fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > デヴィッド・オイェロウォ
2015年10月23日 (金) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
アメリカン・ドリーマー 理想の代償アメリカン・ドリーマー 理想の代償/A MOST VIOLENT YEAR
2014年/125分/アメリカ
監督: J・C・チャンダー
出演: オスカー・アイザック/ジェシカ・チャステイン/デヴィッド・オイェロウォ/アレッサンドロ・ニヴォラ/アルバート・ブルックス
公式サイト
公開: 2015年10月01日

1981年、NY。移民のアベル・モラレスが起業したスタンダード・ヒーティング・オイル社は、めきめきと業績を伸ばしていた。アベルは事業を広げるため、更に新しい土地の購入を計画し、銀行から融資を受ける約束を取り付けて、全財産を頭金としてつぎ込む。ところが、アベルの会社が急成長したことを面白く思わない何者かにより、オイルを積んだトラックの強奪事件が相次いで起こり、また、ローレンス検事からは脱税や詐欺の疑惑を持たれるようになる。クリーンなビジネスを心掛けるアベルは、ギャングの娘である妻アナの実家を決して頼ろうとはせず、自力で乗り切ろうとするが、銀行から融資を断られてしまう。このままでは、土地の購入も出来ずに全財産を失う羽目になる。アベルは窮地に陥るが―――――


ちょっと前に観に行ってきたのですが、なかなか記事に出来ず…
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:J・C・チャンダー オスカー・アイザック ジェシカ・チャステイン デヴィッド・オイェロウォ アレッサンドロ・ニヴォラ アルバート・ブルックス 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2015年06月25日 (木) | EDIT |
 TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて鑑賞
グローリー 明日への行進グローリー 明日への行進/SELMA
2014年/アメリカ/128分
監督: エヴァ・デュヴァネイ
出演: デヴィッド・オイェロウォ/トム・ウィルキンソン/カーメン・イジョゴ/ジョヴァンニ・リビシ/アレッサンドロ・ニヴォラ
公式サイト
公開: 2015年06月19日

1964年にノーベル平和賞を受賞したマーティン・ルーサー・キング・Jr.牧師は、時のアメリカ大統領リンドン・B・ジョンソンに、憲法上は認められているはずの黒人の選挙権を確立するため、公民権法の制定を迫っていた。同時に、アラバマ州セルマでは、黒人が有権者登録しようとしても妨害され続けており、キング牧師は抗議活動を後押しするために、セルマへ出向いていく。デモ行進に参加していた若者が警官に銃殺されるなど、緊張感が高まっていた1965年03月07日、セルマからモンゴメリーまでデモ行進を行うことにし、キング牧師は所用のため2日目から参加する予定だった。デモ隊がエドマンド・ぺタス橋に着いた時、アラバマ州知事が組織した警官隊により襲撃を受ける。黒人たちは血まみれとなり、この様子が全国へと発信される―――――


第87回米アカデミー賞作品賞ノミニーです。“GLORY”が流れるあの予告、トリハダ立っちゃったんで、楽しみにしていました!
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:エヴァ・デュヴァネイ デヴィッド・オイェロウォ トム・ウィルキンソン カーメン・イジョゴ ジョヴァンニ・リビシ アレッサンドロ・ニヴォラ 第87回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
アウトロー 
2013年03月10日 (日) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
アウトローアウトロー/JACK REACHER
2012年/アメリカ/130分
監督: クリストファー・マッカリー
出演: トム・クルーズ/ロザムンド・パイク/リチャード・ジェンキンス/デヴィッド・オイェロウォ/ヴェルナー・ヘルツォーク
公開: 2013年02月01日
公式サイト

アメリカ、ピッツバーグ近郊にある川沿いの公園の対岸から狙撃され、公園にいた5人の男女が亡くなるという無差別殺人事件が起きる。狙撃現場に残された薬莢や駐車場のコインパーキングに収納されたコインの指紋から、元陸軍の狙撃手で前科のあるジェームズ・バーが容疑者として浮かび上がる。程なくしてバーは逮捕されるが、司法取引に持ち込もうとしたエマーソン警部とロディン検事に対し、バーは「ジャック・リーチャーを呼べ」というメモを残し、事件については語ろうとしなかった。バーは護送中に他の囚人たちから暴力を受け、意識不明となってしまう。エマーソンがジャック・リーチャーとは何者なのかを調べたところ、バーと同じく退役軍人ということはわかったが、退役後の行方がわからず、実態がまるでつかめない幽霊のような人物だった。エマーソンが途方に暮れていたところ、突然ジャックが警察に現れる。バーは以前、似たような無差別事件を起こしており、その時に事件を調べてバーを犯人として検挙したのが、憲兵のジャックだった。ロディンの娘であり、バーの弁護士ヘレンとともに事件を調べ始めたジャックは、あまりにもバーが犯人だという証拠が揃い過ぎているため、逆に疑念を抱くが―――――


トムって、どうも「ミッション:インポッシブル」シリーズ以外の作品がぱっとしないんだよなあ…。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:クリストファー・マッカリー トム・クルーズ ロザムンド・パイク リチャード・ジェンキンス デヴィッド・オイェロウォ ヴェルナー・ヘルツォーク ロバート・デュヴァル 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。