fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ケン・ローチ
ジミー、野を駆ける伝説 
2015年01月25日 (日) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞
ジミー、野を駆ける伝説ジミー、野を駆ける伝説/JIMMY'S HALL
2014年/イギリス/109分
監督: ケン・ローチ
出演: バリー・ウォード/シモーヌ・カービー/ジム・ノートン/アンドリュー・スコット/フランシス・マギー
公式サイト
公開: 2015年01月17日

1932年、アイルランドのリートリム州の片田舎。長らく国を離れていたジミー・グラルトンが故郷へと戻ってくる。ジミーは、10年前、地域のリーダーとして村人たちがダンスをしたり、交流するための集会所“ピアース=コノリー・ホール”を設置した、伝説の英雄だった。教会はホールを支配下に置けないことを快く思っておらず、ジミーを共産主義者として逮捕させようと画策し、ジミーは国を離れざるを得なかったのだった。漸く故郷に戻れたジミーは、老いた母を支え静かに暮らしていこうと思っていたが、そんなジミーの元に、村の若者たちはホールを復活させて欲しいとやって来る。最初は断るが、10年前のことを思い出したジミーは、ホールを再建させることに。そして昔のように、ホールでは村人たちが集ってダンスや勉学を楽しんでいた。しかし、これを良しとしない教会が再び横槍を入れてきて、一触即発の状況になるが…


ケン・ローチの新作です。予告ではいまいち心惹かれなかったので、どうしようかなあと思っていたのですが、有効期限の迫った劇場招待券があったので、観てきました。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ケン・ローチ バリー・ウォード シモーヌ・カービー ジム・ノートン アンドリュー・スコット フランシス・マギー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
天使の分け前 
2013年05月28日 (火) | EDIT |
 銀座テアトルシネマにて鑑賞
天使の分け前天使の分け前/THE ANGELS' SHARE
2012年/イギリス、フランス、ベルギー、イタリア/101分
監督: ケン・ローチ
出演: ポール・ブラニガン/ジョン・ヘンショウ/ガリー・メイトランド/ウィリアム・ルアン/ジャスミン・リギンズ
公開: 2013年04月13日
公式サイト

スコットランドのグラスゴーで暮らすロビー・エマーソンは、劣悪な家庭環境で育ち、これまで暴力沙汰を繰り返していたが、レオニーと付き合うようになってから徐々に変わり始める。そしてレオニーがロビーの子供を妊娠、ロビーが変わろうとした矢先、親の代からの因縁の相手であるクランシーと喧嘩の挙句怪我を負わせてしまい、刑罰の代わりに300時間の社会奉仕で罪を償うことに。レオニーと産まれた息子に、今後暴力沙汰は起こさないことを誓い、社会奉仕に精を出すロビー。社会奉仕の指導者であるハリーは、何かとロビーの力になってくれていた。ある日、ハリーは課外活動と称して、社会奉仕に従事している面々を連れてウィスキーの蒸留所へやってくる。そこでロビーはテイスティングの才能を発揮、一緒に社会奉仕をしているアルバート、ライノ、モーたちとウィスキーテイスティングの腕を磨いていく。そんな時、ハリーに誘われ、エジンバラで開催されるウィスキーの会へ5人で出かけるが、希少価値のあるモルト・ミルの樽が発見され、オークションにかけられることを知る。どん底の生活から抜け出すため、ロビーは、とんでもない高値が付くと予想されるこのモルトを何とか手に入れようとするが―――――


ケン・ローチの新作です。混んでいそうだったので、平日に別件で休みを取ったついでに観てきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ケン・ローチ ポール・ブラニガン ジョン・ヘンショウ ガリー・メイトランド ウィリアム・ルアン ジャスミン・リギンズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ルート・アイリッシュ 
2012年04月13日 (金) | EDIT |
 銀座テアトルシネマにて鑑賞
ルート・アイリッシュルート・アイリッシュ/ROUTE IRISH
2010年/イギリス、フランス、ベルギー、イタリア、スペイン/109分
監督: ケン・ローチ
出演: マーク・ウォーマック/アンドレア・ロウ/ジョン・ビショップ/トレヴァー・ウィリアムズ/ジェフ・ベル
公開: 2012年03月31日
公式サイト

