fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ケイト・ベッキンセイル
もしも昨日が選べたら 
2006年10月18日 (水) | EDIT |
 日比谷みゆき座にて鑑賞
もしも昨日が選べたらもしも昨日が選べたら/CLICK
2006年/アメリカ/107分
監督: フランク・コラチ
出演: アダム・サンドラー/ケイト・ベッキンセイル/クリストファー・ウォーケン
公式サイト
公開: 2006年09月23日


建築設計士のマイケル・ニューマンは、仕事が忙しく、家族サービスもままならない毎日。息子のベン、娘のサマンサの相手もなかなか出来ず、いつも妻のドナには不満を言われてばかり。ある日、大量にある家電製品のリモコンにイライラしたマイケルは、すべての家電製品を操れる“万能リモコン”を買いに入ったホームセンターで、不思議な部屋を見つける。そこにいた怪しげな男モーティに「万能リモコンが欲しい」と言ったところ、モーティはあるリモコンを差し出し、これは新製品だ、料金はいらないと言う。ただし返品は不可能だと付けたし、承知したマイケルは早速家に持ち帰る。リモコンを操作しているうちに、これは家電製品だけでなく時間を操作出来るということに気付いたマイケル。マイケルはリモコンに夢中になり、ドナとの口論や病気などの面倒なことをすっ飛ばし、快適な毎日を過ごしていたが、ある日、リモコンが暴走し始める―――――


行かなくちゃ行かなくちゃと思っているうちに、どんどん上映館は少なくなっていき、とうとう今週末で終わりです…。危なかったー!
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:フランク・コラチ アダム・サンドラー ケイト・ベッキンセイル クリストファー・ウォーケン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ヴァン・ヘルシング 
2006年07月22日 (土) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ヴァン・ヘルシングヴァン・ヘルシング/VAN HELSING
2004年/アメリカ/133分
監督: スティーヴン・ソマーズ
出演: ヒュー・ジャックマン/ケイト・ベッキンセイル/リチャード・ロクスバーグ/デヴィッド・ウェンハム/シュラー・ヘンズリー
公式サイト(英語)

ヴァン・ヘルシングは、ヴァチカンからの要請を受けモンスター退治を行うモンスターハンター。ヴァチカンからある依頼を受ける。トランシルバニアのある村に住むヴァレリアス長老は、400年前、ドラキュラ伯爵を倒さない限りは一族は天国へ行かないという誓いを立てた。一族は既に、ヴェルカン王子とアナ王女の兄妹2人きりとなっており、この2人がドラキュラ伯爵を倒す前に死ねば、一族は天国へ行けなくなってしまう。ヴァチカンの依頼は、それを救って欲しいというものだった。ヴァン・ヘルシングは、半僧半俗の修行僧カールとともにトランシルバニアに向かう。最初は胡散臭く思われ追い出されそうになっていたヴァン・ヘルシングだが、ドラキュラ伯爵の3人の花嫁のうちの1人、マリーシュカを殺したことで信用される。ドラキュラ伯爵には、自分の子孫を残すという目的があった。それを阻止すべく、ヴァン・ヘルシングはドラキュラ伯爵を倒すため、アナと協力してドラキュラ伯爵に立ち向かう―――――


ヴァン・ヘルシングって、元々小説「吸血鬼ドラキュラ」で、ドラキュラ伯爵と対峙する大学教授らしい。読んでないので知りませんでしたが、その辺はちゃんとベースになるものがあったのね。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:スティーヴン・ソマーズ ヒュー・ジャックマン ケイト・ベッキンセイル リチャード・ロクスバーグ デヴィッド・ウェンハム シュラー・ヘンズリー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
アビエイター 
2005年10月09日 (日) | EDIT |
アビエイターアビエイター/THE AVIATOR
2004年/アメリカ/169分
監督: マーティン・スコセッシ
出演: レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ブランシェット/ケイト・ベッキンセイル/ジュード・ロウ
公式サイト(英語)
公開: 2005年03月26日

父親が遺した莫大な財産を受け継いだハワード・ヒューズ。彼は前々から夢であった航空アクション映画を制作する。映画「地獄の天使」は大ヒット、彼はハリウッドで一躍有名人となり、ハワードは女優キャサリン・ヘップバーンと恋に落ちる。次々とヒット作を生み出すかたわらで、ハワードはもう一つの夢、世界最速の飛行機を創り出すために航空会社を設立し、次々と世界最速記録を更新する。しかしその一方で、キャサリンとの別れ、ライバル航空会社との戦い、生死の境を彷徨う大事故…栄光の果てにハワードが見たものは?
アメリカの大富豪、ハワード・ヒューズの半生を描いた伝記映画。


この映画は、友だちから試写会に誘われて、公開前に観ました。試写会は公開前に観られる(しかもタダだ)けれど、会場が古いホールであることが多いので、椅子の状態がよろしくないことがほとんどなのよね。映画が長いと、お尻がかなり厳しい… ばってん
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:マーティン・スコセッシ レオナルド・ディカプリオ ケイト・ブランシェット ケイト・ベッキンセイル ジュード・ロウ 第77回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。