FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ジェシー・アイゼンバーグ
2016年09月07日 (水) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞
グランド・イリュージョン 見破られたトリックグランド・イリュージョン 見破られたトリック/NOW YOU SEE ME 2
2016年/アメリカ/129分
監督: ジョン・M・チュウ
出演: ジェシー・アイゼンバーグ/マーク・ラファロ/ウディ・ハレルソン/デイヴ・フランコ/ダニエル・ラドクリフ
公式サイト
公開: 2016年09月01日

保険屋アーサー・トレスラーから大金を奪い、世間をあっと言わせた事件から1年。マジシャン集団“フォー・ホースメン”から、紅一点だったヘンリー・リーブスが去ったものの、J・ダニエル・アトラス、メリット・マッキニー、ジャック・ワイルダーの3人は潜伏しながら、表舞台へと返り咲く機会を待っていた。そしてついに、FBI捜査官にして“フォー・ホースメン”のリーダー、ディラン・ローズから招集がかかる。IT企業オクタが、新作の携帯電話を使って顧客の個人情報を集め、闇マーケットに売ろうとしていることを突き止め、これを阻止するためにオクタのプレゼンを乗っ取り、陰謀を暴く計画を立てる。ディランはヘンリーの代わりの新メンバーとしてルーラを加え、プレゼンの日を迎える。ところが、何者かによって“フォー・ホースメン”の乗っ取りは阻止され、ジャックの生存どころか黒幕がディランであることまでも暴露された挙句、“フォー・ホースメン”はNYのビルからマカオへと拉致されてしまう。仕組んだのは、オクタのCEOの片腕で、死んだとされていた天才エンジニア、ウォルター・メイブリーだった。ウォルターは、世界中のコンピュータにアクセスできるというチップをオクタから盗み出すように“フォー・ホースメン”を脅す。ディランは、1年前に捕らえたサディアス・ブラッドリーが事件に絡んでいるとにらみ、サディアスに“フォー・ホースメン”の居場所を問いただすが―――――


前作が好みだったので、絶対観ようと思っていて、公開されてすぐ行ってきました! レビューが遅いだけなのよ~
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ジョン・M・チュウ ジェシー・アイゼンバーグ マーク・ラファロ ウディ・ハレルソン デイヴ・フランコ ダニエル・ラドクリフ リジー・キャプラン モーガン・フリーマン 「グランド・イリュージョン」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2013年11月10日 (日) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞
グランド・イリュージョン 赤ver.グランド・イリュージョン 白ver.グランド・イリュージョン/NOW YOU SEE ME
2013年/フランス、アメリカ/116分
監督: ルイ・ルテリエ
出演: ジェシー・アイゼンバーグ/マーク・ラファロ/ウディ・ハレルソン/メラニー・ロラン/アイラ・フィッシャー
公式サイト
公開: 2013年10月25日

J・ダニエル・アトラス、メリット・マッキニー、ヘンリー・リーブス、ジャック・ワイルダーの4人のマジシャンからなるユニット“フォー・ホースメン”は、ラスベガスでのマジックショーで、観客の1人を無作為に選び、その取引銀行の金庫に瞬間移動させ、金を盗み出すと宣言する。大勢の観客たちの中から無作為に選んだ1人エティエンを、その取引銀行へと瞬間移動させる。エティエンが持つカメラから同時中継されていたその様子を見て、観客は沸きたつ。そして証拠として直筆のカードを金庫に残し、金庫の金をエアダクトで吸い上げ、その金はラスベガスの会場の天井から観客の頭上へ降り注いだ。実際に銀行の金庫から300万ユーロが消え失せていたため、FBIはアトラスたち4人とエティエンを逮捕する。ディラン・ローズ刑事は、インターポールから派遣されたアルマ・ドレイと共に事件を担当するよう命じられるが、事情聴取に対して人を食ったような態度を取る4人に歯が立たず、FBIは4人を釈放せざるを得なかった。ローズとアルマは、マジックの種明かしを生業としている元マジシャン、サディアス・ブラッドリーの協力を得て、トリックを解明しようとする。しかし、“フォー・ホースメン”がニューオーリンズでショーを開こうとしていると知り、ローズとアルマはサディアスと共に会場へ向かうが―――――


