週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > ハ・ジョンウ
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


お嬢さん 
2017年04月23日 (日) | EDIT |
 TOHOシネマズ 新宿にて鑑賞
お嬢さんお嬢さん/아가씨
2016年/韓国/145分
監督: パク・チャヌク
出演: キム・ミニ/キム・テリ/ハ・ジョンウ/チョ・ジヌン/キム・ヘスク
公式サイト
公開: 2017年03月03日

1939年の朝鮮半島。ナム・スッキは、日本の華族、上月家の令嬢、秀子付の侍女として上月家に雇われる。上月家の主、上月教明は韓国人で、没落華族である上月家の娘と結婚して日本人となり、親を亡くした姪の秀子を引き取って暮していた。その後、妻を亡くして寡となった教明は、秀子と結婚して彼女が相続することになっている財産を手に入れようと企んでいた。スリや詐欺で生計を立てていたスッキは、その秀子を誘惑して結婚し、財産をかすめ取ろうとしている詐欺師、藤原伯爵の手下として上月家に潜り込んだのだった。秀子はスッキに心を開き、“珠子”という名前を与える。珠子もまた美しい秀子に心を奪われており、珠子は秀子を騙すことに罪悪感を抱き始めるが―――――


もう全然レビューが追い付いていませんね。年度末年度初めは駄目だわ…。そんな訳で随分前に観たのだけど。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:パク・チャヌク キム・ミニ キム・テリ ハ・ジョンウ チョ・ジヌン キム・ヘスク 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
テロ,ライブ 
2014年09月07日 (日) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞
テロ,ライブテロ,ライブ/더 테러 라이브
2013年/韓国/98分
監督: キム・ビョンウ
出演: ハ・ジョンウ/イ・ギョンヨン/チョン・ヘジン/キム・ホンファ/キム・ソジン
公式サイト
公開: 2014年08月30日

不祥事が元でニュースキャスターの座を追われ、系列のラジオ局へと左遷された人気キャスターのユン・ヨンファ。聴取者からの電話に答える生放送の番組で、パク・ノギュと名乗る建設作業員と話をしていると、テーマがずれ始めたため、ユンは強引に話を切り上げる。しかし何故かこちらから電話が切れず、無視して番組を続けていると、パクは橋に爆弾を仕掛けたと言う。ユンはいたずらだろうと相手にしなかったが、突然爆音が聞こえ、麻甫大橋が爆破されたところを目の当たりにする。ユンは、犯人であるパクと電話がつながっていることをチャンスと考え、このスクープを元にニュースキャスターに返り咲こうと企む。自分を左遷したチャ報道局長に取引を持ち掛け、ラジオから急遽テレビのニュース番組で扱わせることに成功したユンは、番組の中でパクの要求を聞き出す。パクは、2年前に麻甫大橋を補修した時に、足場が崩れて建設作業員3人が川に落ちて死んだ事故で、当時国際首脳会議があったために警察がそちらに掛かりきりになり間に合わなかったこと、遺族に謝罪も補償もなかったことを語り、遺族に対する大統領の謝罪を要求する。麻甫大橋には市民10人が取り残されており、ユンの元妻イ・ジスもレポーターとして現場にいた。そして、ユンのイヤホンにも爆弾が仕掛けてられいることが判明するが―――――


どうかな~と思ったのですが、半分ハ・ジョンウ目当てで観に行ってみました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:キム・ビョンウ ハ・ジョンウ イ・ギョンヨン チョン・ヘジン キム・ホンファ キム・ソジン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
哀しき獣 
2012年02月25日 (土) | EDIT |
 シネマート新宿にて鑑賞
哀しき獣哀しき獣/황해
2010年/韓国/140分
監督: ナ・ホンジン
出演: ハ・ジョンウ/キム・ユンソク/チョ・ソンハ
公式サイト
公開: 2012年01月07日


