fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ファビアン・ヒンリヒス
2006年03月22日 (水) | EDIT |
 シャンテシネにて鑑賞
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々/SOPHIE SCHOLL - DIE LETZTEN TAGE
2005年/ドイツ/121分
監督: マルク・ローテムント
出演: ユリア・イェンチ/アレクサンダー・ヘルト/ファビアン・ヒンリヒス/ヨハンナ・ガストドロフ
公式サイト
公開: 2006年01月28日


1943年、ナチス政権下のドイツ、ミュンヘン。21歳の大学生ゾフィー・ショルは、兄ハンスや兄の仲間クリストフ・プローブストらと“白バラ”と呼ばれる地下組織を結成し、反ナチスを唱えてビラ撒きなどのレジスタンス活動を行っていた。彼らは集まってビラを印刷し郵送する作業を行っていたが、ビラが余ったために、ハンスは大学でビラを撒くことを提案する。仲間たちは危険すぎると反対するが、結局ハンスとゾフィーの2人が、誰もいない授業中を狙ってビラを撒くことになる。順調にビラを置いていく2人だが、ちょうど授業の終わりのベルが鳴り、用務員にビラを撒いたところを見られてしまい、2人はそのままゲシュタポに逮捕される。そして、ゾフィーはロベルト・モーア尋問官から激しい尋問を受ける。最初は否定していたゾフィーだが、やがて物的証拠を突きつけられ、逃れられないと悟ると、モーアに対して反撃を始める―――――


シャンテシネ、久々に行きました。もしかすると「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」以来かもしんない。今の職場の場所から考えると、どうしても銀座辺りで観るのは、時間的に厳しいんだよね。。。
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:マルク・ローテムント ユリア・イェンチ アレクサンダー・ヘルト ファビアン・ヒンリヒス ヨハンナ・ガストドロフ アンドレ・ヘンニック 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。