FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ソ・ヨンヒ
ビー・デビル 
2011年04月04日 (月) | EDIT |
 シアターN渋谷にて鑑賞
ビー・デビルビー・デビル/김복남 살인사건의 전말
2010年/韓国/115分
監督: チャン・チョルス
出演: ソ・ヨンヒ/チ・ソンウォン/パク・チョンハク
公開: 2011年03月26日
公式サイト


ソウルの銀行に勤めるチョン・ヘウォンは、あるトラブルから休暇を余儀なくされ、気分転換にと、幼い頃に祖父と住んでいた無島(ムド)を訪れる。人口9人しかいない無島(ムド)では、ヘウォンの幼馴染のキム・ボンナムが夫マンジョンら親族と暮らしていた。20数年ぶりの再開に喜び合う2人。ボンナムは日常的にマンジョンたちから虐待を受けており、ボンナムは10歳の娘ヨニを置いて逃げることは叶わず、理不尽な扱いに甘んじていた。ある日、マンジョンの服のポケットからヨニの下着が出てきたのを見たボンナムは、ヘウォンに、ソウルに連れて行って欲しいと頼み込む。ヘウォンはボンナムの訴えを嘘と思い相手にしなかったため、ボンナムはヨニとソウルに逃げだす手段を考え、船に乗り込もうとする。しかしその時、マンジョンに気づかれて連れ戻され、悲劇が起きる―――――


アンチクライスト」と二本立てしてきました。どんだけR18+が好きなんだっていう(そういう訳じゃないんだけど) (^_^;)
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:チャン・チョルス ソ・ヨンヒ チ・ソンウォン パク・チョンハク 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
チェイサー 
2009年05月17日 (日) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
チェイサーチェイサー/추격자
2008年/韓国/125分
監督: ナ・ホンジン
出演: キム・ユンソク/ハ・ジョンウ/ソ・ヨンヒ/チョン・インギ/パク・ヒョジュ
公開: 2009年05月01日
公式サイト

元刑事で今はデリヘル経営者のジュンホは、最近デリヘル嬢たちが次々といなくなってしまったのを、客が女を売り飛ばしたと思っていた。ある日、客から電話があったが動ける女がいなかったため、風邪を引いて休んでいたミジンを無理矢理客の元へ行かせる。しかし、その客が、失踪した女たちが最後に呼ばれた客と同じ電話番号“4885”だったことを知り、ミジンに居場所を知らせるように言う。ところが、ミジンの車は見つけたものの本人からの連絡が途絶えてしまい、辺りを探し回っていたところ、ジュンホはある男の運転する車と事故を起こしてしまう。「弁償はいい」とその場を慌てて去ろうとする男の服に血痕を見つけたジュンホは、男が“4885”であることを確認すると、警察に突き出す。ヨンミンと名乗るその男は、「女を売ったんだろう」と問い詰めるジュンホに「女は売っていない。殺した」と言い出す。事件は急展開するが、ヨンミンはミジンの居所や殺した女たちの死体を埋めた場所は言わない。ジュンホはミジンの居場所を探して、町を走り回るが―――――


実際に韓国で起こった連続殺人事件を元にしてるとのことだったので、かなり楽しみにしてました。
レオがリメイク権を獲得したらしい。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ナ・ホンジン キム・ユンソク ハ・ジョンウ ソ・ヨンヒ チョン・インギ パク・ヒョジュ キム・ユジョン ユ・ヨンチョル 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
連理の枝 
2006年04月06日 (木) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
連理の枝連理の枝/연리지
2006年/韓国/108分
監督: キム・ソンジュン
出演: チェ・ジウ/チョ・ハンソン/チェ・ソングク/ソ・ヨンヒ
公式サイト
公開: 2006年04月15日


ゲーム会社を営むミンスは、数々の女を泣かせるプレイボーイ。ある日、交通事故を起こしたミンスはなかなか病院に行こうとしなかったが、同じ会社のギョンミンに説得され、雨の中、総合検査を受けるために病院へ向かう。その途中、車は道路の水を跳ね上げ、バスを待っていたヘウォンをびしょぬれにしてしまう。同じ病院へ向かう途中だというヘウォンを送ることになり、ナンパの虫がうずき出すミンス。しかしヘウォンはまったく相手にしない。彼女は車に携帯電話を忘れていったため、ミンスはヘウォンを探し出し、それをきっかけに2人は親しくなっていく。しかし、ヘウォンは難病に冒され、余命幾ばくもない身だった。それをミンスに知られたヘウォンはミンスから離れようとする。いつしかヘウォンを本気で愛し始めていたミンスは、彼女の苦しみを受け止めようと決意する…


オオカミの誘惑」は未見なので、チョ・ハンソンを観るのは初めてです。
第一印象。
…ごつい要潤? いや、何となく…
しかし、チェ・ジウは劣化したなーと思いました。まぁ年も取ったけどさぁ。この映画、チェ・ジウは全然可愛くないです。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:キム・ソンジュン チェ・ジウ チョ・ハンソン チェ・ソングク ソ・ヨンヒ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。