年が経ち、ジェームズはローガンと名乗り恋人ケイラと平穏な日々を過ごしていた。ところが、ストライカーがジェームズの元を訪れ、ビクターが凶暴化し、かつての“X”の仲間を襲っていると告げる。嫌な予感がしたジェームズはケイラの元に戻るが、既に彼女はビクターに殺されてしまっていた。復讐を誓うジェームズは「ビクターに復讐できる力を与える」というストライカーの言葉に同意し、以前ストライカーが求めていた隕石から抽出した超合金アダマンチウムを骨と融合させるという手術を受ける。しかし、それが“ウェポンX”と呼ばれる人間兵器を作る人体実験であり、それを受けさせるために自分を騙していたと知ったジェームズは研究所を脱出するが、ストライカーたち追手が迫ってきていた―――――


これまでWOWOWでしか観たことなかったんだけど(そもそもアメコミ苦手)、大画面で観るべし!とのmigさんのオススメに従って(笑)、劇場でヒューさまを堪能することにしました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ギャヴィン・フッド ヒュー・ジャックマン リーヴ・シュレイバー リン・コリンズ ダニー・ヒューストン テイラー・キッチュ 「X-MEN」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ツォツィ 
2007年05月05日 (土) | EDIT |
 TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて鑑賞
ツォツイツォツィ/TSOTSI
2005年/南アフリカ、イギリス/95分
監督: ギャヴィン・フッド
出演: プレスリー・チュエニヤハエ/テリー・フェト/ケネス・ンコースィ/モツスィ・マッハーノ/ゼンゾ・ンゴーベ
公式サイト
公開: 2007年04月14日

南アフリカ、ヨハネスブルクのスラムに“不良(ツォツィ)”という通り名を持つ少年がいた。ツォツィと仲間たちは強盗を繰り返し、時には殺人も厭わず、荒んだ人生を送っていた。ある日、ツォツィは通りかかったBMWを銃で脅して奪い、なおも追いすがる運転手の女性に銃弾を撃ち込み、逃走する。その途中、ツォツィは車の後部座席に赤ん坊が寝かされているのに気付く。慌てたツォツィは金品のみを奪い、赤ん坊を置き去りにして車を乗り捨てようとするが、赤ん坊の泣き声に後ろ髪を引かれ、赤ん坊を連れて住処へ戻るが…


第78回米アカデミー賞外国語映画賞を獲得した作品です。もうDVDスルーかと思っていたら上映が決まって良かったよー。
休日の六本木はひじょーーーーに混んでいましたが…
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ギャヴィン・フッド プレスリー・チュエニヤハエ テリー・フェト ケネス・ンコースィ モツスィ・マッハーノ ゼンゾ・ンゴーベ 第78回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。