fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > シエナ・ミラー
フォックスキャッチャー 
2015年03月04日 (水) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
フォックスキャッチャーフォックスキャッチャー/FOXCATCHER
2014年/アメリカ/135分
監督: ベネット・ミラー
出演: スティーヴ・カレル/チャニング・テイタム/マーク・ラファロ/シエナ・ミラー/ヴァネッサ・レッドグレーヴ
公式サイト
公開: 2015年02月14日

1984年のロス五輪で、兄弟でレスリングの金メダルを獲得したマーク・シュルツ。しかしアメリカではレスリングはマイナースポーツであるが故に、金メダリストでありながらも、苦しい生活を送っていた。兄デイヴも家庭があり、マークは練習もままらなず、ソウル五輪への出場も危ぶまれるほどだった。ある日、アメリカ有数の財閥であるデュポン家の御曹司ジョン・E・デュポンが、自らが所有するレスリングチーム“フォックスキャッチャー”へ、マークとデイヴをスカウトする。願ってもいない申し出に、マークはジョンの話を受けることにするが、デイヴは家族のためにペンシルバニアへの移住を断り、マークは1人で“フォックスキャッチャー”へやってくる。これまでとは全く違った恵まれた環境の中、マークはジョンとトレーニングに励んでいたが、常識から外れたジョンの本性が露わになるにつれ、マークは精神的に追いつめられていく。やがてジョンはマークを見放し、執拗にデイヴをチームにスカウトするようになる。デイヴは家族とともにペンシルバニアへ移り住み、“フォックスキャッチャー”への参加を果たすが…


これもすごく気になっていました。わたしが無知なだけかもしれないが、これが実話っていうのにびっくり。大事件だと思うけど、当時話題になったんですかねえ。全然記憶にないけど。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ベネット・ミラー スティーヴ・カレル チャニング・テイタム マーク・ラファロ シエナ・ミラー ヴァネッサ・レッドグレーヴ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
アメリカン・スナイパー 
2015年03月02日 (月) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
アメリカン・スナイパーアメリカン・スナイパー/AMERICAN SNIPER
2014年/アメリカ/132分
監督: クリント・イーストウッド
出演: ブラッドリー・クーパー/シエナ・ミラー/ルーク・グライムス/ジェイク・マクドーマン/ケヴィン・レイス
公式サイト
公開: 2015年02月21日

父親から「悪い人間から人々を守る者になれ」と育てられてきたクリス・カイル。幼い頃から弟ジェフをイジメから守ったり、人一倍正義感が強かったクリスは、海軍の新兵募集のチラシを見て、ジェフと共に入隊、日々訓練に励んでいた。そんな中、タヤと知り合い結婚するものの、カイルは結婚式の直後にイラクへと派兵される。子供の頃から父親と鹿狩りをしていたカイルは狙撃手としての才能を発揮し、その腕で何度も仲間たちの危機を救ってきた彼は、いつしか“伝説(レジェンド)”と呼ばれるようになる。任務を果たし帰国したカイルは、タヤともうすぐ産まれる子供と幸せに暮らすはずだった。しかし、アルカイダの狙撃手ムスタファが米兵を狙撃している映像を売っていることを知ったカイルは憤りを募らせ、家族を置いて再び戦場へと戻っていく―――――


イーストウッド×ブラッドリーってことで、楽しみにしていました。これって実話だったんですね。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:クリント・イーストウッド ブラッドリー・クーパー シエナ・ミラー ルーク・グライムス ジェイク・マクドーマン ケヴィン・レイス 第87回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
レイヤー・ケーキ 
2006年07月11日 (火) | EDIT |
 ユーロースペースにて鑑賞
レイヤー・ケーキレイヤー・ケーキ/LAYER CAKE
2004年/イギリス/105分
監督: マシュー・ヴォーン
出演: ダニエル・クレイグ/コルム・ミーニイ/ケネス・クラナム/ジョージ・ハリス/ジェイミー・フォアマン
公開: 2006年07月01日
公式サイト

私は、麻薬を扱うビジネスマン。表向きの商売、不動産賃貸業でもそこそこの利益を上げている。裏稼業は、ボスのジミー・プライスが右腕であるジーンを介して依頼してくる仕事を仲間4人で請けていた。仕事が好調なうちに引退することを決めていた私は、ある日、引退を申し出るつもりでジミーとの会食に出かけたところ、やむを得ず新たな2つの依頼を受けることになる。1つは、ジミーの親友エディ・テンプルの娘がヤク中で、治療中の病院を抜け出し失踪した彼女を捜すこと。もう1つは、デュークが持ち込もうとしている、100万錠の高純度エクスタシーを上手く売りさばくこと。実は、デュークの持つエクスタシーは、国際的に指名手配を受けているセルビア人、スラヴォから奪い取ったものだった。スラヴォはデュークに対して凄腕の殺し屋ドラガンを送り込んだという。そしてデュークの仲間であるポールが殺され、スラヴォに私の名前が知られてしまい、私自身もスラヴォから狙われる身となってしまう。デュークの甥シドニーのガールフレンド、タミーといい感じになった時に、私は突然何者かに拉致される。私を拉致したのは、娘を捜して欲しいとジミーを通して依頼していたはずのエディだった。私はエディの口から、意外な真実を知らされる―――――


近くに座っていた人が、何かことあるごとに映画に反応して声を出すので、ちょっとうざかった…。こればっかりは、わざと喋ったりしている訳ではないので、何も言えないけどさ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:マシュー・ヴォーン ダニエル・クレイグ コルム・ミーニイ ケネス・クラナム ジョージ・ハリス ジェイミー・フォアマン シエナ・ミラー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。