2007年、リヴァプール。ファーガスは兄弟同然に育った親友のフランキーが死んだと聞かされ、教会に駆けつける。フランキーは民間兵としてイラクへ派遣されており、世界で一番危険だと称される、米軍管轄区域(グリーンゾーン)とバグダッド空港との間の道“ルート・アイリッシュ”を通っている時に爆撃に遭ったと聞かされる。事故があった日、留守電にフランキーからのメッセージが残されていたのに、喧嘩で留置場にいたファーガスはこれに応えられなかったこと、そもそも大金が稼げるからと民間兵に誘ったのはファーガスであったことから、ファーガスは自分を責めていた。フランキーの葬儀の場で、整備担当のジェイミーがフランキーから預かったという携帯電話を受け取ったファーガスは、イラク人歌手のハリムに携帯電話のデータの確認とアラビア語の翻訳を頼む。携帯電話には、フランキーが死ぬ2週間前に、フランキーと同じチームのネルソンが民間人の乗ったタクシーや少年を銃撃する動画が残されていた。フランキーの上司ヘインズが携帯電話を探していたことを知り、フランキーの死には何か裏があると直感したファーガスは、フランキーの妻レイチェルとともに、フランキーの死の真相を探っていくが―――――


ケン・ローチの作品は2本しか観ていないのですが、結構好みだなあと思っていたので、行ってきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ケン・ローチ マーク・ウォーマック アンドレア・ロウ ジョン・ビショップ トレヴァー・ウィリアムズ ジェフ・ベル 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
この自由な世界で 
2008年08月29日 (金) | EDIT |
 シネ・アミューズにて鑑賞
この自由な世界でこの自由な世界で/IT'S A FREE WORLD...
2007年/イギリス、イタリア、ドイツ、スペイン/96分
監督: ケン・ローチ
出演: カーストン・ウェアリング/ジュリエット・エリス/レズワフ・ジュリック/ジョー・シフリート/コリン・コフリン
公開: 2008年08月16日
公式サイト

シングルマザーのアンジーは、息子のジェイミーを年老いた両親に預けて職業紹介の会社で働いていたが、セクハラの相手に歯向かったことが原因で解雇されてしまう。アンジーは同じ会社で働くルームメイトのローズを巻き込んで、職業紹介の会社を立ち上げる。税金を納めない違法な会社であるため、ローズはしぶるが、アンジーは無理やり彼女を説得して共同経営者とする。アンジーの人脈を活用して仕事は順調に回り始めるが、アンジーは不法就労者にも仕事を斡旋し始める。法に則って事業を進めるべきと主張するローズとアンジーは、徐々にぎくしゃくしはじめ、ある日、斡旋先の会社から代金を回収し損ねたアンジーは、資金繰りのため、更に深みにはまってしまう―――――


俺たちダンクシューター」を観終わってからダッシュしました。ホントぎりぎりでした…意外に離れているなこの2つの劇場。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ケン・ローチ カーストン・ウェアリング ジュリエット・エリス レズワフ・ジュリック ジョー・シフリート コリン・コフリン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
麦の穂をゆらす風 
2006年12月06日 (水) | EDIT |
 シネ・アミューズにて鑑賞
麦の穂をゆらす風麦の穂をゆらす風/THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY
2006年/イギリス、アイルランド、ドイツ、イタリア、スペイン/126分
監督: ケン・ローチ
出演: キリアン・マーフィ/ポードリック・ディレーニー/リーアム・カニンガム/オーラ・フィッツジェラルド/メアリー・オリオーダン
公式サイト
公開: 2006年11月18日

1920年、イギリスの統治下にあったアイルランドで、人々は苦しい暮らしを送っていた。イギリスから送られていた武装警察隊“ブラック・アンド・タンズ”は人々に屈辱的な尋問を行い、ある日、それに反抗した17歳のミホールは暴行を受け殺されてしまう。そんな中、医学を学ぶデミアンは、アイルランドから逃げ出すようにロンドンの病院へ就職を決めていた。しかし、ロンドン行きの列車のホームで、イギリスの兵士が列車に乗り込もうとしているところに行きあい、武器・兵士の輸送は禁じられているからと、駅員や車掌、運転士が暴行を受けながらも拒み通したのを見て、デミアンはアイルランドに残り、兄テディらと共にアイルランド独立を目指して戦うことを決意する。
長い戦いの末、イギリスとの停戦が決まり、アイルランドの人々は喜びに沸く。しかし、停戦で結ばれた条約の中身はアイルランドの完全な独立とはほど遠く、イギリスの自治領としての“アイルランド自由国”を認めるとしたものだった。仲間たちの中でも、これは自由への第一歩だとする条約賛成派、完全な独立を求めてこれを拒否するべしとする条約反対派に分かれ、やがてアイルランド人同士の内戦へと発展していく―――――


先週の「虎の門」の「こちトラ自腹じゃ!」で井筒が★3つ付けてたのよね。だから混むんじゃないかと思って冷や冷やしていたんだけど、案の定、水曜日とは言え平日の昼間なのに満席でした。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ケン・ローチ キリアン・マーフィ ポードリック・ディレーニー リーアム・カニンガム オーラ・フィッツジェラルド メアリー・オリオーダン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。