fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > パトリック・ウィルソン
プロメテウス 
2012年10月13日 (土) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
プロメテウスプロメテウス/PROMETHEUS
2012年/アメリカ/124分
監督: リドリー・スコット
出演: ノオミ・ラパス/マイケル・ファスベンダー/シャーリーズ・セロン/イドリス・エルバ/ガイ・ピアース
公開: 2012年08月24日
公式サイト

2089年、エリザベス・ショウ博士とチャーリー・ホロウェイ博士は、年代も場所も全くかけ離れている世界各地の古代遺跡から、共通するあるサインを発見する。それを“地球外生命体からの招待状”と分析した2人は、それを探るべく、巨大企業ウェイランド社が出資した宇宙探索船プロメテウスに乗り込み、宇宙へと旅立つ。
そして2093年、ヤネックをはじめとするプロメテウスの乗組員たちはコールドスリープから目覚め、エリザベスとチャーリーから、地球外生命体の存在を聞かされる。乗組員たちは半信半疑のまま、ウェイランド社から派遣されたメレディス・ヴィッカーズ監督官、精巧なアンドロイドのデヴィッドとともに、未知の惑星へと向かう―――――


いつ観たんだコレ…。09月中だべ。既に公開も終了しているし (^_^;) 間空きすぎました。既に少し記憶も薄れています。。。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:リドリー・スコット ノオミ・ラパス マイケル・ファスベンダー シャーリーズ・セロン イドリス・エルバ ガイ・ピアース パトリック・ウィルソン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
2012年03月12日 (月) | EDIT |
 シアターN渋谷にて鑑賞
ザ・レッジ―12時の死刑台―ザ・レッジ―12時の死刑台―/THE LEDGE
2011年/アメリカ/101分
監督: マシュー・チャップマン
出演: チャーリー・ハナム/リヴ・タイラー/パトリック・ウィルソン/テレンス・ハワード
公式サイト
公開: 2012年02月18日


ルイジアナ州バトンルージュ。ホリス・ルセティ巡査は男性不妊症と診断され、妻との間に生まれた子供が実の子ではないと知り落ち込んでいたところ、ビルで飛び降り騒ぎが起こっていると現場に駆り出される。ホリスが駆けつけると、1人の男がまさに屋上から飛び降りようとしていた。ホリスは自己紹介し、男を説得しようと試みる。男はギャビンと名乗り、自分の意思でここにいるのではないが、12時になったら必ずやり遂げる、そうしないと別の人間が死ぬと言う。ギャビンの本気を感じ取ったホリスは、12時までの1時間半、ギャビンから事情を聞き出そうとするが―――――


久々にシアターN渋谷へ。既にモーニング・レイトのみとなっています。本当はもう少し早く行きたかったんだけど…。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:マシュー・チャップマン チャーリー・ハナム リヴ・タイラー パトリック・ウィルソン テレンス・ハワード 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ヤング≒アダルト 
2012年03月10日 (土) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
ヤング≒アダルトヤング≒アダルト/YOUNG ADULT
2011年/アメリカ/94分
監督: ジェイソン・ライトマン
出演: シャーリーズ・セロン/パットン・オズワルト/パトリック・ウィルソン/エリザベス・リーサー/コレット・ウォルフ
公式サイト
公開: 2012年02月25日


故郷マーキュリーを飛び出して、ミネアポリスで作家として働くバツイチの37歳、メイビス・ゲイリー。実は、ヤングアダルト小説「花のハイスクール」の原案を文章に起こすことがメインで、作家として名は売れていない。その「花のハイスクール」もテレビドラマが終わり、人気は落ちる一方。最終回の原稿もなかなか筆が進まずにいた。ある日、高校時代の恋人バディ・スレイドとその妻ベスから、子供の誕生祝いパーティーへの招待メールが子供の写真付きで送られてくる。それを見たメイビスはバディと自分は結ばれる運命であると直感し、突如マーキュリーに舞い戻る。高校時代の同級生マット・フリーハウフと酒場で再会し、何故町へ戻ってきたのかと聞かれたメイビスは、バディとよりを戻すためと宣言し、マットの忠告も聞かず、バディを取り戻すべく動き始めるが―――――


JUNO ジュノ」とか「マイレージ、マイライフ」がいまいち合わなかったので、これも駄目かなあ… なんて思っていたのだけど、とりあえず観てみるかと思い行ってきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ジェイソン・ライトマン シャーリーズ・セロン パットン・オズワルト パトリック・ウィルソン エリザベス・リーサー コレット・ウォルフ  
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
インシディアス 
2011年08月30日 (火) | EDIT |
 池袋シネマサンシャインにて鑑賞
インシディアスインシディアス/INSIDIOUS
2010年/アメリカ/103分
監督: ジェームズ・ワン
出演: パトリック・ウィルソン/ローズ・バーン/タイ・シンプキンス/リン・シェイ/バーバラ・ハーシー
公開: 2011年08月27日
公式サイト

