週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > パク・チャヌク
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


お嬢さん 
2017年04月23日 (日) | EDIT |
 TOHOシネマズ 新宿にて鑑賞
お嬢さんお嬢さん/아가씨
2016年/韓国/145分
監督: パク・チャヌク
出演: キム・ミニ/キム・テリ/ハ・ジョンウ/チョ・ジヌン/キム・ヘスク
公式サイト
公開: 2017年03月03日

1939年の朝鮮半島。ナム・スッキは、日本の華族、上月家の令嬢、秀子付の侍女として上月家に雇われる。上月家の主、上月教明は韓国人で、没落華族である上月家の娘と結婚して日本人となり、親を亡くした姪の秀子を引き取って暮していた。その後、妻を亡くして寡となった教明は、秀子と結婚して彼女が相続することになっている財産を手に入れようと企んでいた。スリや詐欺で生計を立てていたスッキは、その秀子を誘惑して結婚し、財産をかすめ取ろうとしている詐欺師、藤原伯爵の手下として上月家に潜り込んだのだった。秀子はスッキに心を開き、“珠子”という名前を与える。珠子もまた美しい秀子に心を奪われており、珠子は秀子を騙すことに罪悪感を抱き始めるが―――――


もう全然レビューが追い付いていませんね。年度末年度初めは駄目だわ…。そんな訳で随分前に観たのだけど。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:パク・チャヌク キム・ミニ キム・テリ ハ・ジョンウ チョ・ジヌン キム・ヘスク 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
イノセント・ガーデン 
2013年09月16日 (月) | EDIT |
 早稲田松竹にて鑑賞
イノセント・ガーデンイノセント・ガーデン/STOKER
2013年/アメリカ/99分
監督: パク・チャヌク
出演: ミア・ワシコウスカ/ニコール・キッドマン/マシュー・グード/ダーモット・マローニー/ジャッキー・ウィーヴァー
公式サイト
公開: 2013年05月31日

父親っ子のインディア・ストーカーは、毎年誕生日に、父親のリチャードが敷地内に隠している靴のプレゼントを探し出すのを楽しみにしていた。しかしインディアの18歳の誕生日に、リチャードは不審な死を遂げる。葬儀の日、外国を放浪しており長く音信不通だったという、リチャードの弟チャールズが現れる。リチャードから、しばらく滞在させてほしいとの申し出があり、インディアの母イヴリンはインディアを扱いかねていることもあり、チャールズを迎え入れて、3人はともに暮らし始める。ところが、家政婦のマクガーリック夫人が行方不明になったり、インディアの周りで不可解な出来事が起こるようになるが―――――


パク・チャヌクのハリウッド・デビュー作ということで楽しみにしていたのですが、都合がつかなくて。観逃してしまった… と思っていたら、早稲田松竹で上映するとのこと。喜々として 映画館に向かいました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:パク・チャヌク ミア・ワシコウスカ ニコール・キッドマン マシュー・グード ダーモット・マローニー ジャッキー・ウィーヴァー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
渇き 
2010年02月22日 (月) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
渇き渇き/박쥐
2009年/韓国/133分
監督: パク・チャヌク
出演: ソン・ガンホ/キム・オクビン/シン・ハギュン/キム・ヘスク/オ・ダルス
公開: 2010年02月27日
公式サイト

病院で患者のために祈り続けてきた神父ヒョン・サンヒョンは、死に至る患者たちを見て日々厭世観に襲われていた。役に立ちたいと言う気持ちが高じた末、サンヒョンは、独身男性のみが発症し、死に至らしめる正体不明のエマニュエル・ウィルス、通称E.V.の研究をしているエマニュエル研究所に実験体として志願する。やがて発症し一度命を落としたものの、輸血により奇跡的に息を吹き返したサンヒョンは、信者たちに奇跡を起こした者として崇められるようになる。そんなサンヒョンの前に、幼馴染イ・ガンウの母親が、癌になったガンウのために祈って欲しいと現れる。サンヒョンがガンウの家を訪れると、幼い頃、両親を失ってガンウの家に引き取られ、ガンウやガンウの母親にこき使わながら育ち、そのままガンウの妻となったテジュがいた。サンヒョンとテジュは激しく求め合うが、サンヒョンの身体には克服したはずのE.V.の症状が出始めていた。サンヒョンは激しく血を欲するようになり、血液を摂取するとE.V.の症状が治まることがわかる。ヴァンパイアとなってしまったサンヒョンは、人の血を欲することとテジュへの愛、そして信仰の間で葛藤する―――――


パク・チャヌクの新作ってことで、絶対観るぞ!と決めていたこの作品。試写で観てきました~
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:パク・チャヌク ソン・ガンホ キム・オクビン シン・ハギュン キム・ヘスク オ・ダルス 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
サイボーグでも大丈夫 
2007年10月16日 (火) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
サイボーグでも大丈夫サイボーグでも大丈夫/싸이보그지만괜찮아
2006年/韓国/107分
監督: パク・チャヌク
出演: チョン・ジフン/イム・スジョン
公式サイト
公開: 2007年09月15日