2種類のチラシが面白かったので、両方載せてみました。バックが赤い方は、追われる“フォー・ホースメン”、白い方は追うFBI&サディアスとなっていて、赤白対比させています。裏面は同じ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ルイ・ルテリエ ジェシー・アイゼンバーグ マーク・ラファロ ウディ・ハレルソン メラニー・ロラン アイラ・フィッシャー モーガン・フリーマン 「グランド・イリュージョン」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
嗤う分身 
2013年10月26日 (土) | EDIT |
 第26回東京国際映画祭にて鑑賞
嗤う分身嗤う分身/THE DOUBLE
(ザ・ダブル 分身[第26回東京国際映画祭])
2013年/イギリス/93分
監督: リチャード・アイオアディ
出演: ジェシー・アイゼンバーグ/ミア・ワシコウスカ/ウォーレス・ショーン/ノア・テイラー
公式サイト
公開: 2014年11月08日

ある朝、サイモン・ジェームスは通勤途中の電車で鞄を失くしてしまう。そのまま出社するもIDがなく、サイモンは入口で警備員に止められ、社員だと主張するが印象が薄いサイモンは信じてもらえず、入社許可証を書かされる始末。そんなサイモンは、同じ会社のコピー室に配属されているハナに恋心を抱いており、ハナに会うためにわざわざ用事を作ってコピー室に通いつめ、そして向かいのアパートに住む彼女の部屋を、毎日望遠鏡で覗き見していた。ある日、サイモンと全く同じ顔をしたジェームス・サイモンという男が入社してくる。サイモンは仰天し、同僚にジェームスが自分と瓜二つだと訴えるが、全く意に介さない様子。要領のいいジェームスは、サイモンの仕事の成果を奪い、そしてハナまでも奪っていく―――――


これはかなり気になっていました。ただ、作品紹介に“不条理スリラー”とあったので、ちょっと不安ではあったのですが…
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:東京国際映画祭
GENRE:映画
TAG:リチャード・アイオアディ ジェシー・アイゼンバーグ ミア・ワシコウスカ ウォーレス・ショーン ノア・テイラー 第26回東京国際映画祭 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2011年12月27日 (火) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞
ピザボーイ 史上最凶のご注文ピザボーイ 史上最凶のご注文/30 MINUTES OR LESS
2011年/アメリカ/82分
監督: ルーベン・フライシャー
出演: ジェシー・アイゼンバーグ/アジズ・アンサリ/ダニー・マクブライド/ニック・スウォードソン/マイケル・ペーニャ
公開: 2011年12月03日
公式サイト

退役軍人である厳格な父親にうんざりしていたトラヴィスは、友人ドウェインと、父親を殺して彼が当てた宝くじの当選金を手に入れる計画を立てる。10万ドルで殺しを引き受けるというチャンゴと連絡を取るが、金がない2人は、無関係の者を脅して銀行強盗をやらせ、金を奪い取ればいいと考え、宅配ピザの配達にやってきたニックを拘束する。体に時限爆弾を撒きつけられたニックは、銀行強盗をせざるを得なくなり、親友のチェットに助けを求めるが―――――


レイトのみになってしまう前に慌てて行ってきました。時間があまりなくて、観たい映画がどんどん縮小&終了してしまう~~
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ルーベン・フライシャー ジェシー・アイゼンバーグ アジズ・アンサリ ダニー・マクブライド ニック・スウォードソン マイケル・ペーニャ  
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2011年01月29日 (土) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
ソーシャル・ネットワークソーシャル・ネットワーク/THE SOCIAL NETWORK
2010年/アメリカ/120分
監督: デヴィッド・フィンチャー
出演: ジェシー・アイゼンバーグ/アンドリュー・ガーフィールド/ジャスティン・ティンバーレイク/アーミー・ハマー/マックス・ミンゲラ
公式サイト
公開: 2011年01月15日

2003年の秋、ハーバード大学の2年生マーク・ザッカーバーグは、恋人エリカ・アルブライトに振られたその夜、大学にいる女の子たちの写真を比べて優劣をつけるサイト“フェイスマッシュ”を立ち上げる。“フェイスマッシュ”は学生の間にあっという間に広がり、大学のサーバがダウンする事態に陥る。マークは、彼の才能に目をつけたキャメロンとタイラー・ウィンクルボス兄弟とディビヤ・ナレンドラに声を掛けられ、彼らが作ろうとしているサイトの手伝いを頼まれる。“ハーバード・コネクション”と名付けられたそのサイトは、ハーバードの学生のみを対象としてコミュニケーションを目的としたものだった。マークは彼らの依頼を承諾するが、一方で、親友のエドゥアルド・サベリンに声をかけ、“ハーバード・コネクション”に着想を得たコミュニケーションサイト“ザ・フェイスブック”を作り始める。“ザ・フェイスブック”は瞬く間に広がり、それを知ったウィンクルボス兄弟とディビヤは、自分たちのアイデアを盗まれたと、マークを告訴することを検討する。そして音楽ファイル交換サイト“ナップスター”を立ち上げたショーン・パーカーがマークたちに連絡を寄越す。エドゥアルドはショーンを胡散臭く思うが、マークは彼に心酔していき、エドゥアルドとの間に亀裂が生じていく―――――


