fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ジョン・トラヴォルタ
キリングゲーム 
2015年06月07日 (日) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
キリングゲームキリングゲーム/KILLING SEASON
2013年/アメリカ/85分
監督: マーク・スティーヴン・ジョンソン
出演: ジョン・トラヴォルタ/ロバート・デ・ニーロ/マイロ・ヴィンティミリア/エリザベス・オリン

元米軍人のベンジャミン・フォードは、ボスニア紛争に出征した時のトラウマが元で、家族から離れて1人アパラチア山脈の奥地に住まい、隠遁生活を送っていた。ある日、ベンジャミンが車の故障で困っているところを、偶然、静養に来ているというエミール・コヴァチに出会い、助けてもらう。礼に自分が住む小屋へと招き、意気投合した2人は翌日、鹿狩りへ向かう。ところがコヴァチはベンジャミンに「フォード大佐」と呼びかけ、豹変してベンジャミンに矢を射かけてくる。コヴァチは18年前、ボスニアの地でセルビアの“死の部隊”と呼ばれた兵士集団“サソリ”の1人であり、サソリを処刑したベンジャミンに復讐をしようと現れたのだった。ベンジャミンはコヴァチの手から逃れようと、山中を走るが―――――


観たかったんですが、劇場で観そびれていたんだよなあ。そんな訳で、WOWOWでやるのを待っていました。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:マーク・スティーヴン・ジョンソン ジョン・トラヴォルタ ロバート・デ・ニーロ マイロ・ヴィンティミリア エリザベス・オリン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
野蛮なやつら SAVAGES 
2013年03月07日 (木) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
野蛮なやつら SAVAGES野蛮なやつら SAVAGES/SAVAGES
2012年/アメリカ/129分
監督: オリヴァー・ストーン
出演: テイラー・キッチュ/アーロン・ジョンソン/ブレイク・ライヴリー/ジョン・トラヴォルタ/ベニチオ・デル・トロ
公式サイト
公開: 2013年03月08日


植物学者で暴力を好まない仏教徒のベンと元傭兵で物事の解決に暴力を辞さないチョン。まるで正反対の性格の2人は、10代の頃からの親友同士。2人は、最高品質のマリファナを栽培・販売するビジネスを始め、若くして成功をおさめる。そしてO(オフィーリア)を2人の恋人として共有し、カリフォルニアのラグーナ・ビーチで、嫉妬とは無縁の奇妙な三角関係を形成しつつ、3人で楽しく暮らしていた。しかしある日、カリフォルニアへの進出を目論むメキシコの麻薬組織バハカルテルが2人に接触し、提携を持ちかけてくる。2人はこれを拒否し、事業をカルテルに譲り渡して国外へ逃亡することを決めるが、O(オフィーリア)がカルテルに誘拐され、2人は要求を飲まざるを得なくなる。2人はO(オフィーリア)を取り戻すために知恵を駆使するが―――――


久々に試写室で観てきました。試写室だと人数少ないし、ホールよりも椅子はいいし、いいことずくめ。ま、滅多に当たりませんが。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:試写会
GENRE:映画
TAG:オリヴァー・ストーン テイラー・キッチュ アーロン・テイラー=ジョンソン ブレイク・ライヴリー ジョン・トラヴォルタ ベニチオ・デル・トロ サルマ・ハエック 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
パリより愛をこめて 
2010年05月30日 (日) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
パリより愛をこめてパリより愛をこめて/FROM PARIS WITH LOVE
2010年/フランス/95分
監督: ピエール・モレル
出演: ジョン・トラヴォルタ/ジョナサン・リス・マイヤーズ/カシア・スムートニアック
公開: 2010年05月15日
公式サイト

パリのアメリカ大使補佐官ジェームズ・リースは、実は新米CIA職員。日々地味なスパイ活動を行っていたが、未だ重要な仕事を任せられていないため、不満を持っていた。ある日、リースは、麻薬捜査のためにパリへやってくるというチャーリー・ワックスの補佐を命じられる。初めての重要な任務に喜ぶリースだったが、ワックスは優秀なCIA職員であるが、破天荒で無茶な方法を取るため、リースは戸惑うばかり。実はワックスは、あるテロ組織の壊滅を目的に渡仏したのだが、捜査を進めるうちにリースは思わぬ事実に遭遇する…