教師である夫ジョシュと、妻ルネ、息子ダルトン、フォスター、そして生まれて間もない娘カリと新しい家に引っ越してきたランバート一家。新しい毎日が始まるはずだったが、何故かルネは得体の知れぬ不安に襲われていた。その予感が現実になるかのように、屋根裏部屋で電気をつけようと梯子に上ったダルトンが足を滑らせて転倒する。大きな怪我はなく、ホッとするジョシュとルネだったが、翌日からダルトンは昏睡状態となってしまう。医者にも原因はわからず、そして3か月が経っても、ダルトンは目覚めぬままだった。そんな中、家で作曲をしていたルネは、カリの部屋に置いているモニターを通じて奇妙な声を耳にする。しかし部屋には誰の姿もなく、その他にも、フォスターが「ダルトンが夜中に歩き回る」と言い出したり、誰かが家を訪ねてきたのに姿が見えないなど奇妙な出来事が続く。精神的に参ってしまったルネは引っ越しを訴え、ジョシュはルネの願いを聞いて再び引っ越しを決める。しかし、新しい家で見知らぬ子供の姿を見たルネは、悪魔祓いに頼ろうとするが―――――


ソウ」のジェームズ・ワンとリー・ワネルが再びタッグを組み、それに「パラノーマル・アクティビティ」シリーズのプロデューサー、オーレン・ペリも加わったということで、まーあまり期待せずに(笑)行ってきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ジェームズ・ワン パトリック・ウィルソン ローズ・バーン タイ・シンプキンス リン・シェイ バーバラ・ハーシー リー・ワネル オーレン・ペリ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
パッセンジャーズ 
2009年04月10日 (金) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
パッセンジャーズパッセンジャーズ/PASSENGERS
2008年/アメリカ/93分
監督: ロドリゴ・ガルシア
出演: アン・ハサウェイ/パトリック・ウィルソン/デヴィッド・モース/アンドレ・ブラウアー/クレア・デュヴァル
公式サイト
公開: 2009年03月07日

セラピストのクレア・サマーズは、ある日、飛行機墜落事故の知らせを受ける。生存者5人のケアを負かされたクレアは、グループセラピーを行おうとするが、生存者のうちの1人、エリック・クラークはグループセラピーを拒否し、個別セラピーを希望する。クレアは、彼女のプライベートを知っているかのようなエリックの発言に戸惑うが、個別セラピーを承諾する。グループセラピーに参加したエリック以外の4人に事故の時の状況を確認するが、何故か個々の証言が食い違う。爆発を見たと言っている生存者がいたが、航空会社は、事故の原因をパイロットの過失と発表する。さらに、グループセラピーの場に不審な人物が現れ、セラピーに参加する生存者が減っていく。航空会社が事故原因を隠そうとしていると感じたクレアは、真相究明に走るが…


しばらくブログ放置してしまいました。
本当は3月中に観ていたんだけど、色々あってこんな時期になってしまいました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ロドリゴ・ガルシア アン・ハサウェイ パトリック・ウィルソン デヴィッド・モース アンドレ・ブラウアー クレア・デュヴァル 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
リトル・チルドレン 
2007年08月04日 (土) | EDIT |
 シャンテシネにて鑑賞
リトル・チルドレンリトル・チルドレン/LITTLE CHILDREN
2006年/アメリカ/137分
監督: トッド・フィールド
出演: ケイト・ウィンスレット/パトリック・ウィルソン/ジェニファー・コネリー/ジャッキー・アール・ヘイリー/ノア・エメリッヒ
公式サイト
公開: 2007年07月28日

専業主婦のサラ・ピアースの日課は、娘ルーシーを連れて近所の公園に出かけ、近所の主婦と他愛のないお喋りに講じること。それなりに裕福に暮らしていたが、どこか満たされない思いを抱えていた。ある日、サラたちが集まる公園に、子守をする若い父親がやってくる。主婦たちは彼に“プロム・キング”とあだ名を付け、遠巻きに見て妄想するだけだったが、偶然からサラは彼に話しかける。彼はブラッド・アダムソンと名乗り、司法試験に挑戦中のため無職で、妻が昼間働いている間子守を引き受けていると言う。サラは主婦たちがブラッドにあだ名を付けて姿を見るのを楽しみにしていること、「彼の電話番号を聞き出せたら5ドルあげる」と言われていることを彼に話し、遠巻きにしている主婦たちを驚かせようと、ブラッドにハグを頼む。ブラッドは笑いながら応じ、そして何となく2人はキスを交わす。それ以来、2人はこのキスを忘れられずにいたが、会うことはなかった。しかし、サラはブラッドが子供を連れて毎日公営プールに通っていると言っていたことを思い出し、偶然を装ってプールへ向かう。そこへ、以前子供相手に性犯罪を犯した元服役囚ロニー・マゴーヴィーがプールに現れ、辺りは騒然とするが―――――


