fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ダイアン・レイン
2016年08月18日 (木) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
トランボ ハリウッドに最も嫌われた男トランボ ハリウッドに最も嫌われた男/TRUMBO
2015年/アメリカ/124分
監督: ジェイ・ローチ
出演: ブライアン・クランストン/アドウェール・アキノエ=アグバエ/ルイス・C・K/デヴィッド・ジェームズ・エリオット/エル・ファニング
公式サイト
公開: 2016年07月22日

米ソ対立が深まりつつあった1947年。アメリカでは共産主義的思考を持った者を迫害する、いわゆる赤狩りの動きが猛威を振るっており、ハリウッドでも、俳優ジョン・ウェインが中心となって活動している“アメリカの理想を守るための映画同盟”が活発な動きを見せていた。売れっ子脚本家ダルトン・トランボは、スタジオ労働者のストライキを支援するなど、その行動は共産主義的であると目をつけられており、トランボを始めとする10人の仲間たち“ハリウッド・テン”は、ついに下院非米活動委員会に召喚される。「現在あるいか過去にあなたは共産党員であったことがあるか?」という質問に、トランボは合衆国憲法を元に証言を拒否するが、議会侮辱罪に問われ、最高裁に上告するも破れて収監されることになってしまう。1年後、出所したトランボを待っていたのは、圧力をかけられた映画スタジオがハリウッド・テンを解雇し、彼らには全く仕事の依頼がなくなったという事態だった。生活費を稼ぐため、トランボは、B級映画専門のキングス・ブラザース社に脚本を持ち込み、偽名を使って脚本を書き続けるが―――――


第88回米アカデミー賞で、ブライアン・クランストンが主演男優賞にノミネートされていましたので、観ようと思っていたこの作品。TOHOシネマズデイのせいもあるだろうけど、満席でした。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ジェイ・ローチ ブライアン・クランストン アドウェール・アキノエ=アグバエ ルイス・C・K デヴィッド・ジェームズ・エリオット エル・ファニング ダイアン・レイン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ジャンパー 
2009年08月12日 (水) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ジャンパージャンパー/JUMPER
2008年/アメリカ/88分
監督: ダグ・リーマン
出演: ヘイデン・クリステンセン/ジェイミー・ベル/レイチェル・ビルソン/サミュエル・L・ジャクソン/ダイアン・レイン
公式サイト

オクテな高校生、デビッド・ライスは、ある日、片想いの相手ミリーにプレゼントしたスノーグローブを同級生のマークにからかわれ、凍った湖に投げられる。デビッドはスノーグローブを拾いに行き、氷の割れた湖に落ちてしまうが、その瞬間、デビッドは図書館にテレポートしていた。自分の秘められた能力に気付いたデビッドは、父親を置いて家を出る。
そして10年後、デビッドは能力を駆使して銀行の金庫に忍び込んで資金を調達し、世界中を飛び回り優雅な生活を送っていた。しかし、デビッドは“ジャンパー”たちを狩る組織パラディンから追われるはめとなる―――――


何故か、主役をシャイア・ラブーフがやっていると思い込んでいました。ヘイデン・クリステンセンでした。。。(でも、シャイア、こういうの出そうじゃない!?)
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ダグ・リーマン ヘイデン・クリステンセン ジェイミー・ベル レイチェル・ビルソン サミュエル・L・ジャクソン ダイアン・レイン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ブラックサイト 
2008年05月08日 (木) | EDIT |
 渋谷東急にて鑑賞
ブラックサイトブラックサイト/UNTRACEABLE
2008年/アメリカ/100分
監督: グレゴリー・ホブリット
出演: ダイアン・レイン/ビリー・バーク/コリン・ハンクス/ジョセフ・クロス
公式サイト
公開: 2008年04月12日


