FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ジル・ルルーシュ
友よ、さらばと言おう 
2014年08月29日 (金) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
友よ、さらばと言おう友よ、さらばと言おう/MEA CULPA
2014年/フランス/90分
監督: フレッド・カヴァイエ
出演: ヴァンサン・ランドン/ジル・ルルーシュ/ナディーン・ラバキー
公式サイト
公開: 2014年08月01日

飲酒運転で死亡事故を起こし懲戒免職となった元刑事のシモン。服役後、妻アリスと10歳の息子テオの住む家からも出て行ったシモンは、警備会社に勤めながら1人で暮らしていた。世捨て人のように暮らすシモンに、元相棒のフランクだけは何かと気にかけ親身になって世話を焼いていた。パリで麻薬の売人の殺人が頻発、証拠も目撃者もなく、警察がやきもきする中、アリスとアリスの恋人ジャン=マルクと3人で闘牛を観に出かけたテオは、トイレで殺人現場を目撃する。何とか逃げおおせ、アリスと警察に駆け込むものの、唯一の目撃者であるテオは犯人に命を狙われる羽目になってしまう。危機一髪でテオを助けられたものの、再び狙われると予測したシモンは、2人を町から逃がして1人で犯人を捕らえようとする。フランクはシモンを1人では行かせないと言い、2人はかつてのようにコンビで犯人の元へと乗り込んでいく―――――


フレッド・カヴァイエの新作なので、観るつもりではあったのですが、すっかり遅くなってしまって…
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:フレッド・カヴァイエ ヴァンサン・ランドン ジル・ルルーシュ ナディーン・ラバキー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
この愛のために撃て 
2011年08月20日 (土) | EDIT |
 有楽町スバル座にて鑑賞
この愛のために撃てこの愛のために撃て/A BOUT PORTANT
2010年/フランス/85分
監督: フレッド・カヴァイエ
出演: ジル・ルルーシュ/エレナ・アナヤ/ロシュディ・ゼム/ジェラール・ランヴァン/ミレーユ・ペリエ
公開: 2011年08月06日
公式サイト

看護助手のサミュエル・ピエレットは、愛する妻ナディアが臨月を迎え、幸せの絶頂にいた。ある日、勤務する病院に担ぎ込まれた身元不明の男の患者の人工呼吸器が切断されたのを目撃したサミュエルは、間一髪で患者を救う。何のために患者が命を狙われたのかわからず、夜勤を終えて家に家にたどり着いたサミュエル。ところが突然家に侵入してきた何者かに殴られて気を失い、その間にナディアは誘拐されてしまう。気が付いたサミュエルの元に、妻を返して欲しければ、昨日入院した患者を外へ連れ出せと言う電話がかかってくる。ナディアを救うため、サミュエルは患者を連れ出すが、実は患者は強盗犯として前科があるユーゴ・サルテと判明、サミュエルは思わぬ事実に動揺しつつ、サルテを連れてナディアを救出に向かうが―――――


フレッド・カヴァイエの2作目です。「すべて彼女のために」がかなり好みだったので、観に行ってきました~
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:フレッド・カヴァイエ ジル・ルルーシュ エレナ・アナヤ ロシュディ・ゼム ジェラール・ランヴァン ミレーユ・ペリエ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2010年06月26日 (土) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
アデル ファラオと復活の秘薬アデル ファラオと復活の秘薬/LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC
2010年/フランス/107分
監督: リュック・ベッソン
出演: ルイーズ・ブルゴワン/マチュー・アマルリック/ジル・ルルーシュ/ジャン=ポール・ルーヴ/フィリップ・ナオン
公開: 2010年07月03日
公式サイト

1911年、フランスの冒険ジャーナリスト、アデル・ブラン=セックは、エジプトのラムセス2世の墓で隠された財宝を見つける。しかし、彼女の目的は財宝ではなく、王と共に葬られていた王の主治医、パトモシスのミイラだった。アデルは、死後も魂は生き続けるという自論を持ち、死んだものの魂を呼び戻して甦らせる“蘇生の力”の力を持つエスペランデュー教授にパトモシスを甦らせ、パトモシスが持つ知識と秘薬で、不慮の事故で植物状態となった双子の妹アガットを救おうとしていたのだった。ところが、アデルがエジプトに行っている間、エスペランデューはジュラ紀に絶滅した翼竜プテロダクティルスの卵をふ化させてしまい、プテロダクティルスはパリ中を飛び回って市民をパニックに落とし入れ、死者を出す。警察は、この事件の張本人がエスペランデューであると突き止め、彼を逮捕する。アデルはアガットを救うためにエスペランデューを助け出し、パトモシスを甦らせようとするが…


アウトレイジ」の試写会とダブって行けなかったのが悔しかったので(笑)、再度応募したら当たりました~
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:リュック・ベッソン ルイーズ・ブルゴワン マチュー・アマルリック ジル・ルルーシュ ジャン=ポール・ルーヴ フィリップ・ナオン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。