FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ファブリス・ルキーニ
危険なプロット 
2013年11月26日 (火) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞
危険なプロット危険なプロット/DANS LA MAISON
2012年/フランス/105分
監督: フランソワ・オゾン
出演: ファブリス・ルキーニ/クリスティン・スコット・トーマス/エマニュエル・セニエ/エルンスト・ウンハウアー/ドゥニ・メノーシェ
公式サイト
公開: 2013年10月19日

作家を目指していたものの、夢破れて高校の国語教師となったジェルマンは、文章力のない生徒たちの作文を添削する日々にうんざりしていた。そんな作文のうち、ジェルマンは生徒の1人クロード・ガルシアが書いた作文に心惹かれる。クロードに才能を見出したジェルマンは、彼に課外授業を施すことにし、ジェルマンの指導を受けたクロードの文章力はますます磨かれていった。クロードの作文は、クラスメイトのラファエル・アルトールとその両親を題材としており、他人の家を覗き見しているかのような錯覚に陥ったジェルマンは、良心の呵責を覚えながらも作文の続きを切望するようになるが…


オゾンの新作、終わる直前にやっと観に行けました~
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:フランソワ・オゾン ファブリス・ルキーニ クリスティン・スコット・トーマス エマニュエル・セニエ エルンスト・ウンハウアー ドゥニ・メノーシェ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
しあわせの雨傘 
2011年01月23日 (日) | EDIT |
 新宿ピカデリーにて鑑賞
しあわせの雨傘しあわせの雨傘/POTICHE
2010年/フランス/103分
監督: フランソワ・オゾン
出演: カトリーヌ・ドヌーヴ/ジェラール・ドパルデュー/ファブリス・ルキーニ/カリン・ヴィアール/ジュディット・ゴドレーシュ
公式サイト
公開: 2011年01月08日


1977年、フランスにある雨傘工場の社長令嬢スザンヌ・ピュジョルは、2人の子供も既に独立させ、悠々自適の生活を送る優雅な主婦。亭主関白な夫ロベールはスザンヌを“飾り壷”と揶揄するほど妻の自由を許さず、しかし自分は秘書のナデージュと浮気するなどやりたい放題だった。会社経営も同じように行っていたが、ある日、工場の労働者が職場改善を求めてストライキを実施、ロベールは断固として応じなかったが、心臓の弱かった彼は発作を起こし倒れてしまう。事態の打開を求めて、スザンヌはモリス・ババン市長に仲裁を頼みに行く。2人は若い頃に一夜だけの関係を結んだことがあり、モリスは未だスザンヌに想いを残していたのだった。モリスが間に入り一応ストライキは収まったものの、ロベールが療養している間だけスザンヌが工場経営を行うことになる。意外な才能を発揮し、工場経営を軌道に乗せたスザンヌ。そこへロベールが3ヶ月間の療養生活から工場に復帰することになるが―――――


オゾンの新作ってことで気になっていたので、行って来ました~1週間以上前に… orz
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:フランソワ・オゾン カトリーヌ・ドヌーヴ ジェラール・ドパルデュー ファブリス・ルキーニ カリン・ヴィアール ジュディット・ゴドレーシュ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
親密すぎるうちあけ話 
2006年07月12日 (水) | EDIT |
 シャンテシネにて鑑賞
親密すぎるうちあけ話親密すぎるうちあけ話/CONFIDENCES TROP INTIMES
2004年/フランス/104分
監督: パトリス・ルコント
出演: サンドリーヌ・ボネール/ファブリス・ルキーニ/ミシェル・デュショーソワ/アンヌ・ブロシェ
公式サイト
公開: 2006/06/10

ある日、税理士のウィリアムの事務所へ、1人の女性がやってくる。税務上の相談だと思い彼女の話を聞いていると、彼女は突然、夫との冷え切った夫婦関係について語り始める。どうやらビルの同じ階に医院を構える精神科医モニエと間違えているらしいということがわかったが、彼女は一方的に次回の予約をして帰っていく。そして再び訪れた彼女は、ウィリアムが口を挟むすきもなく、夫との関係を赤裸々に語り始め、そしてまた次回の予約をして帰っていった。彼女の話に興味を持ち始めたウィリアムは、モニエを訪ねて事の成り行きを話し、彼女の名前と連絡先を教えて欲しいと頼むが、医師の守秘義務であっさり断られる。なんとか予約簿を盗み見て、記載されていた電話番号を手に入れたウィリアムは早速電話をしてみるが、何故か天気予報の番号。3度目に訪れた彼女に、やっと自分は精神科医ではないと告げたウィリアム。やり取りの末、彼女はアンヌと名乗り、ウィリアムが精神科医ではないということを承知の上で次回の“カウンセリング”の予約を入れる。それから、ウィリアムとアンヌの奇妙な関係が始まる―――――


そのうちそのうちなんて思っていたら、今週末で終わりということに気が付いて、慌てて行ってきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:パトリス・ルコント サンドリーヌ・ボネール ファブリス・ルキーニ ミシェル・デュショーソワ アンヌ・ブロシェ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。