fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > サム・ロックウェル
セブン・サイコパス 
2013年11月13日 (水) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞
セブン・サイコパスセブン・サイコパス/SEVEN PSYCHOPATHS
2012年/イギリス/110分
監督: マーティン・マクドナー
出演: コリン・ファレル/サム・ロックウェル/ウディ・ハレルソン/クリストファー・ウォーケン/トム・ウェイツ
公式サイト
公開: 2013年11月02日

脚本家のマーティ・ファラナンは、「セブン・サイコパス」というタイトルだけ決まっている脚本を引き受けるが、一行も進まず、頭を悩ませていた。その話を聞いたマーティの親友である売れない俳優のビリー・ビックルは、巷を騒がせている殺人鬼“ダイヤのジャック”をモデルにすればいいとアドバイス。アドバイスを元にマーティは執筆に取り掛かるが、ビリーはマーティに黙って「サイコパス大募集!」という新聞広告を打ち、それを見た自称サイコパスが次々とマーティの元を訪れるようになる。本業で稼げないビリーは、友人のハンス・キェシロフスキと組んで、散歩中の犬を誘拐し、ハンスが犬を届けに行きお礼を貰ってくるという詐欺を働いていた。ある日、ビリーが誘拐した犬は、マフィアのチャールズ・コステロの愛犬だったため、ビリーとハンスはコステロから追われる羽目になってしまう―――――


グランド・イリュージョン」とはしごしたので、思わぬウディ・ハレルソン祭りになってしまったのでした。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:マーティン・マクドナー コリン・ファレル サム・ロックウェル ウディ・ハレルソン クリストファー・ウォーケン トム・ウェイツ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
アイアンマン2 
2012年08月30日 (木) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
アイアンマン2アイアンマン2/IRON MAN 2
2010年/アメリカ/124分
監督: ジョン・ファヴロー
出演: ロバート・ダウニー・Jr/グウィネス・パルトロー/ドン・チードル/スカーレット・ヨハンソン/サム・ロックウェル
公式サイト

自分がアイアンマンであることを公表したトニー・スターク。政府は、強力な兵器でもあるパワードスーツを個人が持つことは好ましくないとスーツの引き渡しを求めるが、トニーは自分とスーツは一体であると引き渡しを拒否する。トニーはスターク・インダストリーズの全権を秘書のペッパー・ポッツに譲り、アイアンマンとして活動をしていたが、アーク・リアクターに使用しているパラジウムの毒素により、命の危険に晒されていた。そんな時、トニーの前にイワン・ヴァンコという男が、自ら作り上げたアーク・リアクターを動力としたパワードスーツと金属を分断できる武器“エレクトリック・デス・ウィップ”を持って襲い掛かる。イワンは父親アントンから引き継がれた因縁で、トニーを深く恨んでいた。商売敵であるジャスティン・ハマーはパワードスーツを複製し国防総省との契約を目論み、イワンを脱獄させて囲い込む。一方、トニーは“SHIELD”のニック・フューリー長官と出会い、新しい秘書ナタリー・ラッシュマンが実は彼の指令を受けた女スパイ“ブラック・ウィドー”であることを知る。トニーはニックから、父ハワードの遺志を継ぎアーク・リアクターの改善を指示され、それがパラジウム中毒の問題も解決すると告げられるが―――――


これを観ておかないと「アベンジャーズ」は観れまい。「インクレディブル・ハルク」は…えーと (^_^;)
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ジョン・ファヴロー ロバート・ダウニー・Jr グウィネス・パルトロー ドン・チードル スカーレット・ヨハンソン サム・ロックウェル 「アイアンマン」シリーズ 「アベンジャーズ」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
月に囚われた男 
2012年03月17日 (土) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
月に囚われた男月に囚われた男/MOON
2009年/イギリス/97分
監督: ダンカン・ジョーンズ
出演: サム・ロックウェル/ドミニク・マケリゴット/カヤ・スコデラーリオ
声の出演: ケヴィン・スペイシー
公式サイト

エネルギー燃料を、月の裏側にある石“ヘリウム3”で補うようになって早数年。“ヘリウム3”の採掘を行っているルナ産業の社員サム・ベルは、3年間の契約で月の基地“サラン”に派遣されていた。通信衛星が故障しているため、地球に残してきた妻子と直接話が出来ず、唯一の話し相手はロボットのガーティだけという日々を過ごし、あと2週間でその契約も切れ、地球に帰る日を心待ちにしていた。しかし、調子の悪い採掘機の様子を見に行った時に事故に遭う。サムは基地で目覚め、自分が助かったことを知るが、体調が元に戻るまでは外へ出ることを禁じられる。サムはガーティに無理を言って事故現場へと出かけていき、そこで瀕死の状態である男を見つけ、基地へ連れ帰る。男は自分と瓜二つで、名前は同じサム・ベルだと言う。これはどういうことなのか? 2人のサムは混乱しながらも、この状態を解明しようとするが―――――


劇場公開時に気になってはいたんだけど、結局観逃してしまったんだなー。WOWOWで放映したのを録画して、やっと観られました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ダンカン・ジョーンズ サム・ロックウェル ドミニク・マケリゴット カヤ・スコデラーリオ ケヴィン・スペイシー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
カウボーイ&エイリアン 
2011年10月02日 (日) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
カウボーイ&エイリアンカウボーイ&エイリアン/COWBOYS & ALIENS
2011年/アメリカ/118分
監督: ジョン・ファヴロー
出演: ダニエル・クレイグ/ハリソン・フォード/オリヴィア・ワイルド/サム・ロックウェル/アダム・ビーチ
公式サイト
公開: 2011年10月22日


1873年、アリゾナの荒野で男は目を覚ます。しかし自分が何故ここにいるのか、自分が何者なのか、名前さえも思い出せず、腹には傷があり、腕には奇妙な腕輪がはまっている。そして、側には女の写真が残されていた。情報を求めて男は近くの町まで行くが、その町は牧場の経営で財を成したカーネル・ウッドロー・ダラーハイドが支配しており、息子パーシーはそれをかさに着てやりたい放題だった。酒場で暴れて威嚇のため発砲していたパーシーを見た男は、パーシーをやり込め、1人酒場で呑んでいると、エラと名乗る若い女性が話しかけてくる。男は自分の過去を知っている様子のエラと話をしていると、男の正体がダラーハイドの現金を強奪し手配されているジェイク・ロネガンと知ったタガート保安官がやってくる。ジェイクは、撃った弾が保安官補に当たってしまったパーシーとともに連邦保安官に引き渡されることになるが、その時、町の上空に奇妙な物体が現れる。物体は飛行しながら町を攻撃し、そしてパーシーやタガート保安官を始め町の人間が数人連れ去られてしまう。連れ去られた者たちを助け出すため、ダラーハイドはパーシーの目付役ナット、エラ、妻をさらわれた酒場の主人ドク、タガート保安官の孫エメットたちと飛行物体が去った方角を目指して出発するが、ジェイクは彼らと行動をともにせず、1人で飛行物体の後を追う―――――


カウボーイとエイリアンってアンドで結ばれるもんじゃないだろ? (;・∀・) と、金を払って観る気は全然なかったので、試写が当たってラッキー
東京独女スタイルのご招待です。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:ジョン・ファヴロー ダニエル・クレイグ ハリソン・フォード オリヴィア・ワイルド サム・ロックウェル ポール・ダノ ノア・リンガー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。