fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ジュディ・デンチ
2016年02月16日 (火) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章/THE SECOND BEST EXOTIC MARIGOLD HOTEL
2015年/イギリス、アメリカ/123分
監督: ジョン・マッデン
出演: ジュディ・デンチ/マギー・スミス/ビル・ナイ/デヴ・パテル/セリア・イムリー
公式サイト
公開: 2016年03月04日

インド、ジャイプールにあるマリーゴールド・ホテルの支配人のソニー・カプーは、宿泊客から副支配人となったミュリエル・ドネリーと共に、ホテルの新館をオープンするための資金を得るため、アメリカ、カリフォルニアへやって来ていた。好感触を得たが、投資家からは鑑定人を差し向けると言われ、2人は帰国する。ミュリエル以外の宿泊客も、イヴリン・グリーンスレイドは生地の買い付け、ダグラス・エインズリーはツアーガイドに職を得て、ノーマン・カズンズはキャロル・パーと結婚し、マッジ・ハードキャッスルは相変わらず婚活に勤しみつつ、マリーゴールド・ホテルで気ままに暮らしていた。イヴリンとダグラスはお互いに好意を寄せあっているものの、イヴリンは一歩を踏み出せずにいた。そして、近く迫ったソニーと婚約者スナイナの結婚式の準備に大わらわな中、ホテルにラヴィニア・ビーチという女性客と、ガイ・チェンバースという男性客が訪れる。ガイが鑑定人と思い込んだソニーは暴走し、何かと彼を厚遇して、融資につなげようとするが…


これも試写が当たったので、一足先に観てきました~。続編が出来るとは思わなかったわ。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:ジョン・マッデン ジュディ・デンチ マギー・スミス ビル・ナイ デヴ・パテル セリア・イムリー リチャード・ギア リレット・デュベイ  「マリーゴールド・ホテル」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2014年03月23日 (日) | EDIT |
 シネスイッチ銀座にて鑑賞
あなたを抱きしめる日まであなたを抱きしめる日まで/PHILOMENA
2013年/フランス、イギリス/98分
監督: スティーヴン・フリアーズ
出演: ジュディ・デンチ/スティーヴ・クーガン/ソフィ・ケネディ・クラーク/アンナ・マックスウェル・マーティン/ミシェル・フェアリー
公式サイト
公開: 2014年03月15日

政府の広報担当をしていた元BBC記者のマーティン・シックススミスは、いざこざから解雇されたが、返り咲きのチャンスを狙っていた。マーティンはとあるパーティに出席した時に、ジェーンという女性から、自分の母親フィロミナが50年前に産んだ息子を探しており、話を聞いて欲しいと持ちかけられる。フィロミナは10代の時に未婚のまま妊娠し、それを恥じた父親からアイルランドにあるロスクレア聖心修道院に預けられ、そこで息子アンソニーを出産する。厳しい下働きに耐えながら、1日1時間だけ会えるアンソニーを心から愛し慈しんでいたフィロミナだったが、ある日突然アンソニーは連れ去られてしまう。フィロミナは修道院を出て、結婚し主婦となっても、アンソニーの行方を探して何度も修道院を訪ねていたが、アンソニーの情報を得ることは出来なかった。マーティンはフィロミナの話を聞き、記者としての再起をかけ、彼女と一緒にアンソニーを探すことにするが―――――


休日のレディースデイってこんなに混むのか。45分前に着いたのに、既に空席は最前列の2席。混んでいるとは思ったけど、びっくりでした。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:スティーヴン・フリアーズ ジュディ・デンチ スティーヴ・クーガン ソフィ・ケネディ・クラーク アンナ・マックスウェル・マーティン ミシェル・フェアリー 第86回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2013年02月17日 (日) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
マリーゴールド・ホテルで会いましょうマリーゴールド・ホテルで会いましょう/THE BEST EXOTIC MARIGOLD HOTEL
2011年/イギリス、アメリカ、アラブ首長国連邦/124分
監督: ジョン・マッデン
出演: ジュディ・デンチ/ビル・ナイ/ペネロープ・ウィルトン/デヴ・パテル/セリア・イムリー
公式サイト
公開: 2013年02月01日


