fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ダニエル・ヒメネス・カチョ
ブランカニエベス 
2014年01月09日 (木) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
ブランカニエベスブランカニエベス/BLANCANIEVES
2012年/スペイン、フランス/104分
監督: パブロ・ベルヘル
出演: マリベル・ベルドゥ/ダニエル・ヒメネス・カチョ/アンヘラ・モリーナ/ソフィア・オリア/マカレナ・ガルシア
公式サイト
公開: 2013年12月07日

天才闘牛士アントニオ・ビヤルタは競技中に事故に遭い、大怪我を負う。それを見ていた妻はショックで産気づき、病院で娘カルメンシータを産むが、妻はそのまま命を落としてしまい、アントニオも事故によって全身不随となってしまう。やがてアントニオは、自分の介護をしていた看護婦のエンカルナと再婚するが、娘を引き取らず、カルメンシータは祖母のドナ・コンチャに育てられていた。しかしドナも倒れて帰らぬ人となり、カルメンシータはアントニオとエンカルナに引き取られるが、アントニオに会うことは出来ず、エンカルナに下女のようにこき使われていた。エンカルナはアントニオの財産を湯水のように使い、情夫を引き込み、好き放題していたが、そんなある日、カルメンシータは決して入ってはいけないと言われている部屋で、父アントニオと出会う。アントニオは、カルメンシータを避けていたのではなく、エンカルナに閉じ込められていたのだった。カルメンシータが成長し美しい娘になった頃、エンカルナはついにアントニオを事故に見せかけて殺し、カルメンシータをも亡き者にしようと、情夫を使い彼女を殺そうと企む。襲われたカルメンシータは“こびと闘牛団”という旅芸人の一座に助けられ、一連の出来事が原因で記憶を失った彼女は“こびと闘牛団”の一員となって彼らと旅をすることに。“白雪姫(ブランカニエベス)”と名付けられた彼女は、闘牛士としての才覚をめきめきと現し始める―――――


モノクロ・サイレント映画ということをすっかり忘れていて、劇場で案内を聴いて、しまったそうだった… (^_^;) と思った次第です。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:パブロ・ベルヘル マリベル・ベルドゥ ダニエル・ヒメネス・カチョ アンヘラ・モリーナ ソフィア・オリア マカレナ・ガルシア 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2006年06月24日 (土) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
バッド・エデュケーションバッド・エデュケーション/LA MALA EDUCACION
2004年/スペイン/105分
監督: ペドロ・アルモドバル
出演: ガエル・ガルシア・ベルナル/フェレ・マルティネス/ハビエル・カマラ/ルイス・オマール/ダニエル・ヒメネス・カチョ
公式サイト

1980年、マドリード。映画監督エンリケの元へ、少年時代の親友イグナシオが訪ねてくる。イグナシオは役者志望で、エンリケの新作に使って欲しいと言い、自分が書いたという脚本を渡す。エンリケはイグナシオが残していった脚本を読み進める内に、内容に引き込まれていく。それは、少年時代の2人をモデルにした話だった。幼い頃、神学校の寄宿舎で生活を共にしていた2人。イグナシオは、マノロ神父に性的虐待を受けていた。それでもイグナシオが学校から逃げ出さなかったのは、エンリケに恋をしていたからだった…
エンリケはこの脚本を元にして新作を撮り始めるが、イグナシオに違和感を覚える。そしてイグナシオの実家を訪ね、彼が抱える秘密を知ってしまったエンリケは―――――


トーク・トゥ・ハー」がめちゃめちゃ好みだったので、観てみました。これも結構評判いいみたいだしね。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ペドロ・アルモドバル ガエル・ガルシア・ベルナル フェレ・マルティネス ハビエル・カマラ ルイス・オマール ダニエル・ヒメネス・カチョ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。