中国とロシアの国境近くにある延辺朝鮮族自治州でタクシー運転手をしているキム・グナムは、韓国へ出稼ぎに出た妻リ・ファジャのビザ取得で6万元の借金を背負っていたが、賭け麻雀にハマって借金を返せぬまま、また肝心のファジャとも連絡が取れなくなっていた。そんなグナムの元に密航ブローカーのミョン・ジョンハクが近づき、借金の棒引きと引き換えに韓国でキム・スンヒョンという人物を殺してこいという。韓国へ行ったらついでに妻を探せると言われたグナムはこれを引き受け、韓国に密入国する。ターゲットであるスンヒョンの住むビルを見張りながら、グナムはファジャを探し続けていた。中国へ戻る船が出港する前日、グナムはスンヒョンの住むビルで怪しげな男たちを見かけ、彼らがスンヒョンを襲うのを目撃する。スンヒョンを殺した犯人たちと争いの末、グナムは証拠として求められていた親指を切り離してその場から逃げるが、警察に姿を見られたグナムは犯人として追われることになる。翌日、何とか待ち合わせ場所にたどり着いたグナムだったが、そこには迎えなど来ていなかった。ミョンとも連絡が取れず、追いつめられるグナム。一方で、スンヒョン殺害の指示を出していたバス会社の社長キム・テウォンは、グナムが現場から逃げ出したことから自分のことが表沙汰になるのを恐れ、グナムを捕らえるよう部下に指示をだすが―――――


ちょっと仕事が混んできていて、なかなか劇場に行けず…てか、サービスデーに行こうとしているからだけど。
残業を早めに切り上げて、最後のサービスデーに行ってきました。ま、25日から六本木に移るんですけども、新宿の方が近いもんで。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ナ・ホンジン ハ・ジョンウ キム・ユンソク チョ・ソンハ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
国家代表!? 
2010年10月20日 (水) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
国家代表!?国家代表!?/국가대표
2009年/韓国/146分
監督: キム・ヨンファ
出演: ハ・ジョンウ/ソン・ドンイル/キム・ドンウク/キム・ジソク/チェ・ジェファン
公開: 2010年10月23日
公式サイト

1997年、7歳の時にアメリカ人の夫婦と養子縁組をし、妹と共にアメリカに渡った韓国人のボブ・ジェームスは、生き別れとなった実の母親を探すために、韓国のテレビ番組に出演する。そこへ子供向けスキー教室のコーチをしているパン・ジョンナムが来て、ジュニア時代にアルペンスキーでアメリカ代表となった経験のあるボブを、スキージャンプの国家代表選手にスカウトする。ボブは自分を捨てた韓国の代表になることに抵抗するが、国家代表になって有名になれば母親の目に留まると言われ、渋々引き受ける。韓国では冬季オリンピックの誘致を進めており、そのためにスキージャンプチームを結成しようとしていたが、スキージャンプ不毛の地韓国では、経験者を見つけるのさえ至難の業。そこで何とかスキー経験者を選手に仕立てあげようとしてスカウトされたのが、ボブと、高校のスキー部でメダルを獲ったが、クスリが原因でメダルを剥奪され、ナイトクラブのボーイをしているチェ・フンチョル、フンチョルのスキー部仲間で、今は父親の焼肉店を手伝い父親に頭があがらないマ・ジェボク、同じ元スキー部で、耳の遠い祖母と変わり者の弟ボングを抱え生活に困窮しているカン・チルグだった。ボブは母親を見つけるため、フンチョルはパンの娘スヨンに一目惚れし、父親に認めてもらいたいジェボクや「メダルを獲れば兵役免除」という言葉に釣られたチルグ、それぞれ不純な動機でスキージャンプに挑戦することに。パンの独特な指導のもと、4人の素人は練習に励むが―――――


試写が当たったので行って来ました~  18時開映だったので必死で走りました(笑)
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:キム・ヨンファ ハ・ジョンウ ソン・ドンイル キム・ドンウク キム・ジソク チェ・ジェファン イ・ジェウン キム・ヨンゴン イ・ハヌイ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
チェイサー 
2009年05月17日 (日) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
チェイサーチェイサー/추격자
2008年/韓国/125分
監督: ナ・ホンジン
出演: キム・ユンソク/ハ・ジョンウ/ソ・ヨンヒ/チョン・インギ/パク・ヒョジュ
公開: 2009年05月01日
公式サイト

元刑事で今はデリヘル経営者のジュンホは、最近デリヘル嬢たちが次々といなくなってしまったのを、客が女を売り飛ばしたと思っていた。ある日、客から電話があったが動ける女がいなかったため、風邪を引いて休んでいたミジンを無理矢理客の元へ行かせる。しかし、その客が、失踪した女たちが最後に呼ばれた客と同じ電話番号“4885”だったことを知り、ミジンに居場所を知らせるように言う。ところが、ミジンの車は見つけたものの本人からの連絡が途絶えてしまい、辺りを探し回っていたところ、ジュンホはある男の運転する車と事故を起こしてしまう。「弁償はいい」とその場を慌てて去ろうとする男の服に血痕を見つけたジュンホは、男が“4885”であることを確認すると、警察に突き出す。ヨンミンと名乗るその男は、「女を売ったんだろう」と問い詰めるジュンホに「女は売っていない。殺した」と言い出す。事件は急展開するが、ヨンミンはミジンの居所や殺した女たちの死体を埋めた場所は言わない。ジュンホはミジンの居場所を探して、町を走り回るが―――――


