fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > クリストファー・ウォーケン
セブン・サイコパス 
2013年11月13日 (水) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞
セブン・サイコパスセブン・サイコパス/SEVEN PSYCHOPATHS
2012年/イギリス/110分
監督: マーティン・マクドナー
出演: コリン・ファレル/サム・ロックウェル/ウディ・ハレルソン/クリストファー・ウォーケン/トム・ウェイツ
公式サイト
公開: 2013年11月02日

脚本家のマーティ・ファラナンは、「セブン・サイコパス」というタイトルだけ決まっている脚本を引き受けるが、一行も進まず、頭を悩ませていた。その話を聞いたマーティの親友である売れない俳優のビリー・ビックルは、巷を騒がせている殺人鬼“ダイヤのジャック”をモデルにすればいいとアドバイス。アドバイスを元にマーティは執筆に取り掛かるが、ビリーはマーティに黙って「サイコパス大募集!」という新聞広告を打ち、それを見た自称サイコパスが次々とマーティの元を訪れるようになる。本業で稼げないビリーは、友人のハンス・キェシロフスキと組んで、散歩中の犬を誘拐し、ハンスが犬を届けに行きお礼を貰ってくるという詐欺を働いていた。ある日、ビリーが誘拐した犬は、マフィアのチャールズ・コステロの愛犬だったため、ビリーとハンスはコステロから追われる羽目になってしまう―――――


グランド・イリュージョン」とはしごしたので、思わぬウディ・ハレルソン祭りになってしまったのでした。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:マーティン・マクドナー コリン・ファレル サム・ロックウェル ウディ・ハレルソン クリストファー・ウォーケン トム・ウェイツ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ヘアスプレー 
2007年10月23日 (火) | EDIT |
 シネ・リーブル池袋にて鑑賞
ヘアスプレーヘアスプレー/HAIRSPRAY
2007年/アメリカ/116分
監督: アダム・シャンクマン
出演: ジョン・トラヴォルタ/ニッキー・ブロンスキー/ミシェル・ファイファー/クリストファー・ウォーケン/クイーン・ラティファ
公式サイト
公開: 2007年10月20日


アメリカのメリーランド州ボルチモアに住むおデブな女子高校生トレーシー・ターンブラッドは、テレビの人気番組“コーニー・コリンズ・ショー”の大ファン。番組の出演者であるクラスメイトのリンクに憧れていたが、ある日、番組の出演者オーディションが行われると知り、母エドナの反対を押し切って会場へと向かう。しかしその規格外の体型のため、同じく番組の出演者の中で中心的人物であるアンバーとその母であり番組のプロデューサーでもあるベルマに追い返される。がっかりするトレーシーだったが、居残り補習で知り合った黒人のシーウィードのダンスに魅了され、彼と意気投合する。そこへ通りかかったリンクは、トレーシーのダンスを観て、近々開催されるダンスパーティーへ来て踊るように誘う。番組の司会者であるコーニーは、パーティーで踊るトレーシーを一目観て気に入り、トレーシーは晴れて番組のレギュラーに。ところが、トレーシーを快く思わないアンバーとベルマは様々な妨害を仕掛けてくる…


予告編の上映中、何だか映像がおかしいなーと思っていたんだけど、やはりどこか調子が悪かったらしく、予定よりちょっと遅れて上映が始まりました。こういうことってあるんだね~。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アダム・シャンクマン ジョン・トラヴォルタ ニッキー・ブロンスキー ミシェル・ファイファー クリストファー・ウォーケン クイーン・ラティファ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
もしも昨日が選べたら 
2006年10月18日 (水) | EDIT |
 日比谷みゆき座にて鑑賞
もしも昨日が選べたらもしも昨日が選べたら/CLICK
2006年/アメリカ/107分
監督: フランク・コラチ
出演: アダム・サンドラー/ケイト・ベッキンセイル/クリストファー・ウォーケン
公式サイト
公開: 2006年09月23日


建築設計士のマイケル・ニューマンは、仕事が忙しく、家族サービスもままならない毎日。息子のベン、娘のサマンサの相手もなかなか出来ず、いつも妻のドナには不満を言われてばかり。ある日、大量にある家電製品のリモコンにイライラしたマイケルは、すべての家電製品を操れる“万能リモコン”を買いに入ったホームセンターで、不思議な部屋を見つける。そこにいた怪しげな男モーティに「万能リモコンが欲しい」と言ったところ、モーティはあるリモコンを差し出し、これは新製品だ、料金はいらないと言う。ただし返品は不可能だと付けたし、承知したマイケルは早速家に持ち帰る。リモコンを操作しているうちに、これは家電製品だけでなく時間を操作出来るということに気付いたマイケル。マイケルはリモコンに夢中になり、ドナとの口論や病気などの面倒なことをすっ飛ばし、快適な毎日を過ごしていたが、ある日、リモコンが暴走し始める―――――


行かなくちゃ行かなくちゃと思っているうちに、どんどん上映館は少なくなっていき、とうとう今週末で終わりです…。危なかったー!
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:フランク・コラチ アダム・サンドラー ケイト・ベッキンセイル クリストファー・ウォーケン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
マイ・ボディガード 
2005年10月02日 (日) | EDIT |
マイ・ボディガードマイ・ボディガード/MAN ON FIRE
2004年/アメリカ、メキシコ/146分
監督: トニー・スコット
出演: デンゼル・ワシントン/ダコタ・ファニング/クリストファー・ウォーケン/ジャンカルロ・ジャンニーニ
公式サイト
公開: 2004年12月18日

メキシコでは身代金目当ての誘拐がはびこっており、実に人質の70%が生還出来ないという。
米軍のテロ対策部隊で暗殺の仕事を続けていたジョン・クリーシーは、生きる希望をなくし、酒に溺れる生活を送っていた。クリーシーは、部隊の先輩であるレイバーンを訪ねた際に、メキシコの実業家サムエル・ラモスの9歳の娘、ピタのボディガードの仕事を紹介され、引き受けることに。最初はピタに対し、友だちになるつもりはないと冷たくあしらっていたクリーシーだが、徐々に心を開いていく。泳ぎを教え、不在の多い両親に代わって家庭教師の役割まで果たすようになり、もはやピタは、クリーシーにとってなくてはならない存在になっていた。ある日、ピタの送り迎えの時、不審な男たちと車を見たクリーシーは、ピタに「逃げろ!」と叫び銃を抜き、辺りは銃撃戦と化す。銃弾に倒れたクリーシーに駆け寄ろうとしたピタは、そのまま男たちに連れ去られてしまう。レイバーンからピタの死を知らされたクリーシーは、ピタの敵を取るため、復讐を決意する…


ストーリー的には興味はあまり湧かなかったのだけど、デンゼル・ワシントンとダコタ・ファニングの共演だというので、今年の1月に劇場で観てきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:トニー・スコット デンゼル・ワシントン ダコタ・ファニング クリストファー・ウォーケン ジャンカルロ・ジャンニーニ 原作:A.J.クィネル 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。