fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > バルバラ・ネデルヤコーヴァ
2013年08月25日 (日) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ザ・チャイルド:悪魔の起源ザ・チャイルド:悪魔の起源/CHILDREN OF THE CORN: GENESIS
2010年/アメリカ/81分
監督: ジョエル・ソワソン
出演: ケレン・コールマン/ティム・ロック/バルバラ・ネデルヤコーヴァ/デュエイン・ウィテカー/ダスティ・バーウェル
公式サイト

ビクタービルに住む祖父の家に向かい、カリフォルニアの砂漠を走っているところ、途中で車が故障して立ち往生してしまったティムとアリー。助けを求めて近くの民家を訪ね電話を借りようとするが、家主のコールからは電話はないと断られてしまう。しかし、アリーが妊娠していると知ると、コールは態度を変え、2人を家に招き入れる。電話を借りて修理業者を呼ぼうとするものの、到着は夜中になる上に高額で、翌朝やってくる配達業者の車に乗せてもらって修理道具を買うのが一番いいという結論になり、2人はコールの家に一晩泊めてもらうことに。夜トイレに行ったアリーは、錠前のかかった納屋の近くで子供の泣き声を耳にする。コールとその妻ヘレンの不気味な雰囲気も相まって、子供を納屋に閉じ込めていると思い込んだアリーは、子供を助け出して逃げようとティムに提案、2人は逃げ出そうとするが―――――


ヒューマントラストシネマ渋谷で開催されていた、未体験ゾーンの映画たち2012で上映されていました。わたしはこの時「キリング・フィールズ 失踪地帯」だけ観たんだよね。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ジョエル・ソワソン ケレン・コールマン ティム・ロック バルバラ・ネデルヤコーヴァ デュエイン・ウィテカー ダスティ・バーウェル 原作:スティーヴン・キング 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ホステル 
2006年11月02日 (木) | EDIT |
 シアターN渋谷にて鑑賞
ホステルホステル/HOSTEL
2005年/アメリカ/93分
監督: イーライ・ロス
出演: ジェイ・ヘルナンデス/デレク・リチャードソン/エイゾール・グジョンソン/バルバラ・ネデルヤコーヴァ/ヤナ・カデラブコーヴァ
公式サイト
公開: 2006年10月28日

バックパッカーをしながら旅をしているアメリカ人大学生のパクストンとジョッシュ。旅の途中、フランスで知り合ったアイスランド人のオリーと意気投合し、3人はアムステルダムのコーヒーショップで大麻を楽しんでいた。夜遊びが過ぎてホステルの門限を過ぎてしまい、入り口で立ち往生していた時に中に入れてくれたアレックスは、3人の旅の目的が女性にあると知ると、スロバキアにあるブラティスラバという町を紹介する。戦争があって男性が少ないため、特にアメリカ人の男性が行くとモテると言う。その気になった3人は、早速スロバキアへ向かうことに。途中、列車の中で会った中年男性もブラティスラバを勧めており、ますます3人の期待は高まる。
そして着いたブラティスラバのホステルでは、ナタリーアとスベトラニャという魅力的な女性2人と相部屋になり、有頂天状態。3人はアレックスの言葉通り、夢のような一夜を過ごす。ところが朝になってもオリーは部屋に戻ってこず、フロントに問い合わせると、朝早くチェックアウトしたと言う。パクストンとジョッシュは不審に思うが、同じホステルに泊まっていた日本人カナの友人と一緒にいるらしいとわかる。しかしその後、ジョッシュも行方不明となり、パクストンはナタリーアとスベトラニャを問いつめると、「2人は“アート・ショー”に行った」と言う。パクストンはナタリーアに“アート・ショー”をしているという建物まで案内させるが、そこでは恐るべきことが行われていた―――――


レイトで観たんだけど、結構混んでましたね。映画館が小さかったせいもあるかもしれないけど、こんな映画観に来る人がこんなにいるんだ!と衝撃。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:イーライ・ロス ジェイ・ヘルナンデス デレク・リチャードソン エイゾール・グジョンソン バルバラ・ネデルヤコーヴァ ヤナ・カデラブコーヴァ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。