トラヴォルタとジョナサン・リス・マイヤーズの組み合わせにあまり興味がなく、ぜーんぜんノーチェックだったんだけど、migさんにオススメされたので観て来ましたー
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ピエール・モレル ジョン・トラヴォルタ ジョナサン・リス・マイヤーズ カシア・スムートニアック リュック・ベッソン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
サブウェイ123 激突 
2009年09月12日 (土) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
サブウェイ123 激突サブウェイ123 激突/THE TAKING OF PELHAM 1 2 3
2009年/アメリカ/105分
監督: トニー・スコット
出演: デンゼル・ワシントン/ジョン・トラヴォルタ/ジョン・タートゥーロ/ルイス・ガスマン/マイケル・リスポリ
公開: 2009年09月04日
公式サイト


NY地下鉄に勤務するウォルター・ガーバーは、収賄の疑いをかけられ、降格人事により運行司令室付となっていた。ある日、ガーバーは、1時23分ペラム発の列車が信号でもないのに緊急停車しているのに気付く。不審に思っていると、列車は先頭の1両のみが切り離されてしまう。ガーバーは運転手に連絡を試みるが、応対したのは運転手ではなくライダーと名乗る男だった。ライダーは地下鉄ジャックをしたと言い、乗客を人質に市長から1,000万ドルを要求する。ライダーはガーバーを交渉相手に指名し、偶然通信しただけのガーバーは、否応なく事件に巻き込まれてしまう―――――


チケット引き換え時に「サブウェイわんつーすりー」と言ったら、カウンターのおねーちゃんに思いっきり「サブウェイひゃくにじゅーさんですねっ ^^」と言われました。ははは。
でも映画の中ではONE TWENTY-THREEと言っていた気がするが。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:トニー・スコット デンゼル・ワシントン ジョン・トラヴォルタ ジョン・タートゥーロ ルイス・ガスマン マイケル・リスポリ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
団塊ボーイズ 
2008年02月28日 (木) | EDIT |
 新宿バルト9にて鑑賞
団塊ボーイズ団塊ボーイズ/WILD HOGS
2007年/アメリカ/99分
監督: ウォルト・ベッカー
出演: ジョン・トラヴォルタ/ティム・アレン/マーティン・ローレンス/ウィリアム・H・メイシー
公式サイト
公開: 2008年02月09日

メタボリックな歯科医、ダグは、健康のために妻にダイエットをさせられ、脂肪だけでなくストレスもかなりたまり気味。妻と、1年間だけという約束で小説家への道へトライし続けていたボビーは、全く芽が出ず、元の職業である下水道の修理屋に戻る羽目に。プログラマーのダドリーは、運命の恋人を夢見るパソコンオタク。しかしその思いに反して全く女っ気がなく、運命の恋人とは未だ出会えずじまい。スーパーモデルの妻を持つ実業家のウディは、4人の中で一番の成功者と思われていたが、事業が上手く行かず自己破産してしまい、妻にも離婚されてしまった。
学生時代からの友人である4人は、週末になると“WILD HOGS”と名乗り、共通の趣味であるハーレーを乗り回していた。いつものように集まっていた週末、突然ウディが「このまま街中でハーレーを乗り回しているだけでいいのか? 冒険を求めて旅に出よう!」と言い出す。ウディ以外の3人はあまり乗り気でなかったものの、現状に嫌気がさしていた彼らは共に旅に出ることを決める。太平洋を目指し、“WILD HOGS”は走り出す―――――


なんだこのダサい邦題… (;´Д`)
近年まれに見るダサさだ。
原題の“WILD HOGS”、これは直訳すると「野生の豚」なんだけど(彼らの揃いのジャンパーにも、豚が刺繍してある)、ハーレーのオーナーグループの名前“H.O.G.”に引っ掛けているらしい。そのまま「ワイルド・ホッグス」じゃダメだったのか? こんな邦題じゃ、客も減っちゃうよ…
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ウォルト・ベッカー ジョン・トラヴォルタ ティム・アレン マーティン・ローレンス ウィリアム・H・メイシー レイ・リオッタ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ロンリーハート 
2007年12月06日 (木) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
ロンリーハートロンリーハート/LONELY HEARTS
2006年/アメリカ/107分
監督: トッド・ロビンソン
出演: ジョン・トラヴォルタ/ジェームズ・ガンドルフィーニ/ジャレッド・レトー/サルマ・ハエック
公式サイト


