fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > トラヴィス・ファイン
チョコレートドーナツ 
2014年05月25日 (日) | EDIT |
 新宿シネマカリテにて鑑賞
チョコレートドーナツチョコレートドーナツ/ANY DAY NOW
2012年/アメリカ/97分
監督: トラヴィス・ファイン
出演: アラン・カミング/ギャレット・ディラハント/アイザック・レイヴァ/フランシス・フィッシャー/グレッグ・ヘンリー
公式サイト
公開: 2014年04月19日

1979年、カリフォルニア。歌手になることを夢見て、今はゲイバーで口パクのショーダンサーとして甘んじているルディ・ドナテロと、ゲイである自分に気付いて離婚したが、ゲイであることを隠して生きている弁護士のポール・フラガー。ルディが働くゲイバーで出会った2人はお互いに一目惚れ、たちまち恋に落ちる。ルディがアパートに帰ると、隣人マリアンナ・ディレオンのダウン症の息子マルコが1人きりで部屋にいるところを見つける。ジャンキーのマリアンナは恋人と町へ出かけており、ルディはマルコを保護するが、マリアンナは薬物所持で逮捕されてしまい、マルコは家庭局に保護され施設へ引き取られていく。ある日、ルディはマルコが施設を抜け出し1人で町を歩いているところを見かけ、放っておけずに自宅へ連れ帰る。ルディに相談されたポールは、合法的にマルコを引き取る手段を考える。それは、母親であるマリアンナから監護権を認める書類にサインを貰うことだった。晴れて3人は家族として暮らし始める。2人の惜しみない愛情を受けて、学校へ通い始めるようになったマルコは、明るい笑顔を見せるようになる。しかし、ルディとポールがゲイカップルであることが知られてしまい、マルコは不適切な環境にいるとされ、家庭局に連れ去られてしまう。2人はマルコを取り戻すため、裁判を起こすことを決めるが―――――


予告を観た時点で非常に気になっていました。混んでいるのは知っていたので、事前に席を押さえていたのですが、当日行ったらやはり満席になっていました。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:トラヴィス・ファイン アラン・カミング ギャレット・ディラハント アイザック・レイヴァ フランシス・フィッシャー グレッグ・ヘンリー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。