長年連れ添った夫を亡くしたイヴリン・グリーンスレイド。夫が遺した借金を返済するため、住んでいた家を売らなければならなくなったイヴリンは、同居を申し出る息子を押し切り、1人旅立つことを決める。高等法院の判事グレアム・ダッシュウッドは、ふとしたきっかけで突然退職を決意し、以前から気になっていた、ある人物を探しに行こうとしていた。ダグラス・エインズリーと妻のジーンは、ダグラスの退職金を娘の開業資金に貸したが、事業は上手くいかず、老後購入しようとしていた家はイギリスでは購入不可能になってしまう。転んで怪我をしたミュリエル・ドネリー。人工関節の手術が必要となったが、イギリスでは半年待ちのため、転院を選択する。プレイボーイのノーマン・カズンズは、人生最後の目くるめく恋をするべく、出会いを求めていた。数多くの男性と結婚離婚を繰り返してきたマッジ・ハードキャッスルは、息子夫婦と孫たちを置いて、金持ちの新しい夫探しを思い立つ。
それぞれの事情を抱えた男女7人は、インドのジャイプール近郊にあるシニア向けの長期滞在型リゾートホテル“マリーゴールド・ホテル”へやってくる。しかし“マリーゴールド・ホテル”は、ドアがない部屋があったり、部屋の中に鳥が入り込んでいたり、ホームページの写真とは雲泥の差。ホテルの若い支配人ソニー・カプーは、写真は加工したもので、これからその姿になるべく改装中だと言い切る。7人は話が違うと怒るものの、返金さえままならず、滞在を余儀なくされる。イヴリンは今までの自分を変えようと、町へ飛び出していく―――――


すごーく楽しみにしていました。「アルバート氏の人生」とはしごしたんだけど、ちょっと忙しくて記事が追い付かずー
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ジョン・マッデン ジュディ・デンチ ビル・ナイ ペネロープ・ウィルトン デヴ・パテル セリア・イムリー 「マリーゴールド・ホテル」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
J・エドガー 
2012年02月19日 (日) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
J・エドガーJ・エドガー/J. EDGAR
2011年/アメリカ/137分
監督: クリント・イーストウッド
出演: レオナルド・ディカプリオ/ナオミ・ワッツ/アーミー・ハマー/ジョシュ・ルーカス/ジュディ・デンチ
公式サイト
公開: 2012年01月28日


アメリカ連邦捜査局、通称FBIの初代長官を長年勤めたJ・エドガー・フーバーは、これまでの功績を自叙伝として出版するため、口述筆記する広報担当のスミスに過去を語り始める。1919年、過激派によるテロ事件が相次いでおり、自身もテロの対象となったミッチェル・パーマー司法省長官は、司法省内に過激派の対策班を設置し、責任者としてフーバーを抜擢する。フーバーは疑わしい者のリストを作成し、共産主義者を一斉検挙するなど目覚ましい活躍を見せ、対策班が捜査局となった時、24歳にして局長代理となる。フーバーは自ら信じる正義を全うするため、科学捜査を導入してFBIの基礎を作り、一方で要人を監視して秘密を記した極秘ファイルを作成し、それを盾にしてFBIの権力を守ろうとしていた。そんなフーバーの側には、母アニー、そして副長官クライド・トルソンと秘書のヘレン・ガンディが影のように付き添っていた―――――


ドラゴン・タトゥーの女」に引き続いて観てきました。レビューは遅くなりましたが…
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:クリント・イーストウッド レオナルド・ディカプリオ ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ジョシュ・ルーカス ジュディ・デンチ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2011年05月29日 (日) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉/PIRATES OF THE CARIBBEAN: ON STRANGER TIDES
2011年/アメリカ/141分
監督: ロブ・マーシャル
出演: ジョニー・デップ/ペネロペ・クルス/ジェフリー・ラッシュ/イアン・マクシェーン/サム・クラフリン
公式サイト
公開: 2011年05月20日