1951年3月。エルマー・C・ロビンソン刑事は、自身が逮捕したレイモンド・フェルナンデスとマーサ・ベックというアメリカ犯罪史上最悪のカップル殺人鬼の死刑執行に立ち会っていた。
1940年代、凄腕の刑事だったロビンソンは、妻の自殺という出来事があってから、現場から退き、デスクワークに専念するようになっていた。ところが、ある女性の自殺現場に応援のため呼び出されたロビンソンは、彼女と自分の妻を重ね合わせてしまう。残されていた遺書から、ロビンソンは事件には裏があると推理し、相棒のチャールズ・ヒルダーブランド刑事と共に彼女の恋人と思しき男レイモンドを探し始める。
新聞の恋人募集広告“ロンリーハート・クラブ”を利用して、戦争未亡人や独身女性を相手に結婚詐欺を働いていたレイモンドは、カモとしてマーサと出会う。マーサに金がないと知ったレイモンドは逃げ出すが、その後詐欺を働こうとした場面でマーサに窮地を救われたことにより、彼女を相棒として詐欺を働くようになる。マーサはレイモンドの妹と名乗り、2人は次々と女性を毒牙にかけていくが、次第にマーサは相手の女性に嫉妬心を募らせ、ついに女性を殺害してしまう―――――


今日は用事があって休暇を取っていたので、用事を済ませた後に観てきました。もう夜の上映回が無くなってしまったのです。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:トッド・ロビンソン ジョン・トラヴォルタ ジェームズ・ガンドルフィーニ ジャレッド・レトー サルマ・ハエック 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ヘアスプレー 
2007年10月23日 (火) | EDIT |
 シネ・リーブル池袋にて鑑賞
ヘアスプレーヘアスプレー/HAIRSPRAY
2007年/アメリカ/116分
監督: アダム・シャンクマン
出演: ジョン・トラヴォルタ/ニッキー・ブロンスキー/ミシェル・ファイファー/クリストファー・ウォーケン/クイーン・ラティファ
公式サイト
公開: 2007年10月20日


アメリカのメリーランド州ボルチモアに住むおデブな女子高校生トレーシー・ターンブラッドは、テレビの人気番組“コーニー・コリンズ・ショー”の大ファン。番組の出演者であるクラスメイトのリンクに憧れていたが、ある日、番組の出演者オーディションが行われると知り、母エドナの反対を押し切って会場へと向かう。しかしその規格外の体型のため、同じく番組の出演者の中で中心的人物であるアンバーとその母であり番組のプロデューサーでもあるベルマに追い返される。がっかりするトレーシーだったが、居残り補習で知り合った黒人のシーウィードのダンスに魅了され、彼と意気投合する。そこへ通りかかったリンクは、トレーシーのダンスを観て、近々開催されるダンスパーティーへ来て踊るように誘う。番組の司会者であるコーニーは、パーティーで踊るトレーシーを一目観て気に入り、トレーシーは晴れて番組のレギュラーに。ところが、トレーシーを快く思わないアンバーとベルマは様々な妨害を仕掛けてくる…


予告編の上映中、何だか映像がおかしいなーと思っていたんだけど、やはりどこか調子が悪かったらしく、予定よりちょっと遅れて上映が始まりました。こういうことってあるんだね~。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アダム・シャンクマン ジョン・トラヴォルタ ニッキー・ブロンスキー ミシェル・ファイファー クリストファー・ウォーケン クイーン・ラティファ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
炎のメモリアル 
2006年07月09日 (日) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
炎のメモリアル炎のメモリアル/LADDER 49
2004年/アメリカ/116分
監督: ジェイ・ラッセル
出演: ホアキン・フェニックス/ジョン・トラヴォルタ/ジャシンダ・バレット/ロバート・パトリック/モリス・チェスナット

消防士ジャック・モリソンは、火災が起こっているビルに取り残された被害者を助け出す途中、12階部分から滑落してしまう。負傷したジャックはその場で救助を待ちながら、過去に思いを馳せる。新人としてマイク・ケネディ隊長の下へ配属された日のこと、初めて現場へ足を踏み入れた日のこと、リンダと初めて出会い恋に落ちた日のこと。そしてそれは、消防士として人の命を救うことへの誇りであり、常に危険と背中合わせで、家族を苦しめているということへの苦悩の日々でもあった―――――


火災もの って観たのは初めてかも。かの有名な「バックドラフト」も実は未見です。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ジェイ・ラッセル ホアキン・フェニックス ジョン・トラヴォルタ ジャシンダ・バレット ロバート・パトリック モリス・チェスナット 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。