fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ショーン・レヴィ
リアル・スティール 
2012年01月06日 (金) | EDIT |
 TOHOシネマズ 渋谷にて鑑賞
リアル・スティールリアル・スティール/REAL STEEL
2011年/アメリカ/128分
監督: ショーン・レヴィ
出演: ヒュー・ジャックマン/ダコタ・ゴヨ/エヴァンジェリン・リリー/アンソニー・マッキー/ケヴィン・デュランド
公式サイト
公開: 2011年12月09日


2020年、人間同士が戦う格闘技は廃れ、いまや戦うのはロボット同士というロボットボクシングが主流となっていた。元ボクサーのチャーリー・ケントンもまた、ロボットを操る側へと転換し、アメリカ中を巡業していたが、思うように稼げず借金まみれ、現役時代から世話になっているジムのオーナー、ベイリー・タレットもジムの経営に苦しんでいた。そんなチャーリーの元に、元恋人のキャロラインが亡くなり、10年も会っていない息子のマックスが遺されたと聞かされる。マックスの親権をめぐる裁判の場で、キャロラインの姉デブラ・バーンズがマックスを引き取りたがっていること、バーンズ家が裕福であることを見て取ったチャーリーは、デブラの夫マーヴィンと交渉し、10万ドルで親権を渡すことと、バーンズ夫妻がバカンスに行っている夏の間マックスを預かることで合意する。かくしてひと夏を共に過ごすことになった親子だったが、お互いに接し方に戸惑うばかり。チャーリーの巡業についていくことになったマックスは、廃材置き場で古いロボットを見つける。マックスは“ATOM”と書かれたそのロボットを持ち帰り、ロボットボクシングに出してほしいとチャーリーに頼むが、チャーリーは相手にしない。しかし、ATOMには“シャドー機能”という、持ち主の真似をする機能が備わっていた。そしてマックスによって改良されたATOMは驚くべき能力を発揮する―――――


今頃になってしまいましたが…これが2011年最後の映画鑑賞でした。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ショーン・レヴィ ヒュー・ジャックマン ダコタ・ゴヨ エヴァンジェリン・リリー アンソニー・マッキー ケヴィン・デュランド 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。