週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > バーカッド・アブディ
2017年01月13日 (金) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場/EYE IN THE SKY
2015年/イギリス/102分
監督: ギャヴィン・フッド
出演: ヘレン・ミレン/アーロン・ポール/アラン・リックマン/バーカッド・アブディ/ジェレミー・ノーサム
公式サイト
公開: 2016年12月23日

イギリスのキャサリン・パウエル大佐は、テロリスト集団“アル・シャバブ”の幹部であるアイシャ・アル・ハディことスーザン・ダンフォードとその夫アブドゥラ・アル・ハディが、ナイロビにある“アル・シャバブ”の関係者の住居を訪れることを突き止め、英米合同で捕獲作戦に当たっていた。アメリカでは、ネバダ州のクリーチ空軍基地からドローンを使ってその住居を上空から撮影しており、ハワイのパールハーバー空軍基地でその画像の解析を行い、スーザンが現れたら現地の軍により即捕獲する作戦であり、その様子をイギリス国防相のフランク・ベンソン中将、ジェームズ・ウィレット外相ら国家緊急事態対策委員会(コブラ)がそれを見守っていた。スーザンらしき女性が現れたものの、確証が持てず、現地の工作員ジャマ・ファラが住居の中へカメラを忍び込ませ、女性がスーザンであることが確認できたが、中では自爆テロの準備が進められていることが判明する。パウエル大佐は、彼らが自爆テロを決行する前に排除すべきと主張するが、スーザンたちがいる住居のすぐ外で、現地の少女がパンを売っていた。爆撃を行うと確実に少女を巻き込むことになるため、コブラの中でも意見が割れてしまう。そして住居の中では自爆テロの準備が整っていくが―――――


新年1本目! 「ドローン・オブ・ウォー」みたいだなーと思って、予告ではそんなに惹かれなかったのですが、時間が合ったので。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ギャヴィン・フッド ヘレン・ミレン アーロン・ポール アラン・リックマン バーカッド・アブディ ジェレミー・ノーサム 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2014年01月28日 (火) | EDIT |
 新宿ミラノにて鑑賞
キャプテン・フィリップスキャプテン・フィリップス/CAPTAIN PHILLIPS
2013年/アメリカ/134分
監督: ポール・グリーングラス
出演: トム・ハンクス/バーカッド・アブディ/バーカッド・アブディラマン/ファイサル・アメッド/マハト・M・アリ
公式サイト
公開: 2013年11月29日

2009年03月28日、マースク海運で船長を務めるリチャード・フィリップスは、コンテナ船マースク・アラバマ号で、オマーンからケニアに向けて出港する。ソマリア海盆で海賊が頻発しているとの情報があったため、フィリップスは気を引き締め、船員に緊急訓練をすることを副船長のシェーン・マーフィーに命じる。ところが訓練中、アラバマ号に接近しつつある2層の小型船を確認する。始めは何とかやり過ごすものの、小型船は再びアラバマ号に接近し、フィリップスは船員たちに機関室に潜伏するように指示し、残った数名の船員と共に小型船を追い払おうとするが、梯子をかけられ、ついに海賊たちに乗り込まれてしまう。海賊のリーダー、ムセは、金さえもらえば誰も傷つけるつもりはないと言い、フィリップスは金庫にある3万ドルを持って行けと答えるが、海賊たちは、そんなはした金では引き下がれないと主張し、船員たちを探すために船中を案内するようフィリップスを脅す。フィリップスは、船員たちが見つからぬよう上手くムセを誘導し、船員たちも無線でフィリップスの動きを知り、隙をついてムセを捕らえることに成功する。船員たちは、ムセと引き換えにアラバマ号を降りて救命艇で去るよう海賊たちに要求、海賊たちはやむなく引き下がることを決める。しかし、救命艇に乗り移る際に、フィリップスは人質に取られ拉致されてしまう―――――


11月公開作ですよこれ。早く行かなきゃ―と思っていたのに、こんな時期になってしまいました。。。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ポール・グリーングラス トム・ハンクス バーカッド・アブディ バーカッド・アブディラマン ファイサル・アメッド マハト・M・アリ 第86回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。