実際に韓国で起こった連続殺人事件を元にしてるとのことだったので、かなり楽しみにしてました。
レオがリメイク権を獲得したらしい。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ナ・ホンジン キム・ユンソク ハ・ジョンウ ソ・ヨンヒ チョン・インギ パク・ヒョジュ キム・ユジョン ユ・ヨンチョル 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ブレス 
2008年05月17日 (土) | EDIT |
 シネマート六本木にて鑑賞
ブレスブレス/숨
2007年/韓国/84分
監督: キム・ギドク
出演: チャン・チェン/チア/ハ・ジョンウ/カン・イニョン
公式サイト
公開: 2008年05月03日

主婦ヨンは、何となく付けていたテレビから流れたニュースで、死刑囚チャン・ジンが自殺を試みたことを知る。チャン・ジンは、自殺を図っては未遂で終わるということを繰り返していた。
ある日、夫の浮気の証拠を掴んだヨンは、衝動的にチャン・ジンが収監されているハンソン刑務所へ向かい、「昔の恋人だ」と偽ってチャン・ジンへの面会を申し出る。ヨンはチャン・ジンに、子供の頃、友人たちと潜水をしていた時に“5分だけ死んだ”という話をし、「自分に出来ることがあれば言って欲しい」と言う。それ以来、ヨンはチャン・ジンに春夏秋冬の風景の壁紙とそれぞれの季節の歌をプレゼントするために面会に行くようになり、2人は次第に心を通わせていく。ヨンの様子が変わったことに気付いたヨンの夫は、彼女が浮気していると思い、後を付ける…


キム・ギドクの最新作
しかし、何でこんなにハマっちゃったんだろうなー。謎だなー。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:キム・ギドク チャン・チェン チア ハ・ジョンウ カン・イニョン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
絶対の愛 
2007年04月01日 (日) | EDIT |
 ユーロスペースにて鑑賞
絶対の愛絶対の愛/시간
2006年/韓国、日本/98分
監督: キム・ギドク
出演: ソン・ヒョナ/ハ・ジョンウ/パク・チヨン
公式サイト
公開: 2007年03月10日

つきあい始めて2年経つ恋人同士、セヒとジウ。セヒは、いつか自分の顔と体がジウに飽きられてしまうのではないかと怖れ、通りすがりでもジウに係わる女性が現れる度に嫉妬し、ジウと言い争うことを繰り返していた。ある日、思いあまったセヒは整形外科医院の扉を叩き、「どこも直す必要はない」という医者の説得にもかかわらず、整形を行う。翌日、ジウがセヒに連絡を取ろうとしたところ、携帯電話は解約され、部屋も引き払われており、セヒはジウの前から姿を消してしまった。呆然とするジウ。友人たちが合コンを企画してくれたり、以前想いを寄せていたヨニといい雰囲気になったりするものの、ジウはセヒを忘れられなくて苦しんでいた。そしてセヒが姿を消してから6ヶ月後、ジウは行きつけの喫茶店で、新しいウェイトレス、スェヒと出会う。数日後、ジウが芽島の彫刻公園に出かけた時にも、偶然スェヒと遭遇し、かつてセヒとそうしたようにジウは2人で写真を撮る。スェヒに次第に引かれていくジウ。スェヒは「もしセヒが戻ってきたらどうする?」とジウに問うが、未だセヒへの想いを抱えたジウは明言を避ける。ジウと結ばれた夜、スェヒはセヒの名前で「ジウの元に戻りたい」という手紙を書く。ジウは手紙を読み、悩んだ挙げ句セヒを受け入れてスェヒと別れることを決め、スェヒにそれを告げるが、彼女は拒絶し、罵りあいになってしまう。そしてセヒと待ち合わせた日、ジウの前に現れたのは、セヒの写真を仮面のように被ったスェヒだった。ジウはそれを見て、全てを悟る。スェヒの正体はセヒだったのだ―――――


久々の映画鑑賞~。今日は絶対これを観ようと思って、気合い入れて(笑)行きました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:キム・ギドク ソン・ヒョナ ハ・ジョンウ パク・チヨン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。