週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スコット・デリクソン
フッテージ 
2014年10月19日 (日) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
フッテージフッテージ/SINISTER
2012年/アメリカ/110分
監督: スコット・デリクソン
出演: イーサン・ホーク/ジュリエット・ライランス/フレッド・ダルトン・トンプソン/ジェームズ・ランソン/クレア・フォーリー

犯罪ノンフィクション作家のエリソン・オズワルトは、10年前の「流血のケンタッキー」以来ベストセラーが出せず、スランプに陥っていた。エリソンは、妻のトレイシーと2人の子供と共に、ペンシルバニア州キング郡のある家に越してくる。その家は、前住人のスティーヴンソン一家4人が何者かに首を吊られて惨殺され、末娘のステファニーが行方不明となっているいわくつきの家であり、エリソンはそのことを家族には黙っていた。ある日、エリソンは屋根裏で「バーベキュー 79年」などと書かれた数本の8mmフィルムを見つける。それは、スティーヴンソン家の団らんの様子と、その家族が殺されていく様子が収められたスナッフフィルムだった。残されていたフィルムも全て別々の家族のスナッフフィルムであり、不気味な人物とな謎のマークが残されていたため、エリソンはこれらを連続殺人と推理し、調査を開始する。そしてそれ以来、家で何者かの気配を感じるなどの奇妙な出来事が続くようになるが―――――


この手のやつって、どうもあんまり劇場で観る気がしなくって。WOWOWでやっていたので、録画してみました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:スコット・デリクソン イーサン・ホーク ジュリエット・ライランス フレッド・ダルトン・トンプソン ジェームズ・ランソン クレア・フォーリー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
NY心霊捜査官 
2014年09月28日 (日) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞
NY心霊捜査官NY心霊捜査官/DELIVER US FROM EVIL
2014年/アメリカ/118分
監督: スコット・デリクソン
出演: エリック・バナ/エドガー・ラミレス/オリヴィア・マン/ショーン・ハリス/ジョエル・マクヘイル
公式サイト
公開: 2014年09月20日

異様な事件には勘が働くNY市警46分署の刑事ラルフ・サーキは、相棒のバトラーにはレーダーと呼ばれからかわれる」ほどだった。元海兵隊のDV男ジミー・トラトナーやブロンクス動物園で、幼いわが子をライオンの檻の濠に投げ入れた母親ジェーン・クレナの事件に対処していたある日、アルバゲッティ家から、壁を塗り替えた地下室から異様な音が聞こえると通報がある。サーキは地下室で男の死体を発見、男はこの家の塗装を請け負った2人のうちの1人だった。男の名前はデヴィッド・グリッグスと判明、デヴィッドの家を捜索すると、動物園の事件の母親ジェーンと子供と共に映っている写真と、DVのジミーともう1人の男と3人で映っている兵役時代の写真が見つかる。3つの事件に関連性があるのではないかと疑い始めたサーキの元へ、ジェーンの後見人であるジョー・メンドーサ神父が訪れる。メンドーサ神父はジェーンはおかしくなっているのではなく、霊が関係していると言うが、サーキは相手にしなかった。そして、ジミーとデヴィッドと写っていた写真のもう1人の男、ミック・サンティノを探し出して事情を聞こうとするが…


これも、もう1週間前に観ているのでした…。最近、ホントばたばたにも程があるなあ。10月には落ち着くと思うんだけど。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:スコット・デリクソン エリック・バナ エドガー・ラミレス オリヴィア・マン ショーン・ハリス ジョエル・マクヘイル 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
地球が静止する日 
2009年01月18日 (日) | EDIT |
 新宿バルト9にて鑑賞
地球が静止する日地球が静止する日/THE DAY THE EARTH STOOD STILL
2008年/アメリカ/106分
監督: スコット・デリクソン
出演: キアヌ・リーヴス/ジェニファー・コネリー/ジェイデン・スミス/キャシー・ベイツ
公開: 2008年12月19日
公式サイト


大学で宇宙微生物学を教えているヘレン・ベンソンは、ある日突然政府から呼び出され、軍の基地に連れて行かれる。ヘレンと同じように集められた専門家たちが大勢おり、政府の説明によると、現在、地球に向かって謎の物体が接近しており、1時間後に衝突する見込みであり、その対策を練るために招集されたのだった。しかし時間が少なすぎて具体的な対策は立てられず、なすすべも無く衝突の時間を迎える。セントラルパークに現れたのは、謎の巨大な球体だった。球体から、繭のようなものに包まれた生物が現れ、やがて生物は、人類とまったく同じ外見に変態する。彼はクラトゥと名乗り、地球外文明の代表として、地球を救うためにやってきたと言う。クラトゥの言う「地球を救う」意味が、「人類を滅ぼして地球を救う」ことだと知ったヘレンは、宇宙からの攻撃をやめさせるために彼を説得しようとするが―――――


1951年製作「地球の静止する日」のリメイク。オリジナルは未見です。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:スコット・デリクソン キアヌ・リーヴス ジェニファー・コネリー ジェイデン・スミス キャシー・ベイツ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。