fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > スパイク・リー
セントアンナの奇跡 
2009年08月05日 (水) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテシネにて鑑賞
セントアンナの奇跡セントアンナの奇跡/MIRACLE AT ST. ANNA
2008年/アメリカ、イタリア/163分
監督: スパイク・リー
出演: デレク・ルーク/マイケル・イーリー/ラズ・アロンソ/オマー・ベンソン・ミラー/ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ
公開: 2009年07月25日
公式サイト


ニューヨークの郵便局局員が、窓口を訪れた客を射殺するという事件が起きた。定年間近の犯人、ヘクター・ネグロンの経歴は綺麗で、被害者とのつながりも見えない。しかしヘクターの部屋から歴史的価値のある彫像が見つかったこともあって、謎は深まるばかり。事件記者ティム・ボイルはヘクターに取材を試みるが、ヘクターは「眠る男を見た」と謎の言葉を残す。そのヒントは、戦時中に彼が体験したことにあった。
1944年、ヘクターは黒人部隊“バッファロー・ソルジャー”の一員として、オブリー・スタンプス二等軍曹、ビショップ・カミングス三等軍曹、サム・トレイン上等兵らと共にイタリアに駐屯しドイツ軍と戦っていた―――――


スパイク・リーの最新作。 サスペンス調で気になったので観て来ました。しかし、上映時間163分もあるのね。。。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:スパイク・リー デレク・ルーク マイケル・イーリー ラズ・アロンソ オマー・ベンソン・ミラー ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
インサイド・マン 
2006年06月14日 (水) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
インサイド・マンインサイド・マン/INSIDE MAN
2006年/アメリカ/128分
監督: スパイク・リー
出演: デンゼル・ワシントン/クライヴ・オーウェン/ジョディ・フォスター/クリストファー・プラマー/ウィレム・デフォー
公開: 2006年06月10日
公式サイト

ニューヨーク市警の刑事キース・フレイジャーは、自身の担当したある事件で横領を疑われ、仕事を干されていた。ある日、マンハッタン信託銀行に4人組の強盗が押し入る。その場にいた50人ほどの客を人質とし、犯人グループは銀行に立てこもる。フレイジャーは相棒のビル・ミッチェルと、交渉役として現場へ送られる。汚名返上に張り切るフレイジャー。事件を指揮するダリウス警部と協力しながら事件解決に乗り出すが、恐ろしく頭の切れる犯人にフレイジャーたちは翻弄される。一方、事件を知ったマンハッタン信託銀行の会長アーサー・ケイスは、敏腕女弁護士マデリーン・ホワイトに面会を取り付けていた。ケイスは自分のある“秘密”をその支店の貸金庫に預けており、マデリーンにそれを表沙汰にならないように取り戻して欲しいという。マデリーンはフレイジャーに、汚職事件のもみ消しと昇進をちらつかせながら事件に介入し、犯人との交渉役となり銀行の中へ入り込むことに成功する。しかし、事件は意外な方向へ転がり始める―――――


スパイク・リーの作品って、意外と?観ていないことに気付いた。調べてみたら「25時」しか観ていない。しかも、「25時」がスパイク・リーの作品だと今知りました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:スパイク・リー デンゼル・ワシントン クライヴ・オーウェン ジョディ・フォスター クリストファー・プラマー ウィレム・デフォー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。