この映画は、ケイト・ウィンスレットがアカデミー賞主演女優賞、ジャッキー・アール・ヘイリーが助演男優賞と脚色賞でノミネートされていました。そんな訳で、結構気になっていたのだ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:トッド・フィールド ケイト・ウィンスレット パトリック・ウィルソン ジェニファー・コネリー ジャッキー・アール・ヘイリー ノア・エメリッヒ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ハード キャンディ 
2006年08月11日 (金) | EDIT |
 シネマライズにて鑑賞
ハード キャンディハード キャンディ/HARD CANDY
2005年/アメリカ/103分
監督: デヴィッド・スレイド
出演: パトリック・ウィルソン/エレン・ペイジ
公式サイト
公開: 2006年08月05日

32歳の新進カメラマン、ジェフは、3週間前、出会い系サイトで14歳の少女ヘイリーと出会った。チャットでお互いに色々と話をし、会おうという話になり、2人はカフェで待ち合わせをする。ジェフの目の前に現れたヘイリーは、幼さを残したあどけない表情と、時に驚くほど大人っぽい仕草を見せる。ヘイリーに魅せられたジェフは、写真を撮ろうとヘイリーを家に誘い、彼女は何の疑いも見せずにジェフの家にやってくる。ジェフはヘイリーと話をしながら、彼女が作ったスクリュー・ドライバーを飲む。しばらくすると、ジェフの意識は朦朧とし始め、気が付いた時には体の自由を奪われていた。ヘイリーは執拗に家の中を捜索し、そしてジェフの股間に氷袋を当て、これから“去勢手術”をすると言う。ジェフは必死で“手術”を止めるよう懇願するが―――――


いやねー、本当は、今日は暗いところに居たら寝るなと思ったんだよ。でも、やっぱり観に行ってしまいました。そして途中の記憶が少々飛んでおります… orz
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:デヴィッド・スレイド パトリック・ウィルソン エレン・ペイジ サンドラ・オー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
オペラ座の怪人 
2006年03月26日 (日) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
オペラ座の怪人オペラ座の怪人/THE PHANTOM OF THE OPERA
2004年/アメリカ、イギリス/140分
監督: ジョエル・シューマカー
出演: ジェラルド・バトラー/エミー・ロッサム/パトリック・ウィルソン
公式サイト

1870年、パリ。オペラ座では、新作「ハンニバル」を上演することになっていた。オペラ座の支配人が交代し、新しい後援者を迎えることになったが、そこへオペラ座の地下に住むという伝説のオペラ座の怪人(ファントム ・オブ・ジ・オペラ)からの手紙が届く。そこには新しい支配人に向けて「5番ボックスは自分の指定席であるので、いつも空けておくように。給与の支払いをするように」と書かれてあった。わがまま放題の歌姫カルロッタは「歌わない!」と騒ぎ出し、皆が途方に暮れていたところへ、カルロッタの代役としてダンサーのクリスティーヌ・ダーエが選ばれ、舞台は大成功を収める。オペラ座の新しい後援者となったラウル・シャニュイ子爵は、クリスティーヌの幼なじみで、幼い頃、恋人同士だった。ラウルはクリスティーヌの楽屋を訪れ、久しぶりの再会を喜ぶ。そこへ、クリスティーヌをファントム ・オブ・ジ・オペラが迎えに来る。彼は幼いクリスティーヌに歌唱指導をしていたのだった。ついにクリスティーヌの前に姿を現したファントム ・オブ・ジ・オペラは、クリスティーヌの愛を求める。しかしクリスティーヌはラウルに恋心を抱いていた。クリスティーヌに拒絶されたファントム ・オブ・ジ・オペラの愛は憎しみへと変化し、悲劇を巻き起こす―――――


ミュージカル映画では、「シカゴ」はすごく好きなんだけど、「ムーラン・ルージュ」は駄目でした。この「オペラ座の怪人」はどっちになるのか…ちょっと恐る恐る観てみました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ジョエル・シューマカー ジェラルド・バトラー エミー・ロッサム パトリック・ウィルソン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。