fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ディナ・メイヤー
ソウ3 
2006年11月22日 (水) | EDIT |
 池袋シネマサンシャインにて鑑賞
ソウ3ソウ3/SAW III
2006年/アメリカ/108分
監督: ダーレン・リン・バウズマン
出演: トビン・ベル/ショウニー・スミス/アンガス・マクファーデン/バハー・スーメク/ディナ・メイヤー
公式サイト
公開: 2006年11月18日


密室で爆破事件が起こり、現場に乗り込んだ刑事ケリーは、そこに残されていた死体が同僚エリックでないことにホッとする。今度もジグソウの仕業かと思われたが、今までとは手口が違うことに気付いたケリーは、捜査を始めた矢先、彼女自身も囚われの身となってしまう。
医者リン・デンロンは何者かに拉致され、目覚めると殺人鬼“ジグソウ”と彼を慕うアマンダがいた。現在“ゲーム”が行われており、死期の迫るジグソウを“ゲーム”が終わるまで生かしておくことを命じられる。リンの首には、ジグソウの心電図と繋がった首輪がかけられ、ジグソウが“ゲーム”の途中で死んだ場合には首輪が爆発し、リンも死ぬ仕掛けになっていた。
そしてジグソウが仕掛けたのは、3年前、飲酒運転の車に息子を殺され、それ以来、息子を殺した人間に復讐することだけを考えて生きているジェフへのゲーム。ある日、ジェフが目覚めると、箱の中に捕らわれていた。ジェフの元には残されていたICレコーダーからは「さぁ、ゲームを始めよう」とジグソウの声が。ジェフは、自分の息子を見殺しにした目撃者、事件の犯人を軽い刑に処した判事、そして息子を殺した張本人の命が自らの手に委ねられていると知る―――――


久々にぶち切れました。隣の席の男が、上映中に携帯電話を何度も出して見ている。あまりにも何度もやるんで、頭にきて「いい加減にしてください! 怒 怒 怒と言ったんだけど、それでも、上着だか鞄の中で携帯開いてる。
そんなことしたって光が漏れんだよ馬鹿! 激怒
本当に頭にきてたんで、そいつが携帯出す度に舌打ちしていたら(周りの人すみません…)、そのうち出ていった。頭が不自由にも程があるでしょ。後ろの女子高生はずっと喋ってるし。
もう池袋で映画観るの止めようかなあ。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ダーレン・リン・バウズマン トビン・ベル ショウニー・スミス アンガス・マクファーデン バハー・スーメク ディナ・メイヤー 「ソウ」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。