fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ジェラール・ドパルデュー
2013年03月14日 (木) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日/LIFE OF PI
2012年/アメリカ/127分
監督: アン・リー
出演: スラージ・シャルマ/イルファン・カーン/アディル・フセイン/タブー/レイフ・スポール
公式サイト
公開: 2013年01月25日


カナダに住むパイことピシン・モリトール・パテルの元へ、小説家の男が訪ねてくる。小説のネタを探している彼は、パイが壮絶な経験をしていると聞きこんできており、パイは彼に自身の経験を話し始める。
パイの父親サントッシュはインドのポンディシェリで動物園を営んでおり、家族は動物園で暮らしていた。ある日、サントッシュは動物園を売って、家族でカナダに移住することを決める。動物たちとともにカナダに向け船出したパイたちだったが、途中で嵐に遭い、船は沈没してしまう。パイは救命ボートに乗り移るが、シマウマ、ハイエナ、オランウータン、そしてベンガルトラのリチャード・パーカーもボートに乗り込んでいた。やがて、シマウマ、ハイエナ、オランウータンは死んでしまい、パイとリチャード・パーカーの長く過酷な漂流が始まる―――――


この映画のCMを観た父親から「ライフ・オブ・パイのパイってどういう意味? (-"-;) ?? 」と聞かれて、前情報をほとんど入れていなかったんで、さぁなんだろねー??としか答えられなかったんだけど、人の名前だったのね。。。おとーさん、悩む必要なかったよ。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アン・リー スラージ・シャルマ イルファン・カーン アディル・フセイン タブー レイフ・スポール ジェラール・ドパルデュー 第85回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
しあわせの雨傘 
2011年01月23日 (日) | EDIT |
 新宿ピカデリーにて鑑賞
しあわせの雨傘しあわせの雨傘/POTICHE
2010年/フランス/103分
監督: フランソワ・オゾン
出演: カトリーヌ・ドヌーヴ/ジェラール・ドパルデュー/ファブリス・ルキーニ/カリン・ヴィアール/ジュディット・ゴドレーシュ
公式サイト
公開: 2011年01月08日


1977年、フランスにある雨傘工場の社長令嬢スザンヌ・ピュジョルは、2人の子供も既に独立させ、悠々自適の生活を送る優雅な主婦。亭主関白な夫ロベールはスザンヌを“飾り壷”と揶揄するほど妻の自由を許さず、しかし自分は秘書のナデージュと浮気するなどやりたい放題だった。会社経営も同じように行っていたが、ある日、工場の労働者が職場改善を求めてストライキを実施、ロベールは断固として応じなかったが、心臓の弱かった彼は発作を起こし倒れてしまう。事態の打開を求めて、スザンヌはモリス・ババン市長に仲裁を頼みに行く。2人は若い頃に一夜だけの関係を結んだことがあり、モリスは未だスザンヌに想いを残していたのだった。モリスが間に入り一応ストライキは収まったものの、ロベールが療養している間だけスザンヌが工場経営を行うことになる。意外な才能を発揮し、工場経営を軌道に乗せたスザンヌ。そこへロベールが3ヶ月間の療養生活から工場に復帰することになるが―――――


オゾンの新作ってことで気になっていたので、行って来ました~1週間以上前に… orz
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:フランソワ・オゾン カトリーヌ・ドヌーヴ ジェラール・ドパルデュー ファブリス・ルキーニ カリン・ヴィアール ジュディット・ゴドレーシュ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2006年12月28日 (木) | EDIT |
 銀座テアトルシネマにて鑑賞
あるいは裏切りという名の犬あるいは裏切りという名の犬/36 QUAI DES ORFEVRES
2004年/フランス/110分
監督: オリヴィエ・マルシャル
出演: ダニエル・オートゥイユ/ジェラール・ドパルデュー/アンドレ・デュソリエ/ヴァレリア・ゴリノ/ロシュディ・ゼム
公式サイト
公開: 2006年12月16日


パリ警視庁のレオ・ヴリンクスとドニ・クラン。かつて2人は親友同士だったが、同じ1人の女性カミーユを愛し、彼女がレオを選んだことから友情は決裂。レオが束ねる探索出動班(BRI)とドニが束ねる強盗鎮圧班(BRB)も対立を深めており、また近々異動する予定の警視庁長官の後釜をめぐってライバル同士となっていた。そんな中、パリでは現金輸送車が強盗団に襲われる事件が頻発していた。レオは服役中の情報屋ユゴー・シリアンが特別外泊となった夜、呼び出されて「30分だけ自分と一緒にいて欲しい」と頼まれる。しかしシリアンは自分を密告し刑務所に送り込んだ相手マルキュス・ゼルビブを撃ち殺し、レオは強盗団の情報を教えるかわりにアリバイを証言して欲しいとシリアンに脅される。自分がアリバイ作りに利用されたと激怒するレオだったが、脅しに屈し、アリバイを証言するはめになる。そしてシリアンの情報を元に強盗団を追いつめ捕らえようとするが、レオの指示を無視したドニが単独で強盗団に近付き、それと気付いた強盗団と銃撃戦が始まり、その結果レオの相棒エディが撃ち殺され、強盗団も取り逃がしてしまう。BRIの仲間たちはドニに対して反発運動を起こし、ドニは調査委員会にかけられる。そんな時、ドニの元に、ゼルビブ殺人事件の現場に居合わせた女から、現場にレオが居合わせたという情報が寄せられる。追いつめられていたドニはそのことを調査部に密告、レオは捕らえられ、投獄されてしまう―――――


前々から気になっていたこの映画。タイトルも素敵と思っていたのですが、主役2人がオヤジってのがたまらんでしょー(笑)
水曜日だったせいもあるだろうけど、激混みでした。これから観に行く方は要注意。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:オリヴィエ・マルシャル ダニエル・オートゥイユ ジェラール・ドパルデュー アンドレ・デュソリエ ヴァレリア・ゴリノ ロシュディ・ゼム 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。