第68回ゴールデン・グローブ賞のドラマ部門で作品賞を獲得。特に興味はなかったんだけど、一応押さえておくべきかと思いまして。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:デヴィッド・フィンチャー ジェシー・アイゼンバーグ アンドリュー・ガーフィールド ジャスティン・ティンバーレイク アーミー・ハマー マックス・ミンゲラ 第68回ゴールデン・グローブ賞 第83回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ゾンビランド 
2010年08月27日 (金) | EDIT |
 テアトルダイヤにて鑑賞
ゾンビランドゾンビランド/ZOMBIELAND
2009年/アメリカ/87分
監督: ルーベン・フライシャー
出演: ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/アビゲイル・ブレスリン/エマ・ストーン
公開: 2010年07月24日
公式サイト

ゾンビウィルスが蔓延し、“ゾンビ合衆国”になってしまったアメリカ。そんな中で、独自のルールを守り何とか生き抜いてきた1人の男“コロンバス”は、人との付き合いが苦手な引きこもり。しかし疎遠になっていた親に会うため、故郷を目指して歩き始める。そこへ車で通りかかった、ゾンビ退治を生きがいとしている男“タラハシー”。コロンバスはタラハシーの車に乗せてもらい、故郷へ向かうが、“ウィチタ”と“リトルロック”の姉妹と出会い、銃や車を騙し取られてしまう。しかしゾンビがいないという、ロサンゼルスにある“パシフィックランド”を目指している2人に、ひょんなことからコロンバスとタラハシーも同行することに。共に過ごすうち、コロンバスはウィチタに心惹かれていくが―――――


ゾンビ映画はほとんど観たことがありません。心理的にぞくぞくするようなホラーとかサスペンスが好きなので、ゾンビ映画はコメディっぽく感じてしまって敬遠しちゃうんだよね。でもmigさんのオススメでしたので、終わる寸前に行って来ました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ルーベン・フライシャー ウディ・ハレルソン ジェシー・アイゼンバーグ アビゲイル・ブレスリン エマ・ストーン ビル・マーレイ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
イカとクジラ 
2006年12月06日 (水) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
イカとクジライカとクジラ/THE SQUID AND THE WHALE
2005年/アメリカ/81分
監督: ノア・バームバック
出演: ジェフ・ダニエルズ/ローラ・リニー/ジェシー・アイゼンバーグ/オーウェン・クライン/ウィリアム・ボールドウィン
公開: 2006年12月02日
公式サイト

1986年、ブルックリンで暮らすバークマン家。父バーナードと母ジョーンは共に作家で、バーナードは、昔は有名だったが今は全く売れずにスランプ状態、生活費を稼ぐために大学の講師をしている。逆にジョーンは新進作家として、華々しいデビューを飾ったばかり。16歳の兄ウォルトは父親の影響で文学にかぶれており、4歳下の弟フランクはプロテニスプレイヤーになることを夢見て、日々練習に励んでいた。
ところがある日、突然両親が離婚することに。兄弟は猫と一緒に、両親の家を一日おきに行ったり来たり。バーナードは離婚の原因がジョーンの浮気にあると子供たちに暴露し、ジョーンもそれを認めたために、兄弟は混乱を来す。そんな生活がストレスになって、フランクはビールを飲み始め、学校で奇行を繰り返す。また、兄のウォルトも学園祭のコンテストでピンク・フロイドの曲を自作だと偽って披露したり、読んでもいない本を読んだとしてレポートを提出していることが判明。バラバラになった家族の行く末は―――――


観終わって家に帰ってきたら、劇場招待券2枚とパンフレットが届いていました。応募したのをすっかり忘れていた… _ノ乙(、ン、)_ こういうもんは公開前に送ってくれなくちゃ。応募するくらいなんだから、早々に観るに決まってんじゃん…
パンフレットは買わなかったからいいとしても、チケット、誰か買わない? (´Д⊂グスン
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ノア・バームバック ジェフ・ダニエルズ ローラ・リニー ジェシー・アイゼンバーグ オーウェン・クライン ウィリアム・ボールドウィン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。