ロンドンでは、海賊ジャック・スパロウが乗組員を募っており、永遠の生命が手に入るという生命(いのち)の泉を探しに行くらしいという噂が流れていた。その噂を聞いた国王ジョージ2世は捕らわれていたジャックを連行し、スペイン艦隊よりも先に生命(いのち)の泉を探しに行くように命ずるが、ジャックはその場を逃げ出す。噂に身に覚えのなかったジャックだったが、生命(いのち)の泉のありかを示した地図を持っていたため、偽ジャックが集めた乗組員と船をそのまま貰ってしまおうと企む。偽ジャックと対峙したジャックは、その正体が以前捨てた女、アンジェリカと知る。アンジェリカは自分を弄んで捨てたジャックを恨んでおり、そして生命(いのち)の泉を探していた。ジャックはアンジェリカにしてやられてしまい、史上最恐の海賊と恐れられている黒ひげの船“アン王女の復讐号”に一乗組員として放り込まれる。黒ひげは「2週間後に義足の男に殺される」という予言に怯えており、そのために生命(いのち)の泉を探していた。一方、ブラック・パールを失い海軍将校となっていたバルボッサもまた、ジョージ2世の命を受け生命(いのち)の泉を探して出港する。
先に生命(いのち)の泉にたどり着き永遠の命を手にするのは、ジャックたち黒ひげの船か、バルボッサたち英国海軍か、スペイン艦隊か―――――


一応シリーズ全部劇場で観ているからね~。一応3Dで。メガネ 持ってるし、もう3Dはここでしか観ないかも。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ロブ・マーシャル ジョニー・デップ ペネロペ・クルス ジェフリー・ラッシュ イアン・マクシェーン サム・クラフリン アストリッド・ベルジュ=フリスベ ジュディ・デンチ 「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
NINE 
2010年03月21日 (日) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
NINENINE/NINE
2009年/アメリカ/118分
監督: ロブ・マーシャル
出演: ダニエル・デイ=ルイス/マリオン・コティヤール/ペネロペ・クルス/ジュディ・デンチ/ケイト・ハドソン
公式サイト
公開: 2010年03月19日


これまで名作を生み出してきた映画監督グイド・コンティーニ。ここしばらくは評判が良くない作品が続いていたが、新作「イタリア」の撮影が決定する。記者会見を行ったものの、脚本は一文字も書けずにいた。プレッシャーに押しつぶされそうになり、まったく筆が進まないグイドは、妻ルイザや愛人カルラに救いを求めるが…


元々ミュージカル映画は得意じゃないんだけど、「シカゴ」は好きなので、結構期待して初日に行ってきました~
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ロブ・マーシャル ダニエル・デイ=ルイス マリオン・コティヤール ペネロペ・クルス ジュディ・デンチ ケイト・ハドソン ファーギー ソフィア・ローレン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2007年06月06日 (水) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
あるスキャンダルの覚え書きあるスキャンダルの覚え書き/NOTES ON A SCANDAL
2006年/イギリス/92分
監督: リチャード・エアー
出演: ジュディ・デンチ/ケイト・ブランシェット/ビル・ナイ/アンドリュー・シンプソン
公式サイト
公開: 2007年06月02日

ロンドン郊外のセントジョージ総合中学校で歴史を教えているバーバラ・コヴェットは、独身で友人もおらず、職場でも煙たがられ、心の拠り所は愛猫のみと言う孤独な人生を送っていた。
ある日、セントジョージ校に、シーバ・ハートが新しい美術教師としてやってくる。同僚たちは若く美しい彼女に憧れて接近しようとし、彼女に親近感を覚えたバーバラも何とかして彼女に近付こうとする。労働階級の子供が多く集まるこの中学校で、新任の彼女は生徒たちを押さえきれず、ある日生徒が教室で喧嘩をしているところにバーバラが仲裁に入ったのをきっかけに、シーバとバーバラは急接近する。シーバの自宅に招かれるほどに彼女と親しくなったバーバラだが、学校で演芸会が行われた夜、なかなか会場に現れないシーバを探しに美術室を訪れたバーバラが目にしたものは、生徒とセックスに耽るシーバの姿だった。シーバはバーバラを問いつめ、事の成り行きから全てを告白させる。バーバラはこれを機に主導権を握り、シーバを意のままにしようと企むが―――――


この映画で、ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット共に第79回米アカデミー賞、第64回ゴールデングローブ賞等々にノミネートされています。惜しくもどちらも逃していますが。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:リチャード・エアー ジュディ・デンチ ケイト・ブランシェット ビル・ナイ アンドリュー・シンプソン 第79回米アカデミー賞 第64回ゴールデングローブ賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。