ある日、自分がサイボーグだと気付いたチャ・ヨングン。 大好きな祖母が“ホワイトマン”に病院に連れ去られてしまってから、祖母が忘れていった入れ歯を届けて、“ホワイトマン”を皆殺しにしようと心に決めていた。ヨングンの母はそんな彼女を精神クリニックへ入院させる。ヨングンは祖母を助けるために“ホワイトマン”を殺そうと思うが、「“ホワイトマン”にもお祖母ちゃんがいるかも…」と思うと、同情心が沸いてしまいどうしても実行に移せない。そこでヨングンは、同じクリニックの入院患者で、人のものなら何でも盗める盗みの天才、パク・イルスンに「自分の同情心を盗んで欲しい」と頼む。イルスンはヨングンを観察するうちに、彼女が段々弱ってきているのに気付く。自分がサイボーグだと思うヨングンは、食事をせずに電池を舐めて“充電”するだけなので、生身の身体は当然弱っていく。ヨングンに同情したイルスンは、ヨングンを何とかしようとするが…


パク・チャヌクの新作。
…が、Rain(ピ)ファンで既に4回も観たという友人が、やたらと「あまり期待しないで」と念を押すし(笑)、予告もかなり微妙だったので、本当に期待はせずに観てみました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:パク・チャヌク チョン・ジフン イム・スジョン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
復讐者に憐れみを 
2006年01月27日 (金) | EDIT |
 新文芸坐にて鑑賞
復讐者に憐れみを復讐者に憐れみを/복수는 나의 것
2002年/韓国/117分
監督: パク・チャヌク
出演: ソン・ガンホ/シン・ハギュン/ペ・ドゥナ
公開: 2005年02月05日

聴覚障害を持つリュは、姉と2人暮らし。溶接工場で働く傍ら、腎臓を患う姉の看病をしていた。リュは腎臓移植を医者に申し出るが、自分の腎臓は姉には適合しなかった。そして工場を解雇されたリュは、臓器売買を行っているブローカーを訪ね、退職金の1000万ウォンと腎臓の1つと引き替えに、適合する腎臓を売ってもらおうとするが、ブローカーに騙され、退職金と腎臓を取られてしまう。直後、適合する腎臓が見付かったと病院から連絡があるが、リュには入院費も手術代も手元にはない。恋人ヨンミにそそのかされ、リュは自分を解雇した工場の社長ドンジンの娘ユソンを誘拐し、身代金を要求することに。姉には、親から預かったと嘘をつき、ユソンを自宅に置く。そして身代金を奪うことに成功するが、リュが工場を解雇され、ユソンを誘拐したことが姉にばれてしまい、自分のために弟が犯罪を犯したことを悟った姉は、ユソンを帰すように言い残し、自殺する。リュは姉の遺体を川の畔に葬りに行くが、その時、ユソンが誤って川に落ち、溺死してしまう。そしてユソンの死体が川から見付かり、嘆き悲しむドンジンは、娘を殺した犯人を捕まえ復讐することを誓う―――――


新文芸座の「“韓流”シネマコレクション2006」で観てきました。これで復讐三部作を全部観たことになります。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:パク・チャヌク ソン・ガンホ シン・ハギュン ペ・ドゥナ 「復讐三部作」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
オールド・ボーイ 
2005年12月26日 (月) | EDIT |
オールド・ボーイオールド・ボーイ/올드 보이
2003年/韓国/120分
監督: パク・チャヌク
出演: チェ・ミンシク/ユ・ジテ/カン・ヘジョン
公式サイト

平凡なサラリーマン、オ・デス。酔って暴れた帰り道、彼は突然何者かに拉致され、監禁されてしまう。衣食住に不自由することはない、部屋にはテレビさえある。しかし、何故、どうして、いつまで?という質問には一切答えて貰えない。そして、監禁されてから15年がたったある日、オ・デスは突然解放される。しかし、監禁されていた間に妻は何者かに殺され、しかも自分が犯人とされている。娘の行方はわからない。帰る場所もないオ・デスはたまたま日本料理店に入り、そこで働くミドという若い娘と出会う…


前々から、友だちに「絶対オススメだから観て!」と言われていたんだけど、なかなかDVDを借りに行く暇もなく(近くに良いレンタル店がないのです…)、WOWOWでやるのをずっと待っていました(笑)
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:パク・チャヌク チェ・ミンシク ユ・ジテ カン・ヘジョン 「復讐三部作」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
親切なクムジャさん 
2005年11月23日 (水) | EDIT |
親切なクムジャさん親切なクムジャさん/친절한 금자씨
2005年/韓国/114分
監督: パク・チャヌク
出演: イ・ヨンエ/チェ・ミンシク/クォン・イェヨン
公式サイト
公開: 2005年11月12日


6歳の男の子・ウォンモを誘拐し殺害したとして、自首してきたのは20歳の女、イ・クムジャだった。その美貌と残虐な手口で、彼女は世の注目を集める。しかし実は、クムジャはウォンモ誘拐の真犯人から、犯人として自首しないと娘を殺すと脅されていたのだった。そして入った刑務所で、クムジャは他の受刑者に優しくしたり人が嫌がることを引き受けたりしたため、“親切なクムジャさん”と呼ばれ、受刑者仲間から慕われる。そして13年の刑期を終え出所したクムジャは、自分を無実の罪に陥れた男への復讐計画を実行する…


予告が面白そうだったので、かなり前から観たかったんだー  いわゆる“復讐三部作”「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」を観ていないので、どうかなとは思ったのですが。
ソン・ガンホがちょい役で出てたのでびっくりした。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:パク・チャヌク イ・ヨンエ チェ・ミンシク クォン・イェヨン ソン・ガンホ 「復讐三部作」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。