fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > クイーン・ラティファ
2009年04月17日 (金) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテシネにて鑑賞
リリィ、はちみつ色の秘密リリィ、はちみつ色の秘密/THE SECRET LIFE OF BEES
2008年/アメリカ/110分
監督: ジーナ・プリンス=バイスウッド
出演: クイーン・ラティファ/ダコタ・ファニング/ジェニファー・ハドソン/アリシア・キーズ/ソフィー・オコネドー
公式サイト
公開: 2009年03月20日

1964年、サウスカロライナで暮らす14歳のリリィ・オーウェンズは、4歳の頃に母親デボラを誤って死なせてしまったために心に深い傷を負っており、父親のT・レイともぎくしゃくしていた。リリィの14歳の誕生日、リリィは黒人のメイド、ロザリンが投票権を登録するのに付き合い、一緒に町に出かける。しかし、黒人が選挙権を持つのを快く思わない白人たちにロザリンが嫌がらせをうけ、挙句逮捕されてしまう。リリィはロザリンを助けようとしないT・レイと口論になり、「デボラはあの日、家出先から荷物を取りに戻っただけだ。あいつはお前を捨てたんだ」と言われたリリィは、母親が遺したティブロンと言う地名を目指し、ロザリンを連れて家出をする。リリィはそこで、母親の遺品にあったものと同じ絵を使った蜂蜜のラベルを見かける。その蜂蜜を作っているのはオーガスト・ボートライトという女性だと聞いたリリィは、母親の手がかりを求めてボートライト家を訪ね、身元を偽ってボートライト家に居候を頼み込み、了承される。オーガストの妹たち、ジューンとメイ、そしてロザリンと暮らし始めたリリィは、オーガストの手伝いをしながら、次第に癒されていくが―――――


シャンテシネでシネマイレージカードが使えるようになったので、嬉しい
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ジーナ・プリンス=バイスウッド クイーン・ラティファ ダコタ・ファニング ジェニファー・ハドソン アリシア・キーズ ソフィー・オコネドー ポール・ベタニー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ヘアスプレー 
2007年10月23日 (火) | EDIT |
 シネ・リーブル池袋にて鑑賞
ヘアスプレーヘアスプレー/HAIRSPRAY
2007年/アメリカ/116分
監督: アダム・シャンクマン
出演: ジョン・トラヴォルタ/ニッキー・ブロンスキー/ミシェル・ファイファー/クリストファー・ウォーケン/クイーン・ラティファ
公式サイト
公開: 2007年10月20日


アメリカのメリーランド州ボルチモアに住むおデブな女子高校生トレーシー・ターンブラッドは、テレビの人気番組“コーニー・コリンズ・ショー”の大ファン。番組の出演者であるクラスメイトのリンクに憧れていたが、ある日、番組の出演者オーディションが行われると知り、母エドナの反対を押し切って会場へと向かう。しかしその規格外の体型のため、同じく番組の出演者の中で中心的人物であるアンバーとその母であり番組のプロデューサーでもあるベルマに追い返される。がっかりするトレーシーだったが、居残り補習で知り合った黒人のシーウィードのダンスに魅了され、彼と意気投合する。そこへ通りかかったリンクは、トレーシーのダンスを観て、近々開催されるダンスパーティーへ来て踊るように誘う。番組の司会者であるコーニーは、パーティーで踊るトレーシーを一目観て気に入り、トレーシーは晴れて番組のレギュラーに。ところが、トレーシーを快く思わないアンバーとベルマは様々な妨害を仕掛けてくる…


予告編の上映中、何だか映像がおかしいなーと思っていたんだけど、やはりどこか調子が悪かったらしく、予定よりちょっと遅れて上映が始まりました。こういうことってあるんだね~。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アダム・シャンクマン ジョン・トラヴォルタ ニッキー・ブロンスキー ミシェル・ファイファー クリストファー・ウォーケン クイーン・ラティファ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
主人公は僕だった 
2007年05月23日 (水) | EDIT |
 池袋HUMAXシネマズ4にて鑑賞
主人公は僕だった主人公は僕だった/STRANGER THAN FICTION
2006年/アメリカ/112分
監督: マーク・フォースター
出演: ウィル・フェレル/エマ・トンプソン/ダスティン・ホフマン/クイーン・ラティファ/マギー・ギレンホール
公式サイト
公開: 2007年05月19日

国税庁の会計検査員ハロルド・クリックは、頭の中に数字のことしか浮かばない男。人とも関わらず、親しいと言えるのは同僚のデイブだけ、毎日同じ回数歯を磨き、同じ歩数でバス停に向かい、同じ生活を繰り返していた。ある水曜日、ハロルドがいつもの通り歯を磨いていると、突然ハロルドの行動をなぞるような女性の声が聞こえてくる。ハロルドは、この声が自分にしか聞こえないことがわかり、カウンセリングを受けたが「統合失調症疑いがある」と言われる始末。藁をも掴む思いで、文学を専門とするジュールズ・ヒルバート教授に相談を持ちかける。ハロルドはこの声から逃れようと、ヒルバート教授のアドバイスに従い、いつもとは違う生活をしようと試みる。そして税金の督促に行ったパン屋で、経営者のアナ・パスカルに好意を抱いたハロルドは、彼女に近付こうと奮闘するが…


職場の人が「あんまり面白くなかった」と言っていたのだけど、彼女とわたしは面白いと思う物が正反対なので、前から気になっていたこともあって、観てきました。
タイトルがダサいなしかし。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:マーク・フォースター ウィル・フェレル エマ・トンプソン ダスティン・ホフマン クイーン・ラティファ マギー・ギレンホール 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。