fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > スサンネ・ビア
真夜中のゆりかご 
2015年06月22日 (月) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
真夜中のゆりかご真夜中のゆりかご/EN CHANCE TIL
2014年/デンマーク/102分
監督: スサンネ・ビア
出演: ニコライ・コスター=ワルドー/ウルリク・トムセン/マリア・ボネヴィー/ニコライ・リー・コス/リッケ・マイ・アナスン
公式サイト
公開: 2015年05月15日

刑事アンドレアスは美しい妻アナとの間に息子アレクサンダーが生まれたばかりで、幸せな日々を送っていた。通報を受け、相棒のシモンとあるアパートへ急行すると、昔DVで逮捕したヤク中のトリスタンと内縁の妻サネがおり、そしてクローゼットの中に、糞尿まみれの赤ん坊が放置されていた。アンドレアスは福祉課に赤ん坊の保護を訴えるも、虐待とまでは言えないとして、退けられてしまう。ある夜、アナの叫び声で目を覚ましたアンドレアスは、アレクサンダーが息をしていないことに気付く。救急車を呼ぼうとするが、錯乱したアナは息子と引き離されるなら死ぬと言い、アンドレアスはアナを寝かせ、アレクサンダーの遺体を連れて車で家を出る。そしてトリスタンのアパートへやってくるアンドレアスは、トリスタンとサネが寝込んでいることを確認し、また放置されていた赤ん坊ソーフスとアレクサンダーの遺体をすり替える。ソーフスを連れ帰ったアンドレアスは、ヤク中の2人はどうせ子供を死なせる、アレクサンダーの代わりに自分たちが育てるのがこの子のためだとアナに言い聞かせるが…


スサンネ・ビアは正直あんまり得意じゃないので、どうしようかと思ったのですが、行っちゃいました。完全にニコライ・コスター=ワルドー目当てです(笑)
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:スサンネ・ビア ニコライ・コスター=ワルドー ウルリク・トムセン マリア・ボネヴィー ニコライ・リー・コス リッケ・マイ・アナスン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
悲しみが乾くまで 
2010年09月06日 (月) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
悲しみが乾くまで悲しみが乾くまで/THINGS WE LOST IN THE FIRE
2008年/アメリカ、イギリス/119分
監督: スサンネ・ビア
出演: ハル・ベリー/ベニチオ・デル・トロ/デヴィッド・ドゥカヴニー/アリソン・ローマン/オマー・ベンソン・ミラー
公式サイト

オードリー・バークは、夫ブライアンと2人の子供と幸せに暮らしていたが、ブライアンが、ヘロインに溺れている元弁護士の親友ジェリー・サンボーンの生活を気にかけていることが気に入らず、ジェリーを疎ましく思っていた。しかしある日、ブライアンが道端で女性を助けようとして殺されてしまう。呆然とするオードリーは、葬儀の日、ジェリーにブライアンの死を連絡することを忘れていたことに気付く。親友の死を知らされ、慌ててやってきたジェリーは葬式に参列し、そして帰って行くが、日々の暮らしの中で、オードリーはブライアンを失った悲しみに耐えられず、ジェリーを訪ね、一緒に暮らすことを提案する―――――


スサンネ・ビアの作品は2作観ていますが、題材の選び方は好みなのに、どうもイマイチ肌に合わない…。って訳で、これは最初からWOWOWで観るつもりでした。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:スサンネ・ビア ハル・ベリー ベニチオ・デル・トロ デヴィッド・ドゥカヴニー アリソン・ローマン オマー・ベンソン・ミラー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ある愛の風景 
2007年12月14日 (金) | EDIT |
 シネカノン有楽町2丁目にて鑑賞
ある愛の風景ある愛の風景/BRODRE
2004年/デンマーク/117分
監督: スサンネ・ビア
出演: コニー・ニールセン/ウルリク・トムセン/ニコライ・リー・コス
公開: 2007年12月01日
公式サイト

美しい妻サラと娘2人と幸せな暮らしを送っているミカエルは、エリート軍人であり、両親の自慢の息子だった。対照的に、弟のヤニックは銀行強盗の罪で服役しており、家族の中でも浮いた存在だった。ヤニックが刑期を終えて出所したその夜、入れ替わるようにミカエルはアフガニスタンへ派遣される。アフガニスタンに着いたミカエルは、偵察機が撃墜され、無線技師ニルスが行方不明となっていることを知る。ミカエルの部隊は偵察機に乗り込むが、その途中で撃墜される。その知らせはサラの元に届き、遺された家族は悲しみにくれる。ヤニックはサラと子供たちと共に互いの悲しみを慰め、支えあい、やがてヤニックとサラの間に淡い想いが生まれる。そんな時、サラの元にミカエルが生きていたとの連絡が入る。ミカエルの乗った飛行機は撃墜されたものの、生き残った彼を見つけた敵がキャンプに連れ帰り、捕虜となっていたのだった。ミカエルは再び愛する家族と暮らし始めるが、捕虜生活がミカエルをすっかり変えてしまっていた―――――


シネカノン有楽町2丁目では、いつも小さい方のシアター2で観ている気がする。ミニシアターだからしょうがないとはいえ、スクリーンが小さいのがザンネン。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:スサンネ・ビア コニー・ニールセン ウルリク・トムセン ニコライ・リー・コス 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
アフター・ウェディング 
2007年11月23日 (金) | EDIT |
 シネカノン有楽町2丁目にて鑑賞
アフター・ウェディングアフター・ウェディング/EFTER BRYLLUPPET
2006年/デンマーク、スウェーデン/119分
監督: スサンネ・ビア
出演: マッツ・ミケルセン/ロルフ・ラッセゴード/シセ・バベット・クヌッセン/スティーネ・フィッシャー・クリステンセン/クリスチャン・タフドルップ
公開: 2007年10月27日
公式サイト

インドで孤児たちへの人道支援を行っているデンマーク人のヤコブは、資金難を何とかしようと四苦八苦していた。そこへ、同じデンマーク人の資産家ヨルゲンから巨額の寄付の申し出がある。直接会って話をするという条件を出してきたヨルゲンに会いに、ヤコブは久しぶりに故郷デンマークへ足を踏み入れる。ヨルゲンはヤコブの話もそこそこに「前向きに検討するが、時間が欲しい」と言い、翌日に行われる娘のアナの結婚式にヤコブを強引に招待する。仕方なくアナの結婚式に出席したヤコブは、そこで昔の恋人ヘレネと20年ぶりに再会する。しかも、ヘレネはヨルゲンの妻でアナの母親だった。戸惑うヤコブとヘレネ。そして行われたパーティーで、「ヨルゲンは実の父親ではないのに、自分を愛し育ててくれた」というアナのスピーチを聞き、衝撃を受けるヤコブ。もしやアナは自分の娘なのか? 動揺したヤコブはヘレネを問い詰めるが…


随分前にチケットを買ってあったものの、なかなか観に行けず…。最近、仕事の関係でちょっと時間が取りづらくて。チケット無駄にしないように気をつけなくちゃ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:スサンネ・ビア マッツ・ミケルセン ロルフ・ラッセゴード シセ・バベット・クヌッセン スティーネ・フィッシャー・クリステンセン クリスチャン・タフドルップ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。