週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ギレルモ・フランセーヤ
エル・クラン 
2016年10月05日 (水) | EDIT |
 YEBISU GARDEN CINEMAにて鑑賞
エル・クランエル・クラン/EL CLAN
2015年/アルゼンチン/110分
監督: パブロ・トラペロ
出演: ギレルモ・フランセーヤ/ピーター・ランサーニ/リリー・ポポヴィッチ/ガストン・コッチャラーレ/ジゼル・モッタ
公式サイト
公開: 2016年09月17日

1980年代、アルゼンチン。国家情報局で働いていたアルキメデス・プッチオは、軍政から民政へと時代が移り変わりつつある中で、職を失ってしまう。ある日、ラグビー選手として活躍しているプッチオ家の長男アレックスことアレハンドロは、チームメイトのリカルド・マノウキアンと帰宅中、何者かに襲われる。リカルドは縛り上げられて車のトランクへと押し込められるが、アレックスは何故か丁寧に扱われ助手席へ乗せられる。2人を襲ったのは、アルキメデスと叔父のラボルデたちだった。アルキメデスは、家族を養うために金持ちを誘拐し身代金で生計を立てていたのだ。アレックスが翌日ラグビーの練習に出かけたところ、リカルドが誘拐されたことは話題になっていたが、アレックスが疑われることはなかった。アルキメデスは無事に身代金を手にし、リカルドを解放すると言って出かけていく。アレックスはホッとするものの、翌日、リカルドの遺体が発見されたと聞かされ衝撃を受ける。アルキメデスは、リカルドに正体がばれて脅されたため止む無く殺したと言う。アレックスは、否応なくアルキメデスの誘拐ビジネスに巻き込まれていくが―――――


実話ってことで、すごく気になっていました。 アルゼンチンでは「人生スイッチ」を上回るヒットだとか。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:パブロ・トラペロ ギレルモ・フランセーヤ ピーター・ランサーニ リリー・ポポヴィッチ ガストン・コッチャラーレ ジゼル・モッタ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
瞳の奥の秘密 
2010年09月18日 (土) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
瞳の奥の秘密瞳の奥の秘密/EL SECRETO DE SUS OJOS
2009年/スペイン、アルゼンチン/129分
監督: フアン・ホセ・カンパネラ
出演: リカルド・ダリン/ソレダ・ビジャミル/パブロ・ラゴ/ハビエル・ゴディーノ/カルラ・ケベド
公式サイト
公開: 2010年08月14日

長年勤めた刑事裁判所を退職したベンハミン・エスポシトは、有り余る時間を、25年前に起こったある印象的な事件を小説にすることに費やすため、元の上司であるイレーネ・メネンデス・ヘイスティングスを訪ね、当時の記憶を探る。
1974年6月21日、イレーネがベンハミンの新しい上司として配属された日、結婚したばかりの人妻リリアナ・コロトが暴行されて殺される事件が起きる。現場でリリアナの遺体を見たベンハミンは衝撃を受け、相棒のパブロ・サンドバルと捜査を始めるが、リリアナの夫リカルド・モラレスに見せてもらった写真に、常にリリアナを見つめてる1人の男がいることに気付く。リリアナとは幼馴染だというその男、イシドロ・ゴメスの居場所を探すが、事件の1ヶ月後から行方がわからなくなっていた。2人はゴメスの居場所を突き止めるため、彼の実家を訪ね母親宛ての手紙を盗み出すが、そのことをイレーネや判事に知られ、捜査を打ち切るように告げられる。しかし事件から1年後、ベンハミンは偶然モラレスを駅で見かける。モラレスは犯人を探すために、毎日心当たりのある駅に通いつめていると言う。モラレスの思いに打たれたベンハミンは、再度捜査を始めるが―――――


第82回米アカデミー賞で外国語映画賞を受賞しています。予告ではそんなに興味を引かれる感じではなかったんだけど、評判がいいのもあって、ちょっと公開から時間が経ってしまいましたが、行って来ました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:フアン・ホセ・カンパネラ リカルド・ダリン ソレダ・ビジャミル パブロ・ラゴ ハビエル・ゴディーノ カルラ・ケベド ギレルモ・フランセーヤ 第82回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。