サイバー犯罪専門のFBI特別捜査官ジェニファー・マーシュは、調査を頼まれた“killwithme.com”という不審なサイトにアクセスする。そこには、体の自由を奪われた子猫が衰弱し、死んでいく様がライブ映像で流れていた。ジェニファーはサイトを閉鎖しようとしたが、サイトの管理人は巧みにIPアドレスを変えてサイトをコピーし、すぐにまた同じ内容のサイトを立ち上げてしまう。ジェニファーのボス、リチャード・ブルックスはそれを重要視しなかったが、その後同じサイトで、胸にナイフで“KILL WITH ME”と刻まれた男性が拘束されている様子がライブ中継されていた。男性にはチューブで抗凝血剤が投与されており、サイトへのアクセス数が増えるほど、抗凝血剤の投与量が増加していく仕掛けになっていた。FBIと地元警察は監禁場所を突き止められず、サイトへのアクセスは増え続け、とうとう男性は死亡してしまう。ジェニファーと同僚グリフィン・ダウドは、地元警察のエリック・ボックス刑事と協力して犯人を突き止めようとするが、また新たな映像がサイトにアップされる―――――


ダイアン・レイン、老けたなー! 「ハリウッドランド」の時にも書いたけど…。なんかショック。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:グレゴリー・ホブリット ダイアン・レイン ビリー・バーク コリン・ハンクス ジョセフ・クロス 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ハリウッドランド 
2007年06月04日 (月) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
ハリウッドランドハリウッドランド/HOLLYWOODLAND
2006年/アメリカ/126分
監督: アレン・コールター
出演: エイドリアン・ブロディ/ダイアン・レイン/ベン・アフレック
公式サイト
公開: 2007年06月16日

1959年6月16日、1人の男が死んだ。彼の名前はジョージ・リーブス。TV版「スーパーマン」シリーズで主役を演じ、人気を博していた。婚約者であるレオノア・レモンとその友人たちが集まっている家で、拳銃で頭を撃たれて死んでおり、警察はジョージの死を自殺と結論付け、事件は集結した。しかし息子の死に納得のいかない母親が探偵社を訪ね、探偵社がこれを断ったため、私立探偵ルイス・シモが依頼を引き受け、ジョージの過去を探っていく。
売れない俳優のジョージは、ツテを求めてクラブに顔を出した時、ある女性と親しくなる。一夜を過ごした翌朝、ジョージは彼女が映画会社MGMの社長夫人、トニー・マニックスと知る。ジョージは彼女の愛人となり、金回りは良くなるものの仕事は一向に入ってこない。渋々受けたオーディションで、ジョージは子供向けのTV番組「スーパーマン」で主役を勝ち取る。やがて番組にスポンサーが付いて全国ネットで流れるようになると、ジョージの顔は一気に知れ渡るようになる。その反面、ジョージは「スーパーマン」のイメージに縛られ、身動きが取れなくなっていく―――――


今回はブエナビスタ試写室での試写会でした~。ここも初めて。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:アレン・コールター エイドリアン・ブロディ ダイアン・レイン ベン・アフレック 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
トスカーナの休日 
2005年11月27日 (日) | EDIT |
トスカーナの休日トスカーナの休日/UNDER THE TUSCAN SUN
2003年/アメリカ、イタリア/113分
監督: オードリー・ウェルズ
出演: ダイアン・レイン/サンドラ・オー/リンゼイ・ダンカン/ラウル・ボヴァ
公式サイト

ある日夫の浮気が判明し、まさに青天の霹靂で離婚することになった作家のフランシス。傷心のフランシスを慰めるため、親友パティがイタリア、トスカーナへの旅行をプレゼントしてくれる。そして旅行先のトスカーナで、ある一軒家に運命的なものを感じたフランシスは、その家を衝動買いしてしまう。地元の改装業者を雇って家の改装を始めたフランシス。家を仲介してくれた不動産屋や改装業者とその家族など、地元の人と交流するうちに、フランシスの心はいつしか癒されていく。そんな時、フランシスは、シャンデリアの部品を購入しに出かけたローマで、イタリア男のマルチェロと出会う…


“イタリア男は女とみれば何でも口説く”
というのは本当なんでしょーか。
この映画では、出てくるイタリア男はみな、そういう典型的なタイプとして描かれていましたけど、でもイタリア男じゃなくても、ダイアン・レインなら口説いちゃうのでは…?
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:オードリー・ウェルズ ダイアン・レイン サンドラ・オー リンゼイ・ダンカン ラウル・ボヴァ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。