fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ジャネット・マクティア
アルバート氏の人生 
2013年02月10日 (日) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
アルバート氏の人生アルバート氏の人生/ALBERT NOBBS
2011年/アイルランド/113分
監督: ロドリゴ・ガルシア
出演: グレン・クローズ/ミア・ワシコウスカ/アーロン・ジョンソン/ジャネット・マクティア/ブレンダン・グリーソン
公式サイト
公開: 2013年01月18日


19世紀、アイルランドにあるモリソンズ・ホテルのベテランウェイター、アルバート・ノッブスは、いつかタバコ店を営むことを夢見て、地道に貯金を続けながら、誰にも心を開かず孤独に生きてきた。ある日、ホテルの女主人ミセス・ベイカーの命令で、塗装職人のヒューバート・ペイジを自分の部屋に泊めることになったアルバートは、ヒューバートに自らが抱える秘密を知られてしまう。アルバートは、実は男と偽って生きてきた女性だったのだ。ヒューバートは誰にも秘密を明かさないと約束し、その理由として、自分も実は女性だと打ち明ける。しかも女性と結婚しているというヒューバートに驚いたアルバートは、ヒューバートやヒューバートの妻キャスリーンと親しくなるうちに、彼らの生き方に影響されていく。そしてアルバートは、同じホテルで働くウェイトレスのヘレン・ドウズをデートに誘うが、彼女はボイラー技士ジョー・マキンスに夢中だった。ヘレンはジョーに唆され、アルバートに高価なものを要求するが、良心の呵責に悩まされるようになる。やがてアルバートはヘレンに結婚を申し込むが、ヘレンはジョーの子供を身ごもっていることがわかる―――――


第24回東京国際映画祭で上映されていたのですが、観損ねちゃいまして。良かったよー上映決まって。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ロドリゴ・ガルシア グレン・クローズ ミア・ワシコウスカ アーロン・テイラー=ジョンソン ジャネット・マクティア ブレンダン・グリーソン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2012年12月23日 (日) | EDIT |
 シネ・リーブル池袋にて鑑賞
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館/THE WOMAN IN BLACK
2012年/イギリス、カナダ、スウェーデン/95分
監督: ジェームズ・ワトキンス
出演: ダニエル・ラドクリフ/キアラン・ハインズ/ジャネット・マクティア/リズ・ホワイト
公開: 2012年12月01日
公式サイト

弁護士のアーサー・キップスは、息子ジョセフの出産の際に妻を亡くしその悲しみから立ち直れず、未だに彼女の面影を引きずっていた。上司から、最近亡くなった顧客アリス・ドラブロウ夫人の遺品の整理をし、遺言状を見つけ出すよう命令されたアーサーは、ジョセフをロンドンに残し、ドラブロウ夫人の館のある町クライシン・ギフォードへと出かけていく。アーサーは、宿の主人を始めとする町の人間が自分を町から追い出そうとしていることを感じるが、行きの汽車の中で知り合った町の名士サム・デイリーだけが彼に協力的だった。アーサーは強引に“イールマーシュの館”と呼ばれるドラブロウ夫人の館を訪れ、遺品の整理を始めるが、敷地内で度々黒衣の女を見かけるようになる。アーサーは夫人の遺品から、夫人にはナサニエルという息子がいたこと、沼で溺死し、遺体が発見されなかったことを知る。町で子供が死ぬ事件が相次ぎ、屋敷でも不気味なことが頻発するようになり、夫人の事情と関連があるのではと思ったアーサーは、デイリーとともに真相を突き止めようとするが―――――


これも、都内ではほとんど上映が終わっちゃったかな。ハリー・ポッターことダニエル・ラドクリフがシリーズ終了後に選んだ作品だということで、観に行ってきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ジェームズ・ワトキンス ダニエル・ラドクリフ キアラン・ハインズ ジャネット・マクティア リズ・ホワイト 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。